日本の外来種 ニュース&Wiki etc.

外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと。生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「外来種」のつながり調べ

  • 水田雑草

    水田雑草から見た外来種

    これは2000年代現在における特殊な条件である。昭和中期以降、水田とその周辺の環境変化、除草剤の使用等によって、それまで普通であった水田雑草にほとんど完全に姿を消したものが多数ある。平成に入る前後からは、特に都市近郊ではこれらは外来種に置き換えられつつある。(水田雑草 フレッシュアイペディアより)

  • オオキンケイギク

    オオキンケイギクから見た外来種

    オオキンケイギク(大金鶏菊、学名:Coreopsis lanceolata)はキク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。北アメリカ原産の宿根草で、日本ではワイルドフラワーに利用されていたが、外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている。(オオキンケイギク フレッシュアイペディアより)

「外来種」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本の外来種」のニューストピックワード