585件中 21 - 30件表示
  • コシダカヒメモノアラガイ

    コシダカヒメモノアラガイから見た外来種外来種

    コシダカヒメモノアラガイ(腰高姫物洗貝)、学名 Lymnaea truncatula は、有肺目モノアラガイ科に分類される巻貝の一種。日本では圃場整備などの影響により減少しているが、外来種の可能性が高いとも言われている。コシダカヒメモノアラガイ フレッシュアイペディアより)

  • 帰化植物

    帰化植物から見た外来種外来種

    帰化植物(きかしょくぶつ)は、植物に属する外来種である。普通、維管束植物の範囲で考える。帰化植物 フレッシュアイペディアより)

  • 代用魚

    代用魚から見た外来種外来種

    明治時代にはソウギョ、大正時代にウシガエル、1960年にブルーギルを導入するなど新たな漁業資源開発は以前から試みられてきた。なお、これらは食用としての利用はあまり進まず、外来種として問題となった。代用魚 フレッシュアイペディアより)

  • コイ

    コイから見た外来種外来種

    もともとは中央アジア原産とされるが、環境適応性が高く、また重要な食用魚として養殖、放流が盛んに行われたために現在は世界中に分布している。日本のコイは大昔に中国から移入された「史前帰化動物」とされたこともあったが、琵琶湖など各地に野生のコイが分布し、第三紀の地層から化石も発見されていることから、やはり古来日本に自然分布していたとされる。欧米でもドイツなどでは盛んに養殖され、食用の飼育品種も生み出されている。コイ フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た移入種外来種

    日本に天然記念物の概念を紹介した三好は、人の手が入っていないものを天然記念物としてとらえたが、天然記念物の根拠法である文化財保護法では、二次植生や栽培・移植された植物、家畜(日本犬やオナガドリなど)、移入種(カササギ、ケラマジカなど)など人為的なものも対象としている。これは上記の指定基準にも記載されている。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物多様性

    生物多様性から見た外来種外来種

    他の陸地に生息する種から、海や大洋といった障害物によって隔絶されていたことにより、地球各地に多様性が豊かな地域が生じた。しかしながら、人間は船や飛行機を発明し、過去の進化史上で出会うことがなかった生物種を接触させる力を持った。 人間による外来種の導入は、競争による在来種や固有種の絶滅や、遺伝子汚染による生物種の変化を通じて多様性に強く脅威を与える。生物多様性 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカザリガニ

    アメリカザリガニから見た外来種外来種

    アメリカザリガニ (Procambarus clarkii) は、エビ目(十脚目)・ザリガニ下目・アメリカザリガニ科に分類されるザリガニの一種。学名は Scapulicambarus clarkii とされることもある。北アメリカ原産だが、日本を含む世界各地へ移入され、分布を広げた外来種である。アメリカザリガニ フレッシュアイペディアより)

  • ハクビシン

    ハクビシンから見た外来種外来種

    日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で、外来種と考えられている。ハクビシン フレッシュアイペディアより)

  • イワナ

    イワナから見た外来種外来種

    イワナ系、オショロコマ系以外にも、日本に人為的にカワマス、レイクトラウトなどが移入され、一部地域で外来種として定着している。また、イワナ類の種間、あるいはヤマメなどとは、自然状態で交雑が行われており、雑種が生息している地域もある。特に外来種のカワマスとは容易に交雑し、雑種一代目は成長はよいが繁殖力が落ちるため、純粋なイワナが滅びる可能性が懸念される。イワナ フレッシュアイペディアより)

  • タニシ

    タニシから見た外来種外来種

    独立種として記載され、Cipangopaludina 属のタイプ種でもあるが、その後中国産のシナタニシ B. chinensis chinensis (Griffith et Pidgeon, 1865)の亜種として扱われるようになった。殻高約4.5?6cm。北海道?沖縄に分布。但し、沖縄に分布するものは史前帰化と言われているが、その他の地域の個体群も同様に帰化種である可能性がある。全体的に丸みを帯びることと、殻表に数列の点刻状彫刻があることなどで判別できるが、殻の外見ではオオタニシとの区別が容易でない個体もあり、メスであれば体内の胎貝の形態から、オスの成貝であれば解剖することでより確実に判別できる場合がある。オオタニシ同様に大型であるため、古来より食用にされてきた。乾燥に強く、農閑期の水田や干上がった溜池などでも泥に潜って耐えるが、極度の乾燥や水質の汚染、汚濁などには弱い。かつては水田などでよく見られたが、農薬の影響や冬季の圃場の掘り返しなどで20世紀後期頃からは急速に減少傾向にあり、に指定されている。その一方で、北米ではその学名から Chinese mystery snail などの名で呼ばれ、19世紀末頃にオオタニシとともに日本人が北米に持ち込んだとされるものが各地で大繁殖し、現地の湖沼の水草を大量に食害し、生態系を乱す事で問題になっている。北米では通常のガーデニングに水環境を組み合わせたウォーターガーデニング(:en:Water garden)がよく行われるようになっており、その一要素(タンクメイト的な)としてホームセンターなどでタニシ類も売られることがあって、それが分布拡大を助長しているとも言われている。北米産の個体は日本のものより大型になる傾向がある。タニシ フレッシュアイペディアより)

585件中 21 - 30件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード