585件中 61 - 70件表示
  • 塘路湖

    塘路湖から見た外来種外来種

    外来種であるウチダザリガニの侵入が確認されている。塘路湖 フレッシュアイペディアより)

  • カラドジョウ

    カラドジョウから見た外来種外来種

    カラドジョウ(唐泥鰌、学名: Paramisgurnus dabryanus)は、コイ目ドジョウ科に分類される淡水魚の一種。中国大陸などを原産地とするが、日本にも外来種として定着している。カラドジョウ フレッシュアイペディアより)

  • ハナガガブタ

    ハナガガブタから見た外来種外来種

    日本(兵庫県)に外来種として定着している。ハナガガブタ フレッシュアイペディアより)

  • モモイロタンポポ

    モモイロタンポポから見た外来種外来種

    モモイロタンポポ(学名 )は、キク科フタマタタンポポ属の一年草または越年草。別名「センボンタンポポ」。ヨーロッパ原産で、日本では外来種(帰化植物)として一部地域で定着している。モモイロタンポポ フレッシュアイペディアより)

  • グンバイムシ

    グンバイムシから見た外来種外来種

    現在日本における侵入種として、プラタナスグンバイ Corythucha ciliata (Say)、アワダチソウグンバイ Corythucha marmorata (Uhler)、ヘクソカズラグンバイ Dulinius conchatus Distant の3種が確認されている。いずれの種も90年代後半にかけて侵入してきたもので、以降非常に多くの発生が各地で確認されており、特にアワダチソウグンバイはキク科植物を加害するため生息域の拡大が問題視されている。グンバイムシ フレッシュアイペディアより)

  • ウサギノオ

    ウサギノオから見た野生化外来種

    ウサギノオ(兎の尾、学名: )は、イネ科ウサギノオ属の一年草。園芸用に栽培されるとともに、道ばたなどに野生化している。ラグラスともよばれる。ウサギノオ フレッシュアイペディアより)

  • ミズアオイ科

    ミズアオイ科から見た野生化外来種

    ミズアオイ科(Pontederiaceae)は単子葉植物の科で、水草、9属33種ほどからなる。世界の熱帯から一部温帯に分布する。日本にはミズアオイとコナギが自生。最も有名なのは南米原産のホテイアオイ(ホテイソウ)で、世界の熱帯・亜熱帯の河川・湖沼に広く野生化し、問題となっている。ミズアオイ科 フレッシュアイペディアより)

  • 外来魚

    外来魚から見た外来種外来種

    外来魚 フレッシュアイペディアより)

  • 植生マット

    植生マットから見た外来種外来種

    マットの中に牧草種や緩効性肥料を組み込んだ製品が主流である。種子にはケンタッキーフェスクなどが用いられる。景観を重視する道路の法面用に、コスモスなど花の種子を組み込んだ製品も存在する。2000年代以降は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律の施行もあり、外来種の利用を自粛する傾向が見られ始め、種子抜きのマットの開発も見られる。植生マット フレッシュアイペディアより)

  • トリゲモ

    トリゲモから見た侵略的外来種外来種

    アクアリウムにおいて、水槽に植えられることがある。アメリカなどでは、侵略的外来種として水中用除草剤などで駆除されることもある。トリゲモ フレッシュアイペディアより)

585件中 61 - 70件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード