585件中 51 - 60件表示
  • カサネカンザシ

    カサネカンザシから見た外来種外来種

    カサネカンザシ(学名:Hydroides elegans)とは、環形動物門多毛綱ケヤリムシ目カンザシゴカイ科に属する動物の一種。日本にはもともと分布していない外来種カサネカンザシ フレッシュアイペディアより)

  • 愛玩鳥

    愛玩鳥から見た外来種外来種

    上記とはまったく逆に、捕獲され愛玩鳥として飼育されていた野生個体が移入先でかご抜けし、移入先の生態系に順応して帰化することがある。この際問題になるのは移入先の生態系に入り込んでニッチを脅かしたり、その地域の生態系にない独自の地位を占めるなどして、その地域の生態系を破壊することで、それゆえに取引が規制されることがもある。その典型例がハワイなどの海洋島で、こうした外来種の移入により現地で独自の生態系を築いていたハワイミツスイ科鳥類が壊滅的な打撃を受けた。愛玩鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 呑川

    呑川から見た外来種外来種

    呑川にはコイ・フナ・ボラなどの魚が生息しており、近年はウナギが見つかったこともある。しかし、最近はミシシッピアカミミガメやガーなどの日本に居るはずの無い外来生物が見つかっている。このうち、前者の繁殖は明らかであるが、後者の繁殖は確認されていない。呑川 フレッシュアイペディアより)

  • ネバリノギク

    ネバリノギクから見た外来種外来種

    ネバリノギク(学名:Aster novae-angliae)は、キク科に分類される多年草の一種。北アメリカ東部原産で、日本には外来種として定着している。ネバリノギク フレッシュアイペディアより)

  • カワニナ

    カワニナから見た外来種外来種

    他方、面倒なので業者から購入しているという自治体や自然保護団体もある。しかしこういった人為的移入は地域的なカワニナの特徴・遺伝的相違を攪乱する遺伝子汚染となる。また、移入したカワニナにタイワンシジミやコモチカワツボなどの外来種が付着して進入する可能性もあり、安易に他所のカワニナを移植してはならない。カワニナ フレッシュアイペディアより)

  • オオミスジコウガイビル

    オオミスジコウガイビルから見た外来種外来種

    オオミスジコウガイビル(Bipalium nobile)は、扁形動物門・ウズムシ目・コウガイビル科に分類されるコウガイビルの一種。日本には本来分布していない外来種である。他に日本に定着している同属の外来種には、東南アジア原産のワタリコウガイビル(B. kewense)がいる。オオミスジコウガイビル フレッシュアイペディアより)

  • ヤセウツボ

    ヤセウツボから見た外来種外来種

    ヤセウツボ(Orobanche minor)はハマウツボ科ハマウツボ属に分類される寄生植物の一種。地中海沿岸原産で、日本には外来種として定着している。ヤセウツボ フレッシュアイペディアより)

  • チャイロネッタイスズバチ

    チャイロネッタイスズバチから見た外来種外来種

    チャイロネッタイスズバチ Delta pyriforme は、ハチ目(膜翅目)・ドロバチ科に分類されるハチの一種。南太平洋地域や東南アジア原産で、日本には本来分布していない外来種チャイロネッタイスズバチ フレッシュアイペディアより)

  • オオキンケイギク

    オオキンケイギクから見た外来種外来種

    オオキンケイギク(大金鶏菊、学名:Coreopsis lanceolata)はキク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。北アメリカ原産の宿根草で、日本ではワイルドフラワーに利用されていたが、外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている。オオキンケイギク フレッシュアイペディアより)

  • オランダミミナグサ

    オランダミミナグサから見た外来種外来種

    オランダミミナグサ(和蘭耳菜草、Cerastium glomeratum)は、ナデシコ科ミミナグサ属の植物。ヨーロッパ原産で、外来種(帰化植物)として世界中に分布している。小柄な一年草の雑草である。オランダミミナグサ フレッシュアイペディアより)

585件中 51 - 60件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード