585件中 71 - 80件表示
  • 人工繁殖

    人工繁殖から見た外来種外来種

    人類の歴史に於いては食料として、あるいは流行の中で特定の動物から得られる産品の需要増大により乱獲してしまった、更には公害など環境汚染や外来生物入植の影響を受けてその数を減らした動物・植物は数多い。こういった行為によっては地域の生態系に深刻なダメージを与えたり、或いは環境そのものに悪影響を与えた事例も存在する。人工繁殖 フレッシュアイペディアより)

  • モクセイソウ科

    モクセイソウ科から見た野生化外来種

    ヨーロッパ、西アジア、アフリカ北部・南部、北米西部の温帯・亜熱帯に分布し、園芸用に栽培されるものもある。日本には本来自生しないが、モクセイソウ(Reseda odorata)、ホザキモクセイソウ(R. luteola)などが栽培され、野生化したものもみられる。モクセイソウ科 フレッシュアイペディアより)

  • 銚子ヶ峰

    銚子ヶ峰から見た外来種外来種

    登山道の下部はタムシバ、ブナ、ミズナラなど落葉広葉樹林である。登山道ではアカモノ、オオバキスミレ、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ、ショウジョウバカマ、サンカヨウ、ツバメオモト、ニッコウキスゲ、ハクサンチドリなどの花が見られる。上部の稜線ではクサザサの笹原にナナカマドなどが点在する。石徹白大杉のすぐ北側の登山道には、外来植物侵入防止のための除去マットが敷かれている。2011年夏には、ボランティアの人々により神鳩の宮避難小屋周辺に侵入し生育していたオオバコなどの除去作業が行われた。銚子ヶ峰 フレッシュアイペディアより)

  • 荒子川

    荒子川から見た外来魚外来種

    荒子川(あらこがわ)は、愛知県名古屋市中川区、港区を流れる延長6.9kmの川である。流域面積は6.5km2。外来魚であるティラピアの異常繁殖が問題となっている。荒子川 フレッシュアイペディアより)

  • エゾシマリス

    エゾシマリスから見た野生化外来種

    ペットとして入ってきたチョウセンシマリス Tamias sibiricus barberi が、札幌市内など北海道の一部で野生化しており、本種と同じくシマリスの亜種であることから、交雑や競争が生じていることが懸念されている。エゾシマリス フレッシュアイペディアより)

  • アキノノゲシ

    アキノノゲシから見た外来種外来種

    東南アジア原産で、日本全土・朝鮮・中国・台湾・東南アジアに分布。稲作と共に日本へ渡って来た史前帰化植物。アキノノゲシ フレッシュアイペディアより)

  • マダラロリカリア

    マダラロリカリアから見た外来種外来種

    マダラロリカリア(学名: Liposarcus disjunctivus)は、ナマズ目・ロリカリア科に属する魚の一種。プレコの名称で観賞魚として販売されており、一部が野生化して外来種となっている。マダラロリカリア フレッシュアイペディアより)

  • ヨメナ

    ヨメナから見た外来種外来種

    本州中部以西、四国、九州に分布する。中国には一部で帰化しているらしい。ヨメナ フレッシュアイペディアより)

  • オオサンショウモ

    オオサンショウモから見た外来種外来種

    オオサンショウモ(大山椒藻、Salvinia molesta)は、シダ植物門サンショウモ科サンショウモ属に分類される水生植物の一種。熱帯アメリカ原産で、日本では観賞用の水草として輸入されており、外来種として問題視されることもある。オオサンショウモ フレッシュアイペディアより)

  • カブダチアッケシソウ

    カブダチアッケシソウから見た外来種外来種

    カブダチアッケシソウ(株立ち厚岸草、学名:Salicornia virginica)はアカザ科に属する多年性草本。北アメリカ原産で、日本では外来種(帰化植物)として一部地域で定着している。カブダチアッケシソウ フレッシュアイペディアより)

585件中 71 - 80件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード