187件中 81 - 90件表示
  • 城

    から見た甕城

    城壁には市街に出入りするための城門が設けられていた。石造りの土台をくり抜き、トンネル状として(これを「闕(けつ)」という)その上部に木造重層の楼閣が建てられ、その上には門の名称を記した「扁額」が掲げられた。城門はその多くが二重構造となっており、城門の手前に敵を食い止める目的で半円形の小郭が設けられていた。これは「甕城(おうじょう)」と呼ばれ、洋の東西を問わず普遍的に見られる防御構造であり、日本城郭では「枡形」がこれに相当する。外敵が城内に攻め入るためにはまず、この甕城で足止めされることになるため、城兵は城壁や箭楼(甕城に設けられた櫓)から銃撃をしかけることができた。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た関ヶ原の戦い

    名称の由来は、仏教の多聞天、梵天、帝釈天(=天主)を祀ったところから命名されたものという説、城主の館を「殿主」「殿守」といったところから来たという説などがある。しかも、天守の文献上の初見は、摂津伊丹城とするものや松永久秀の大和多聞山城とするもの、また、織田信長の安土城の天主とするものなどの説があり、起源については未だに十分解明されていない。多様な形式・形状の天守が築かれたが、築城のピークは関ヶ原の戦い前後で、特に西日本には姫路城天守のように高さ20メートル前後から30メートル前後のものが築かれたのも特徴である。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たユッセ城

    ファイル:Coté-château fort d'Ussé.JPG|h. ユッセ城 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た大和言葉

    現在では「城」という字を訓で“しろ”と読むが、かつては“しろ”という大和言葉は存在しなかったと思われる。古代から中世初期までは、「城」のほかに「柵」という字も用い、ともに“き”と呼ばれていた(→城 (き))。たとえば、大宰府のそばにある大野城は“おおののき”であり、山形県の出羽柵は“いではのき”であった。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見たおもろさうし

    沖縄県や奄美群島では、城(しろ)にあたるものとしてグスクが挙げられる。起源については聖域説や集落説など様々な説がある。内部には御嶽とよばれる聖域があるものも多い。知念森城(ちねんもりぐすく)は沖縄の歌集『おもろさうし』に神が初めに現れた城として登場する。建物や遺跡の復元整備が進められている首里城(しゅりぐすく、しゅりじょう)は、現存するものでは最大規模の遺構であり、中城(なかぐすく)や今帰仁城(なきじんぐすく)とともに世界文化遺産に登録されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た大日本帝国陸軍

    明治時代に入ると、各地の城郭は、1873年(明治6年)に布告された廃城令による破却や管理放棄に伴う焼失、更には大日本帝国陸軍による資材の接収による崩壊などが進んだ。城跡には引き続き役所が置かれたり、新たに公園や神社が設置されたことが多かったが、主要都市ではほぼすべての城跡に大日本帝国陸軍が駐屯した。それら駐屯地となった城跡は、大東亜戦争中に米軍の標的とされ、空襲や原子爆弾等により、名古屋城、岡山城、和歌山城、広島城などの戦前に国宝(現在の重要文化財に相当)として指定されていた天守や櫓、門など、多くの現存していた江戸時代以前の城郭建築が損失した。現在は、姫路城や高知城などの12城の天守(現存12天守)や、大坂城や名古屋城などに一部の櫓や門などが現存する。また、城郭の門や櫓などは、天守に比べれば、火災や戦災を免れて残存しているものが多く、ほとんどが重要文化財に指定されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た水原市

    朝鮮半島の城は、朝鮮固有の形式である山城の他に中国の影響を強く受けた都市城壁を持つ邑城(ウプソン)の2形式があるが時代が下るとともに邑城へと移行した。しかし山がちな地勢上、完全な邑城は少なく山城との折衷形式のものが多く見られる。文禄・慶長の役で日本軍の攻囲に耐えた延安城、また一旦は日本軍の攻撃を退けた晋州城はその折衷形式のものである。現在の韓国水原市にある水原城は、李氏朝鮮の独自性を狙った造りだともいわれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た武家諸法度

    江戸時代になり、一国一城令が発令されたため、原則一大名家に付き一城を残し多くの城は破却された。破却された城の多くは、中世的な山城であった。各大名は近世的な支配秩序を確立するために、積極的に家臣達の城を破却し、己の城下に集住させた。城は軍事拠点との意味付けより、政治の拠点、領主の権威と権力の象徴、地域のランドマークとしての意味が強くなる。さらに、家臣たちを集住させ、領国の経済拠点として商工人も集住させ、近世的な城下町が成立する。現在、城下町と呼ばれているところの多くが慶長年間に成立しているのも、この流れによるものである。近世城郭の多くも慶長年間に建設された。しかし、城や天守などが火災などで焼失することが多かったが、多くの藩は次第に財政難に陥ったり、武家諸法度などの幕府による締め付けもあって再建が許された例は数少ない。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た建築

    日本における城は、古代の環濠集落から石垣と天守を持つ近世の城まで多様なものが含まれる。幕末の台場や砲台も、城に含めることがある。造営は、堀や土塁を築く普請(ふしん、土木工事)と、門や塀を造る作事(さくじ、建築)からなる。屋敷や櫓・天守も作事に含まれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 城

    から見た蝦夷

    城の文献上の初見は、664年に天智天皇が築いた水城(みずき)で、この時代には文献に見えないものも含め多数の城が九州北部から瀬戸内海沿岸に作られた。また、蝦夷(えみし)との戦争が続いた東北地方では、7世紀から9世紀にかけて多賀城や出羽柵・秋田城などの軍事拠点と行政拠点を兼ねた城柵が築かれた。 フレッシュアイペディアより)

187件中 81 - 90件表示

「日本の城」のニューストピックワード