585件中 91 - 100件表示
  • 熊本県立熊本西高等学校

    熊本県立熊本西高等学校から見た外来種外来種

    生物研究部 - 宇土半島に生息する外来種 「台湾リス」の調査活動がNHK熊本放送局のニュースで紹介された。熊本県立熊本西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 水田雑草

    水田雑草から見た外来種外来種

    これは2000年代現在における特殊な条件である。昭和中期以降、水田とその周辺の環境変化、除草剤の使用等によって、それまで普通であった水田雑草にほとんど完全に姿を消したものが多数ある。平成に入る前後からは、特に都市近郊ではこれらは外来種に置き換えられつつある。水田雑草 フレッシュアイペディアより)

  • オオタナゴ

    オオタナゴから見た外来種外来種

    オオタナゴ(大鱮 Acheilognathus macropterus)は、コイ科のタナゴ亜科に属する淡水魚の一種。中国オオタナゴとも呼ばれる。ロシア沿海州アムール川流域から中国沿岸部、ベトナム北部にかけて広範に分布する。日本には自然分布しないが、霞ヶ浦などで帰化定着していることが確認され外来種問題となっている(後述)。オオタナゴ フレッシュアイペディアより)

  • フユアオイ

    フユアオイから見た野生化外来種

    フユアオイ(冬葵、Malva verticillata)はアオイ科の一?二年草。中国原産。日本には食用、薬用とするために古く導入され、今ではあまり利用されないが、海岸等に野生化している。冬葵の名は、冬でも枯れない、あるいは冬でも花が咲くためとされる。葉は掌状で浅く切れ込む。花は径1cmほどで白または淡紅色、葉腋に固まってつき、普通は春から秋まで咲く。フユアオイ フレッシュアイペディアより)

  • ツルナ

    ツルナから見た野生化外来種

    葉は古くから各地で食用にされ、沖縄県では「ハマホウレンソウ」の名で親しまれている。ニュージーランドのマオリ人が食べていたことから英語ではNew Zealand spinach(ニュージーランドのホウレンソウ)と呼ぶ。シュウ酸を含むので食べるにはゆでて水さらしするのがよい。野生化した地方もあり、自生とされるものも一部は栽培から野生化した可能性がある。ツルナ フレッシュアイペディアより)

  • アオマツムシ

    アオマツムシから見た外来種外来種

    日本では本州、四国、九州に分布。明治時代に中国大陸より日本に入り帰化した外来種という説が一般的だが、原産地ははっきりせず、日本での初記録年月日も1898年という説と1908年ごろという説があり、データの付いたタイプ標本が残っていないため判然としていない。ただし、初記録地は東京都の赤坂榎木坂である。アオマツムシ フレッシュアイペディアより)

  • ツユムシ

    ツユムシから見た帰化種外来種

    草原性で、明るい草原に普通。在来種、帰化種問わず食草が有れば生息可能でツユムシ類中セスジツユムシと並ぶ普通種になる。ツユムシ フレッシュアイペディアより)

  • 西山登志雄

    西山登志雄から見た外来種外来種

    上野動物園に就職以前の話。友人に「50cm位のネズミがいる」と聞かされ、半信半疑ながら捕獲してみたらヌートリアであった。これは毛皮を取るために南米から移入し、野生化したものだった。西山が捕獲したヌートリアは、日本に帰化が確認された最初の発見であり、西山の名前が発見者として記載されている書籍もある。西山登志雄 フレッシュアイペディアより)

  • 野猫

    野猫から見た外来種外来種

    野猫(のねこ)とは、ネコ科の家畜種であるネコ(イエネコ)が野生化した個体群である。しばしば片仮名でノネコと書かれる。野猫 フレッシュアイペディアより)

  • コウリンタンポポ

    コウリンタンポポから見た外来種外来種

    市街地でもみられる雑草で、道端に生えている。繁殖力が強いため、在来種植物への影響が懸念されている。日本では外来種であるものの、外来生物法による規制は特に存在しない。ただし、北海道ではブルーリストでA2「本道の生態系等へ大きな影響を及ぼしており、防除対策の必要性について検討する外来種」に指定している。コウリンタンポポ フレッシュアイペディアより)

585件中 91 - 100件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード