585件中 41 - 50件表示
  • チョウジタデ属

    チョウジタデ属から見た外来種外来種

    なお、この類の外来種が人工ビオトープを中心に繁殖している事例がある。業者が湿地植物で花が美しいとして持ち込んでいるようである。特に、チョウジタデ属に含まれるものには茎の切れ端であっても繁殖(栄養繁殖)できる種が多いため、一度侵入すると完全な駆除が困難となる場合もある。チョウジタデ属 フレッシュアイペディアより)

  • プラントハンター

    プラントハンターから見た外来種外来種

    1787年には、外来植物とその出自に関する雑誌であるが創刊された。プラントハンター フレッシュアイペディアより)

  • 日本在来の淡水魚介類・金魚板

    日本在来の淡水魚介類・金魚板から見た外来種外来種

    日本在来の淡水魚介類と金魚の、生態や飼育、鑑賞などを総合的に扱う。日本在来種および金魚についての板であるため、外来種の話題は板違いである。日本在来の淡水魚介類・金魚板 フレッシュアイペディアより)

  • アカミタンポポ

    アカミタンポポから見た外来種外来種

    在来種のタンポポと違って、外総苞片が反り返る。同じ外来種のセイヨウタンポポによく似ているが、果実(痩果)が赤味を帯びている。ただし、現在は雑種個体がほとんどを占めるため、形態の特徴のみで種を同定するのは難しい。アカミタンポポ フレッシュアイペディアより)

  • ニゴロブナ

    ニゴロブナから見た外来種外来種

    鮒寿司の原料として価値の高い魚種であり、漁獲高の減少により養殖や稚魚の放流が行われている。しかし産卵場所の減少や、ブラックバスなど外来魚による捕食などで数を減らしている。滋賀県ニゴロブナ資源回復計画により、2007年4月1日より全長22cm以下の個体については漁獲が禁止されているが、漁業者の自主規制により6月から12月の間の採取が自粛されている。この規制は全長25cm以下への引き上げが検討されている。有害外来種の駆除、産卵場所の回復も必要とされている。また鮒寿司の材料としては、本種の代用としてゲンゴロウブナやギンブナが用いられて作成されたものも存在する。ニゴロブナ フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス・ドッグ

    ガラパゴス・ドッグから見た外来種外来種

    元来、ガラパゴス諸島にはイヌは生息していなかった。ガラパゴス諸島が1535年にスペイン人により発見され、1832年にエクアドルが領有を宣言すると、最初の提督であるホセ・デ・ヴィラミル(José de Villamil)によってフロレアーナ島に初めてイヌが持ち込まれた。すなわち、ガラパゴス諸島においては、イヌは外来種である。以降、他の各島にもイヌが移入され、その多くは野生化した。ガラパゴス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • アキグミ

    アキグミから見た外来種外来種

    北アメリカでは、各地で帰化しており、侵略的外来種と考えられることがある。アキグミ フレッシュアイペディアより)

  • コウロエンカワヒバリガイ

    コウロエンカワヒバリガイから見た外来種外来種

    コウロエンカワヒバリガイ(学名 Xenostrobus securis)は、イガイ目イガイ科に分類される二枚貝の一種。日本には本来分布していない外来種コウロエンカワヒバリガイ フレッシュアイペディアより)

  • イネミズゾウムシ

    イネミズゾウムシから見た外来種外来種

    イネミズゾウムシ Lissorhoptrus oryzophilus は、コウチュウ目(鞘翅目)・ゾウムシ上科・ゾウムシ科に分類されるゾウムシの一種。アメリカ原産のイネ科の害虫で、日本では外来種として各地に定着している。イネミズゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • ショクヨウガヤツリ

    ショクヨウガヤツリから見た外来種外来種

    ショクヨウガヤツリ(Cyperus esculentus)は、カヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年生植物である。栽培型には「ショクヨウガヤツリ」、雑草型には「キハマスゲ」の和名をあてることがある。日本には本来分布していない外来種ショクヨウガヤツリ フレッシュアイペディアより)

585件中 41 - 50件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード