721件中 41 - 50件表示
  • 外来魚

    外来魚から見た外来種外来種

    外来魚 フレッシュアイペディアより)

  • 人工繁殖

    人工繁殖から見た外来種外来種

    人類の歴史に於いては食料として、あるいは流行の中で特定の動物から得られる産品の需要増大により乱獲してしまった、更には公害など環境汚染や外来生物入植の影響を受けてその数を減らした動物・植物は数多い。こういった行為によっては地域の生態系に深刻なダメージを与えたり、或いは環境そのものに悪影響を与えた事例も存在する。人工繁殖 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類レッドリスト (環境省)

    鳥類レッドリスト (環境省)から見た外来種外来種

    1998年版から2006年版で、カテゴリーランクの上がった種は草原、低木林や島嶼部に生息する種である。これは、草原や森林、里山などの生息環境の悪化や外来種による影響が要因であると考えられている。その一方、奄美地方に生息する種のカテゴリーランクが下がったが、これらの種の生息環境である森林の回復と、信頼できるデータの蓄積が要因と考えられている。鳥類レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • アルファルファタコゾウムシ

    アルファルファタコゾウムシから見た外来種外来種

    アルファルファタコゾウムシ () は、コウチュウ目(鞘翅目)・ゾウムシ上科・ゾウムシ科に分類されるゾウムシの一種。ヨーロッパ原産の外来種であり、その名のとおりアルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)を含むマメ科牧草の害虫。アルファルファタコゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • 湯川 (美ヶ原温泉)

    湯川 (美ヶ原温泉)から見た外来種外来種

    湯川に生息する魚類にはドジョウやヨシノボリがあり、希少ながらメダカやカダヤシが見られる。松本市中心市街地を流れる川でメダカが生息しているのは湯川くらいである。カダヤシはかつて汚れた川の水質改善を目的に放流された外来種であり、現在湯川や女鳥羽川で見られるものはその子孫である。このカダヤシこそがメダカ減少の犯人ではないかと指摘する声もあったが、そもそもの原因はむしろ水質汚濁にあると考えられている。湯川 (美ヶ原温泉) フレッシュアイペディアより)

  • ノサップマルハナバチ

    ノサップマルハナバチから見た外来種外来種

    外来種であるセイヨウオオマルハナバチが多く定着している地域では、本種の生息数が減少していることが示されている。ノサップマルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • アカオタテガモ

    アカオタテガモから見た外来種外来種

    イギリスで飼育されていた個体が逃げ出して帰化し、そこから移動した個体の子孫がヨーロッパ中に広く生息するようになった。本種は繁殖行動が荒っぽく、絶滅危惧種カオジロオタテガモと雑種を形成することから、南ヨーロッパでは特に問題になっている。現在イギリスでは外来種アカオタテガモを根絶する計画が進行中であり、論争を呼んでいる。アカオタテガモ フレッシュアイペディアより)

  • GRIN (データベース)

    GRIN (データベース)から見た外来種外来種

    その情報はオンライン公開されており、作物など利用価値のある植物も野生種を含め、約1万種、全500,000 アクセション件数(別個の品種数)について、その分類学的情報(学名)や一般名 をデータ化する。さらに外来種や地域外来種でとくに「有害雑草(noxious weed)」の指定を受けたものや、希少または絶滅危惧種にも触れる。各種が自生する生息地の情報(世界分布)も充実しており、 輸出入や入管手続的な「パスポート情報」も記載する。 GRIN の一部に 経済利用植物データベースがある。GRIN (データベース) フレッシュアイペディアより)

  • センニンサボテン

    センニンサボテンから見た外来種外来種

    センニンサボテン(学名:Opuntia stricta)は、サボテン科に分類されるサボテンの一種。アメリカ大陸原産だが、ヨーロッパやアフリカ、オーストラリア、日本などの世界各地に定着しており、侵略的な外来種として問題になっている。センニンサボテン フレッシュアイペディアより)

  • センダングサ属

    センダングサ属から見た外来種外来種

    近世の外来種である。全体に赤みがかる。花の外にある総苞が伸びて花の回りに放射状に広がる。センダングサ属 フレッシュアイペディアより)

721件中 41 - 50件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード