721件中 61 - 70件表示
  • ウサギノオ

    ウサギノオから見た野生化外来種

    ウサギノオ(兎の尾、学名: )は、イネ科ウサギノオ属の一年草。園芸用に栽培されるとともに、道ばたなどに野生化している。ラグラスともよばれる。ウサギノオ フレッシュアイペディアより)

  • ランタナトリバ

    ランタナトリバから見た外来種外来種

    ランタナトリバ (学名:Lantanophaga pusillidactyla) は、チョウ目(鞘翅目)・トリバガ科・カマトリバガ亜科に分類されるガの一種。北南アメリカ大陸原産で、世界各地に外来種として分布する。ランタナトリバ フレッシュアイペディアより)

  • スインホーキノボリトカゲ

    スインホーキノボリトカゲから見た外来種外来種

    日本にも外来種として移入分布しており、2006年に静岡県磐田市の天竜川東部で定着が確認された。スインホーキノボリトカゲ フレッシュアイペディアより)

  • トリゲモ

    トリゲモから見た侵略的外来種外来種

    アクアリウムにおいて、水槽に植えられることがある。アメリカなどでは、侵略的外来種として水中用除草剤などで駆除されることもある。トリゲモ フレッシュアイペディアより)

  • フランスカイガンショウ

    フランスカイガンショウから見た外来種外来種

    原産地以外では、イギリス南部、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドに帰化しているが、パイオニア植物としての性質ゆえ各地で厄介な外来種として扱われ、世界の侵略的外来種ワースト100リストにも名を連ねている。防除方法としては、機械的に倒伏させるのが最も有効とされている。フランスカイガンショウ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカミズユキノシタ

    アメリカミズユキノシタから見た外来種外来種

    アメリカミズユキノシタ(Ludwigia repens)は、アカバナ科・チョウジタデ属の植物の一種。北アメリカ東部原産で、レッドルドヴィジアの名称で観賞用の水草として販売されている。日本の一部地域では外来種として定着している。アメリカミズユキノシタ フレッシュアイペディアより)

  • カブダチアッケシソウ

    カブダチアッケシソウから見た外来種外来種

    カブダチアッケシソウ(株立ち厚岸草、学名:Salicornia virginica)はアカザ科に属する多年性草本。北アメリカ原産で、日本では外来種(帰化植物)として一部地域で定着している。カブダチアッケシソウ フレッシュアイペディアより)

  • モモイロタンポポ

    モモイロタンポポから見た外来種外来種

    モモイロタンポポ(学名 )は、キク科フタマタタンポポ属の一年草または越年草。別名「センボンタンポポ」。ヨーロッパ原産で、日本では外来種(帰化植物)として一部地域で定着している。モモイロタンポポ フレッシュアイペディアより)

  • フサゴケ

    フサゴケから見た侵略的外来種外来種

    また、本種は北アメリカの北東部でも移入種として確認されており、タスマニアやニュージーランドでは侵略的外来種として扱われている。1974年には、タスマニアの西部でフサゴケが採集され、これが南半球初の標本として記録されており、その翌年には、ニュージーランド南島のダニーデンにあるゴルフ場から発見されたことが報告された。フサゴケ フレッシュアイペディアより)

  • フサゴケ

    フサゴケから見た移入種外来種

    また、本種は北アメリカの北東部でも移入種として確認されており、タスマニアやニュージーランドでは侵略的外来種として扱われている。1974年には、タスマニアの西部でフサゴケが採集され、これが南半球初の標本として記録されており、その翌年には、ニュージーランド南島のダニーデンにあるゴルフ場から発見されたことが報告された。フサゴケ フレッシュアイペディアより)

721件中 61 - 70件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード