585件中 31 - 40件表示
  • アライグマ

    アライグマから見た外来種外来種

    アライグマ(洗熊、浣熊、学名:Procyon lotor)は、哺乳綱食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。アライグマ属の模式種。タヌキに似ており、アライグマを英語で raccoon(common raccoon) と呼ぶのに対し、タヌキは raccoon dog と呼ぶ。前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が手を洗っているように見えることが名称の由来である。雑食性であり、小動物を捕獲して食べる。北アメリカ原産で、日本やヨーロッパにも外来種として生息する。移入後の繁殖により、農作物への被害や生態系への影響などが問題となっている。アライグマ フレッシュアイペディアより)

  • ヌートリア

    ヌートリアから見た外来種外来種

    ヌートリア(海狸鼠、沼狸、学名:Myocastor coypus)は、ネズミ目(齧歯目)ヌートリア科に属する(以前はカプロミス科に分類されていた)哺乳類の一種。日本には本来分布していない外来種で、環境省指定特定外来生物。ヌートリア フレッシュアイペディアより)

  • イトトリゲモ

    イトトリゲモから見た外来種外来種

    東アジアに生育するほか、イタリアでは外来種として生育している。日本でも全国各地に分布している。ため池や水路、水田などで見られる。イトトリゲモ フレッシュアイペディアより)

  • 竹害

    竹害から見た外来種外来種

    近世に日本に移入された外来植物である孟宗竹は、1950年代頃までは木材や筍を得るために管理された竹林にて栽培されていた。竹林の周囲は深さ1メートル程度の空堀を掘り巡らすなどの対策がなされていた。しかし輸入品の筍が出回って筍栽培が経済的に成立しなくなり、竹材の需要も減少すると、各地の竹林は管理されなくなっていった。竹害 フレッシュアイペディアより)

  • 烏丸半島

    烏丸半島から見た外来魚外来種

    UNEP国際環境技術センター、滋賀県立琵琶湖博物館、草津市立水生植物公園みずの森、風力発電機くさつ夢風車(くさつゆめふうしゃ)がある。湖岸はブラックバスやブルーギルの外来魚が多数生息しており、釣り場として多くの釣り人が来る。烏丸半島 フレッシュアイペディアより)

  • 名蔵アンパル

    名蔵アンパルから見た外来種外来種

    生息・渡り区分:留鳥、夏鳥、旅鳥、冬鳥、迷鳥、外来(外来種名蔵アンパル フレッシュアイペディアより)

  • タナゴ亜科

    タナゴ亜科から見た外来種外来種

    日本には3属18種(2007年、アカヒレタビラがキタノアカヒレタビラ・アカヒレタビラ・ミナミアカヒレタビラの3亜種に記載)が分布するが、このうちタイリクバラタナゴとオオタナゴの2種類は中国などから移入した外来種である。タナゴ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • 順化協会

    順化協会から見た外来種外来種

    こうして順化という生物移入により環境を改変する考え方は19世紀末にはほぼ否定されたが、スターリンの主導によりソ連にて1920-30年代に実行された自然大改造計画まで生き延び、最後にして最大の失敗を繰り返すことになる。また園芸やスポーツフィッシング、淡水魚の養殖といった分野においては、今日に至っても、外来種を移入して環境を改変することで人間にとってのみ都合のいい自然環境を再構成しようとする独善的な動きが見られる。順化協会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンバルトサカヤスデ

    ヤンバルトサカヤスデから見た外来種外来種

    成虫は体長 2.5-3.5cm、体色は褐色で、淡褐色と濃褐色の縞模様がある。本種は日本では外来種であるが、在来種のヤスデよりも大型である。ヤンバルトサカヤスデ フレッシュアイペディアより)

  • 北部訓練場

    北部訓練場から見た外来種外来種

    外来種であるマングースの増殖により、ヤンバルクイナが捕食され、生態系に脅威を与えている。そのため、日米両政府、在日米軍の協力により環境省の監督の下、沖縄県によって捕獲事業が実施されている。北部訓練場 フレッシュアイペディアより)

585件中 31 - 40件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード