前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
585件中 1 - 10件表示
  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見た外来種外来種

    4万年以上前からのアボリジニ、そして1788年からのヨーロッパ人のオーストラリアへの移民は動物相に著しい影響を及ぼした。狩猟、外来種の導入、そして固有種の生息地破壊につながる土地開発は、多数の種の絶滅につながった。いくつかの例ではゴクラクインコ、ブタアシバンディクート、ヒロガオネズミカンガルーが挙げられる。持続可能ではない開発により、未だに多くの種の生存が脅かされている。その動物相の生存に対する脅威に対処するために、オーストラリアは広範囲に及ぶ連邦政府および州政府の法を可決し、多数の保護地域を設けた。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • 日本熊森協会

    日本熊森協会から見た外来種外来種

    外来動物の生命尊重: 熊森協会によると、現在の国の外来種対策(生物多様性条約(CBD)に基づいた外来生物法など)は「外来種輸入の規制をせず、野生化した外来種を根絶殺害するもの」であり、野生化した外来種は駆除せず、生態系の一員として認めることを提唱している。外来生物法の大幅な改正により、外来種対策としての駆除の廃止と飼養規制の緩和を求めている。日本熊森協会 フレッシュアイペディアより)

  • オウム目

    オウム目から見た移入種外来種

    インコはカラス、カケス、カササギと並んで最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気を博している。ペット売買を目的とした捕獲が、これ以外の狩猟、居住地の破壊および移入種との競合と同様に、野生の生息数の減少を引き起こしており、ほかのどんな種類の鳥のグループよりも多くのインコの種が絶滅の危機に瀕しているオウム目 フレッシュアイペディアより)

  • ハス (魚)

    ハス (魚)から見た外来種外来種

    ハスはコイ科魚類、そして日本在来の淡水魚では数少ない完全な魚食性の魚で、ナマズと同様に淡水域の食物連鎖の上位に立つ。日本在来の魚食性淡水魚はナマズやドンコやカワアナゴ、カジカ類など待ち伏せ型が多いが、ハスは遊泳力が高く追い込み型である点でも唯一といえる存在であった。近年はブルーギルなどの外来種が勢力を伸ばしているため、ハスと地位を争う例もみられる。ハス (魚) フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・エルトン

    チャールズ・エルトンから見た外来種外来種

    チャールズ・サザーラント・エルトン(Charles Sutherland Elton 1900年3月29日?1991年5月1日)はイギリスの動物学者、動物生態学者。個体群生態学、群集生態学の成立と外来種研究に影響を与えた。チャールズ・エルトン フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルチドメグサ

    ブラジルチドメグサから見た侵略的外来種外来種

    ブラジルチドメグサ (Hydrocotyle ranunculoides) は、ウコギ科チドメグサ属の植物。抽水植物、または湿生植物として生育する水草である。原産地は南北アメリカ大陸などであるが、各地に侵略的外来種として定着しており、日本では特定外来生物に指定されている。ブラジルチドメグサ フレッシュアイペディアより)

  • 両生類・爬虫類レッドリスト (環境省)

    両生類・爬虫類レッドリスト (環境省)から見た外来生物外来種

    両生類の絶滅危惧(絶滅のおそれのある種)の数は1991年版では6種、1997年版では14種、2006年版では21種となり徐々に増加している(2012年版では23種に増加しているが、既にリストアップされた絶滅危惧種の一部個体群が独立種となったため。)。両生類の評価対象種数は62種であるので、2006年版において34%が絶滅危惧となる。また、ランクが上昇した種の多くは南西諸島に生息する種であること、かつ絶滅危惧21種のうち、8種が南西諸島に生息するカエル類であることから、南西諸島は、両生類の絶滅のおそれの高い地域であると言える。有尾目も2006年版で新しく加えられた・ランクが上昇した種が多く、国内に生息するサンショウウオ科・オオサンショウウオ科19種のうち11種に絶滅のおそれがある。絶滅の要因としては、生息環境の悪化や小規模な開発、外来生物による捕食、ペット用の密猟等があげられる 。両生類・爬虫類レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • 野生動物管理

    野生動物管理から見た外来種外来種

    野生動物管理(やせいどうぶつかんり)または野生動物管理学(やせいどうぶつかんりがく、)とは、生物学の応用的な研究分野の一つ。野生動物と人間の軋轢を解消し、共存を実現するための試みのことであり、絶滅危惧種の保護、外来種、増えすぎた野生動物の問題などを複合的に扱う。生態学といった自然科学に加えて、社会科学も交えて学際的にアプローチを行う。野生動物管理 フレッシュアイペディアより)

  • エキゾチックアニマル

    エキゾチックアニマルから見た外来種外来種

    輸入された動物、特に外来種の動物を指す場合がある。『エキゾチックアニマル』という言葉通りの意味である。ただし実際に輸入された動物であっても、犬や猫に対してこの言葉が使われることはない。エキゾチックアニマル フレッシュアイペディアより)

  • カワヒバリガイ

    カワヒバリガイから見た外来種外来種

    カワヒバリガイ(川雲雀貝)、学名 Limnoperna fortunei は、イガイ目イガイ科に分類される二枚貝の一種。中国南部原産の淡水生二枚貝だが、日本を含むアジア各地へ分布を広げている外来種である。日本では特定外来生物に指定されている。カワヒバリガイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
585件中 1 - 10件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード