721件中 91 - 100件表示
  • モリシマアカシア

    モリシマアカシアから見た外来種外来種

    アフリカ南部に外来種として帰化している。モリシマアカシア フレッシュアイペディアより)

  • オオアワダチソウ

    オオアワダチソウから見た外来種外来種

    オオアワダチソウ(大泡立草、学名:Solidago gigantea var. leiophylla)は、キク科アキノキリンソウ属の多年草。北アメリカ原産で、日本では外来種(帰化植物)として全国に定着している。オオアワダチソウ フレッシュアイペディアより)

  • クロサンショウウオ

    クロサンショウウオから見た外来種外来種

    環境破壊による生息場所や産卵場所の減少により生息数は激減している。またアライグマやアメリカザリガニといった、人間に持ちこまれた外来種による食害も生息数の減少の一因になっている。卵は止水にあるためか場所によってはたやすく発見できるが、それでも大規模な繁殖場所は少ない。クロサンショウウオ フレッシュアイペディアより)

  • イトトリゲモ

    イトトリゲモから見た外来種外来種

    東アジアに生育するほか、イタリアでは外来種として生育している。日本でも全国各地に分布している。ため池や水路、水田などで見られる。イトトリゲモ フレッシュアイペディアより)

  • ゲズィーラ島

    ゲズィーラ島から見た外来種外来種

    ゲズィーラ島は、とタハリール広場の西にあり、島の東側と西側では、や10月6日橋を含む3つの各橋によってナイル川を横断して接続されている。19世紀のイスマーイール・パシャの支配下では、島に世界中から送られた外来植物が収集されており、最初に「Jardin des Plantes(植物園)」と呼ばれていた。ゲズィーラ島 フレッシュアイペディアより)

  • ハイイロヨモギ

    ハイイロヨモギから見た外来種外来種

    日本では法面緑化に利用されたものが、他の場所に分布を広げたと考えられている。こうして定着した外来種であるハイイロヨモギは、在来種のヨモギ類の生育地を奪ったり、遺伝的攪乱(かくらん)をもたらしたりといった危険性が指摘されている。これらの現状を踏まえ、本種は特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律にて要注意外来生物に指定されている。ハイイロヨモギ フレッシュアイペディアより)

  • 松尾峡

    松尾峡から見た移入種外来種

    このように、人為的移入種が在来種を駆逐し,生物多様性が損なわれてしまった典型的な地域となっている。松尾峡 フレッシュアイペディアより)

  • 生態系エンジニア

    生態系エンジニアから見た移入種外来種

    移入種は、しばしば生態系エンジニアと成り得る。生態系エンジニア フレッシュアイペディアより)

  • アメリカハマグルマ

    アメリカハマグルマから見た外来種外来種

    日本では1970年代から沖縄の各地に緑化植物として導入され、野生化している。世界的にはマングローブや海岸植生といった希少な自然環境に侵入し、在来種や生態系を脅かしており、侵略的な外来種となっている。また、農耕地では雑草として嫌われている。アメリカハマグルマ フレッシュアイペディアより)

  • アカミタンポポ

    アカミタンポポから見た外来種外来種

    在来種のタンポポと違って、外総苞片が反り返る。同じ外来種のセイヨウタンポポによく似ているが、果実(痩果)が赤味を帯びている。ただし、現在は雑種個体がほとんどを占めるため、形態の特徴のみで種を同定するのは難しい。アカミタンポポ フレッシュアイペディアより)

721件中 91 - 100件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード