721件中 21 - 30件表示
  • トウブハイイロリス

    トウブハイイロリスから見た外来種外来種

    トウブハイイロリス(東部灰色栗鼠、Sciurus carolinensis)は、哺乳綱・ネズミ目(齧歯目)・リス科・リス属に分類されるリスの一種。北アメリカ原産で、イギリスなどにも外来種として定着している。トウブハイイロリス フレッシュアイペディアより)

  • エキゾチックアニマル

    エキゾチックアニマルから見た外来種外来種

    輸入された動物、特に外来種の動物を指す場合がある。『エキゾチックアニマル』という言葉通りの意味である。ただし実際に輸入された動物であっても、犬や猫に対してこの言葉が使われることはない。エキゾチックアニマル フレッシュアイペディアより)

  • 帰化植物

    帰化植物から見た外来種外来種

    帰化植物(きかしょくぶつ)は、植物に属する外来種である。普通、維管束植物の範囲で考える。帰化植物 フレッシュアイペディアより)

  • イーフィの植物図鑑

    イーフィの植物図鑑から見た外来種外来種

    少しでもシドの力になろうと伝承を調べる内に、伝説のと称される「妖精の草」の存在に疑問を抱き、近年にアリオが持ち込んだ外来種ではないかと考えるようになる。記録をトドリーガに削除されて苦労しつつアリオの痕跡を探っている。シドを介してドラン・ママと親しくなり、彼女の口からイーフィの母親の名を聞く。ツチムクレの研究の成果により、教授になった。そのため、シドとの友愛の証でもあるツチムクレを愛育している。「episode20」でシドからの手紙でデデの父親のことを頼まれ、ドラン・ママに匿って貰う。なりゆきからトドリーガと手を組むが、彼の話を聞いて奴隷村のチャンナム人の奴隷を使った大公の陰謀に気づく。トドリーガの逃走幇助で捕縛された。釈放されるも罷免され、チャンナムに向かうことを躊躇っていたシドライアンに変な植物を見つけたら送ってくれと背中を押す。3年後、トドリーガと共に政治の頂点で多忙な日々を過ごす。イーフィの植物図鑑 フレッシュアイペディアより)

  • リュウキュウマツ

    リュウキュウマツから見た外来種外来種

    明治以降、小笠原諸島にも移植され、父島と母島で広く繁茂する外来種(帰化植物)となっている。リュウキュウマツ フレッシュアイペディアより)

  • ガー目

    ガー目から見た外来種外来種

    近年、飼育放棄による河川への放流が相次いでいる。主な河川としては、多摩川や呑川などが挙げられる。特にアリゲーターガーの場合、かつては幻のガーと呼ばれる程、非常に高価であったため、十分に資金がなければ購入できなかった。しかし、1994年に大量輸入が始まり価格が暴落したため、安易に飼育することができるようになり、それと同時に河川等への放流が目立つようになった。成魚であれば10℃程度の低水温にも耐えるため、工業排水の放出があるなどの温暖な河川では、密放流(外来種参照)された個体が越冬・繁殖する可能性がある。ただし、2011年8月15日現在、それらの明らかな証拠は確認されていない。ガー目 フレッシュアイペディアより)

  • タニシ

    タニシから見た外来種外来種

    独立種として記載され、Cipangopaludina 属のタイプ種でもあるが、その後中国産のシナタニシ B. chinensis chinensis (Griffith et Pidgeon, 1865)の亜種として扱われるようになった。殻高約4.5?6cm。北海道?沖縄に分布。但し、沖縄に分布するものは史前帰化と言われているが、その他の地域の個体群も同様に帰化種である可能性がある。全体的に丸みを帯びることと、殻表に数列の点刻状彫刻があることなどで判別できるが、殻の外見ではオオタニシとの区別が容易でない個体もあり、メスであれば体内の胎貝の形態から、オスの成貝であれば解剖することでより確実に判別できる場合がある。オオタニシ同様に大型であるため、古来より食用にされてきた。乾燥に強く、農閑期の水田や干上がった溜池などでも泥に潜って耐えるが、極度の乾燥や水質の汚染、汚濁などには弱い。かつては水田などでよく見られたが、農薬の影響や冬季の圃場の掘り返しなどで20世紀後期頃からは急速に減少傾向にあり、に指定されている。その一方で、北米ではその学名から Chinese mystery snail などの名で呼ばれ、19世紀末頃にオオタニシとともに日本人が北米に持ち込んだとされるものが各地で大繁殖し、現地の湖沼の水草を大量に食害し、生態系を乱す事で問題になっている。北米では通常のガーデニングに水環境を組み合わせたウォーターガーデニング(:en:Water garden)がよく行われるようになっており、その一要素(タンクメイト的な)としてホームセンターなどでタニシ類も売られることがあって、それが分布拡大を助長しているとも言われている。北米産の個体は日本のものより大型になる傾向がある。タニシ フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た移入種外来種

    日本に天然記念物の概念を紹介した三好は、人の手が入っていないものを天然記念物としてとらえたが、天然記念物の根拠法である文化財保護法では、二次植生や栽培・移植された植物、家畜(日本犬やオナガドリなど)、移入種(カササギ、ケラマジカなど)など人為的なものも対象としている。これは上記の指定基準にも記載されている。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • ソウギョ

    ソウギョから見た外来種外来種

    原産地・中国では、淡水魚の中で最も多くの量が養殖・出荷されている。植物プランクトン食のハクレン、動物プランクトン食のコクレン、淡水生巻貝類などを食べるベントス食のアオウオとともに「中国四大家魚」と称される。名のとおり草食で、水草や水辺の草を摂食する。もともと大陸性の長大な大河とそこに連なる湖沼群に生息し、そうした環境に適応した生態を持つ。特に中国南部では、他の四大家魚とともに農業と有機的に結びついた伝統的養魚システムで養殖され、農村地帯の重要な蛋白源となってきた。ベトナムからアムール川流域まで、中国を中心に東アジアに広く分布するが日本を含む世界各地に移入され定住している外来種である。ソウギョ フレッシュアイペディアより)

  • 在来種

    在来種から見た外来種外来種

    世界全体で、地域に本来分布していない生物種である外来種が意図的に、あるいは人と物資の頻繁な移動により非意図的に導入されることが増えている。たとえば、日本に定着している外国由来の外来種は2千種を超えるといわれている。これに伴い、生態系への影響や遺伝子の攪乱などの問題が生じている。また、農作物においても世界的にF1品種が台頭し、地域の風土に即した品種の多くが持続困難となっている。このように、生物種やその系統の地域多様性が乏しい状況になりつつある。在来種 フレッシュアイペディアより)

721件中 21 - 30件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード