585件中 11 - 20件表示
  • 分布 (生物)

    分布 (生物)から見た移入種外来種

    分布域が狭く、特定地域にのみ分布するものをその地域の固有種(endemics)と言う。それに対して、世界に広く分布するものを普遍種 (cosmopolites ,cosmopolitan species)と言う。と言っても完全に世界中どこでも、というものはなかなかないから、これはある程度大まかなくくりである。移入種にはこれに近いものがある。分布 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 生物多様性国家戦略

    生物多様性国家戦略から見た外来種外来種

    第3の危機:外来種の侵入によって、既存の生態系が撹乱されること。生物多様性国家戦略 フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム生態系評価

    ミレニアム生態系評価から見た外来種外来種

    変化の直接的要因(土地利用方法の変化・生物種の移入および絶滅・科学技術の使用・肥料や灌漑などの外部から導入・火山活動や進化など自然現象)ミレニアム生態系評価 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウオオマルハナバチ

    セイヨウオオマルハナバチから見た外来種外来種

    セイヨウオオマルハナバチ(西洋大丸花蜂、Bombus terrestris)は、昆虫綱・ハチ目(膜翅目)・ミツバチ科に分類されるマルハナバチの一種。ヨーロッパ原産で、日本には外来種として野外に定着している。セイヨウオオマルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • ダレルズ・ボンツィラ

    ダレルズ・ボンツィラから見た外来種外来種

    赤茶色の体毛をもつ小型の肉食哺乳類で、近縁種サラノマングースとは、脚の幅が広く肉球が張り出していること、腹部の体毛が赤淡黄色であること、幅広で頑丈な歯をもつことといった違いがある。捕獲され体重を計測されたのは2匹だけで、それぞれの体重は600 gと675 gであった。湿地に生息し、おそらくは甲殻類と軟体動物を捕食する。生息地であるアラオトラ湖の生態系は危機にさらされており、ダレルズ・ボンツィラも外来種との競争で絶滅の危機に瀕している可能性がある。ダレルズ・ボンツィラ フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ川

    シカゴ川から見た外来種外来種

    2005年後半、シカゴに所在する五大湖同盟(Alliance for the Great Lakes)は、外来種の拡大等の環境問題に対応するため、五大湖とミシシッピ川をつなぐ水路を再度切り離すことを提案している。シカゴ川 フレッシュアイペディアより)

  • ソウギョ

    ソウギョから見た外来種外来種

    原産地である中国では、淡水魚の中で最も多くの量が養殖、出荷されている。植物プランクトン食のハクレン、動物プランクトン食のコクレン、淡水生巻貝類などを食べるベントス食のアオウオとともに「中国四大家魚」と称される。名のとおり草食で、水草や水辺の草を貪欲に摂食する。もともと大陸性の長大な大河とそこに連なる湖沼群を生息場所とし、そうした環境に適応した生態を持つ。特に中国南部では、他の四大家魚とともに農業と有機的に結びついた伝統的養魚システムで養殖され、農村地帯の重要な蛋白源となってきた。ベトナムからアムール川流域まで、中国を中心とした東アジアに広く分布するが、日本を含む世界各地に移入され、外来種として定着している。ソウギョ フレッシュアイペディアより)

  • クロマルハナバチ

    クロマルハナバチから見た外来種外来種

    日本ではトマトのハウス栽培の花粉媒介昆虫としてヨーロッパ原産のセイヨウオオマルハナバチが利用されてきたが、外来種として問題視されるようになると、今度は日本に元々生息する在来種であるクロマルハナバチが代替で活用され始めた。しかし、大量生産された特定地域の個体群のクロマルハナバチが野外に逸出すれば、国内外来種として地域のマルハナバチを遺伝子レベルで脅かすことが懸念されている。クロマルハナバチはセイヨウオオマルハナバチと同等、もしくはそれ以上の問題を引き起こす危険性が指摘されている。クロマルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • オオフサモ

    オオフサモから見た侵略的外来種外来種

    オオフサモ(Myriophyllum aquaticum)は、アリノトウグサ科の水生植物。南アメリカのアマゾン川が原産地であるが、アクアリウム用に各地に移入され、日本などで侵略的外来種となっている。特定外来生物、日本の侵略的外来種ワースト100。オオフサモ フレッシュアイペディアより)

  • サカマキガイ

    サカマキガイから見た外来種外来種

    サカマキガイ(逆巻貝)、学名 Physa acuta は、有肺目サカマキガイ科に分類される淡水産の巻貝の一種。和名は、殻が多くの巻貝類とは逆の左巻きであることに由来する。外見や生息環境はモノアラガイ類にやや似ているが、殻の巻く方向が逆であることや、触角が細長い鞭状であることなどから区別できる。最初に記載されたのがフランスのガロンヌ川であったため、従来「ヨーロッパ原産」と言われていたが、実際には北米原産とされる。汚染や環境の変化に強く、水草などに付いて世界各地に移入・帰化している。日本でも全国に分布するが、特に富栄養化の進んだ用水路などの止水域、半止水域に多産することが多い。属名の Physa は泡のこと、種小名の acuta =「尖っている」は、Physa 属のタイプ種であるヒダリマキガイ Physa fontinalis に比べ殻頂が尖っていることによる。サカマキガイ フレッシュアイペディアより)

585件中 11 - 20件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード