721件中 31 - 40件表示
  • 生物多様性国家戦略

    生物多様性国家戦略から見た外来種外来種

    第3の危機:外来種の侵入によって、既存の生態系が撹乱されること。生物多様性国家戦略 フレッシュアイペディアより)

  • イワナ

    イワナから見た外来種外来種

    イワナ系、オショロコマ系以外にも、日本に人為的にカワマス、レイクトラウトなどが移入され、一部地域で外来種として定着している。また、イワナ類の種間、あるいはヤマメなどとは、自然状態で交雑が行われており、雑種が生息している地域もある。特に外来種のカワマスとは容易に交雑し、雑種一代目は成長はよいが繁殖力が落ちるため、純粋なイワナが滅びる可能性が懸念される。ヤマメと同様一般に各地で見られるイワナは、その多くが遊漁(釣り)目的に養魚繁殖魚を放流したものであり、これがその地域に本来生息していた個体と混血し、純粋な地域型個体が残っている河川はかなり少ないと考えられている。イワナ フレッシュアイペディアより)

  • コイ

    コイから見た外来種外来種

    もともとは中央アジア原産とされるが、環境適応性が高く、また重要な食用魚として養殖、放流が盛んに行われたために現在は世界中に分布している。日本のコイは大昔に中国から移入された「史前帰化動物」とされたこともあったが、琵琶湖など各地に野生のコイが分布し、第三紀の地層から化石も発見されていることから、やはり古来日本に自然分布していたとされる。シーボルトの『日本動物誌』においても、Cyprinus conirostris、Cyprinus melanotus、Cyprinus haematopterus の3種が紹介されているが、学術的にさほど注目もされず今日に至っている。コイ フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウオオマルハナバチ

    セイヨウオオマルハナバチから見た外来種外来種

    セイヨウオオマルハナバチ(西洋大丸花蜂、Bombus terrestris)は、昆虫綱・ハチ目(膜翅目)・ミツバチ科に分類されるマルハナバチの一種。ヨーロッパ原産で、日本には外来種として野外に定着している。セイヨウオオマルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • アライグマ

    アライグマから見た外来種外来種

    アライグマ(洗熊、浣熊、学名:Procyon lotor)は、哺乳綱食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。アライグマ属の模式種。タヌキに似ており、アライグマを英語でraccoon (common raccoon) と呼ぶのに対し、タヌキは raccoon dog と呼ぶ。前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が手を洗っているように見えることが名称の由来である。雑食性であり、小動物を捕獲して食べる。北アメリカ原産で、日本やヨーロッパにも外来種として生息する。移入後の繁殖により、農作物への被害や生態系への影響などが問題となっている。アライグマ フレッシュアイペディアより)

  • オオフサモ

    オオフサモから見た侵略的外来種外来種

    オオフサモ(Myriophyllum aquaticum)は、アリノトウグサ科の水生植物。南アメリカのアマゾン川が原産地であるが、アクアリウム用に各地に移入され、日本などで侵略的外来種となっている。特定外来生物、日本の侵略的外来種ワースト100。オオフサモ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類

    鳥類から見た外来種外来種

    鳥類のなかには、人為的に移入された地域で、繁殖個体群を確立した種がいくつもある。これらの移入のなかには計画的になされたものもあり、たとえばコウライキジは、狩猟鳥として世界中に移入された。そのほか偶発的なものとしては、飼育下から逃げ出し(かご抜け)、北アメリカの複数の都市で野生化したオキナインコの安定個体群の確立のような例もある。また、アマサギ、キバラカラカラ、モモイロインコなどのように、耕作によって新たに作られた生息に適した地域に、元来の分布域をはるかに超えてしていった種もある。鳥類 フレッシュアイペディアより)

  • ハクビシン

    ハクビシンから見た外来種外来種

    日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で、外来種と考えられている。ハクビシン フレッシュアイペディアより)

  • 日本在来の淡水魚介類・金魚板

    日本在来の淡水魚介類・金魚板から見た外来種外来種

    日本在来の淡水魚介類と金魚の、生態や飼育、鑑賞などを総合的に扱う。日本在来種および金魚についての板であるため、外来種の話題は板違いである。日本在来の淡水魚介類・金魚板 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス・ドッグ

    ガラパゴス・ドッグから見た外来種外来種

    元来、ガラパゴス諸島にはイヌは生息していなかった。ガラパゴス諸島が1535年にスペイン人により発見され、1832年にエクアドルが領有を宣言すると、最初の提督であるホセ・デ・ヴィラミル(José de Villamil)によってフロレアーナ島に初めてイヌが持ち込まれた。すなわち、ガラパゴス諸島においては、イヌは外来種である。以降、他の各島にもイヌが移入され、その多くは野生化した。ガラパゴス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

721件中 31 - 40件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード