721件中 51 - 60件表示
  • エゾノギシギシ

    エゾノギシギシから見た外来種外来種

    エゾノギシギシ(学名:Rumex obtusifolius)はタデ目タデ科の多年草。別名「ヒロハギシギシ」。日本にはもともと分布していない外来種エゾノギシギシ フレッシュアイペディアより)

  • ワオマングース

    ワオマングースから見た外来種外来種

    習性について、社会性があり5匹程の群れをつくるとする説と単独性であるとする説とで意見が分かれている。大変敏捷で木登りが得意であり、昼行性で湿度の高い森林に生息する。小型の哺乳類、無脊椎動物、魚、トカゲとその卵などを主に捕食するが、昆虫や果物を食べることもある。ワオマングースの個体数は生息地の喪失のため過去10年(1990年-99年)で20%以上減少している。また外来種コジャコウネコとの競争によっても生存を脅かされている。ワオマングース フレッシュアイペディアより)

  • テンニンカ

    テンニンカから見た外来種外来種

    春から夏に芳香のある径3cmほどの桃色から紫色の花が咲く。果実は黒紫色に熟し食べられる。世界の熱帯・亜熱帯で広く野生化し(日本では沖縄県など)、外来種として問題になっているところもある。テンニンカ フレッシュアイペディアより)

  • テンニンカ

    テンニンカから見た野生化外来種

    春から夏に芳香のある径3cmほどの桃色から紫色の花が咲く。果実は黒紫色に熟し食べられる。世界の熱帯・亜熱帯で広く野生化し(日本では沖縄県など)、外来種として問題になっているところもある。テンニンカ フレッシュアイペディアより)

  • コウリンタンポポ

    コウリンタンポポから見た外来種外来種

    市街地でもみられる雑草で、道端に生えている。繁殖力が強いため、在来種植物への影響が懸念されている。日本では外来種であるものの、外来生物法による規制は特に存在しない。ただし、北海道ではブルーリストでA2「本道の生態系等へ大きな影響を及ぼしており、防除対策の必要性について検討する外来種」に指定している。コウリンタンポポ フレッシュアイペディアより)

  • シリアカヒヨドリ

    シリアカヒヨドリから見た外来種外来種

    太平洋諸島(ハワイ、フィジーなど)と東アラブ(クウェート、カタールなど)に外来種として定着している。シリアカヒヨドリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリヒヨドリ

    ヒマワリヒヨドリから見た外来種外来種

    ヒマワリヒヨドリ(学名: Chromolaena odorata)はキク科の植物である。熱帯アメリカ原産で、日本では外来種として定着している。ヒマワリヒヨドリ フレッシュアイペディアより)

  • イネミズゾウムシ

    イネミズゾウムシから見た外来種外来種

    イネミズゾウムシ Lissorhoptrus oryzophilus は、コウチュウ目(鞘翅目)・ゾウムシ上科・ゾウムシ科に分類されるゾウムシの一種。アメリカ原産のイネ科の害虫で、日本では外来種として各地に定着している。イネミズゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • ハナガガブタ

    ハナガガブタから見た外来種外来種

    日本(兵庫県)に外来種として定着している。ハナガガブタ フレッシュアイペディアより)

  • モーリシャス島

    モーリシャス島から見た外来種外来種

    植物は、外来種が多い。これは、島を発見した後に持ち込まれたものである。モーリシャス島 フレッシュアイペディアより)

721件中 51 - 60件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード