日本の外来種 ニュース&Wiki etc.

外来種(がいらいしゅ)とは、他地域から人為的に持ち込まれた生物のこと。生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「外来種」のつながり調べ

  • カブトエビ

    カブトエビから見た移入種

    日本国内ではヨーロッパ、アジア、アメリカカブトエビの3種が生息している。アジアカブトエビは在来種と考えられるが、残りの2種はいずれも移入種で、1916年香川県でアメリカカブトエビが発見され、その後各地で発見されている。関東・中部地方以西に広く分布している。(カブトエビ フレッシュアイペディアより)

  • アオマツムシ

    アオマツムシから見た外来種

    日本では本州、四国、九州に分布。明治時代に中国大陸より日本に入り帰化した外来種という説が一般的だが、原産地ははっきりせず、日本での初記録年月日も1898年という説と1908年ごろという説があり、データの付いたタイプ標本が残っていないため判然としていない。ただし、初記録地は東京都の赤坂榎木坂である。(アオマツムシ フレッシュアイペディアより)

「外来種」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本の外来種」のニューストピックワード