721件中 81 - 90件表示
  • エッジ効果

    エッジ効果から見た外来種外来種

    エッジ効果の及ぶ範囲では、生物種の構成が変化する。例えば林縁は、森林性の鳥類にとっては外敵に襲われやすい環境である。森林性の鳥類は、林縁では托卵性の鳥類に寄生されやすく、雑食性の捕食者による雛の捕食圧の増加が起こることが知られている。また植物についても、林縁部では風速が強く、倒木が増えて木本植物の死亡率が増加する一方、先駆種 (パイオニア種) が増加することが知られている。また林縁部には、辺縁環境を好む在来種や外来種の侵入を招く恐れがあることも指摘されている。エッジ効果 フレッシュアイペディアより)

  • カナムグラ

    カナムグラから見た野生化外来種

    アメリカでは園芸用に栽培されたものが野生化し、外来雑草となっている。カナムグラ フレッシュアイペディアより)

  • ギンパラ

    ギンパラから見た外来種外来種

    日本では外来種で、1968年に神奈川県で発見され、以降留鳥として生息している。愛玩用に持ち込まれたものが野生化したものと考えられている。ギンパラ フレッシュアイペディアより)

  • クンゼア属

    クンゼア属から見た外来種外来種

    南アフリカ南部のフィンボス地域で外来種となっている種もある。クンゼア属 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウタマゴタケ

    セイヨウタマゴタケから見た外来種外来種

    セイヨウタマゴタケ(西洋卵茸、Amanita caesarea(Scop.:Fr.)Pers.)はハラタケ目テングタケ科テングタケ属テングタケ亜属タマゴタケ節のキノコ。秋にブナ科の森林下に発生する。日本では極めて稀で、ほとんど見つかっていない。帰化した可能性もある。菌根菌で傘は赤から橙色で周辺に溝線がある。ひだは黄色。柄は黄色で中空。つばとつぼがある。タマゴタケに似ているが、タマゴタケは柄にだんだら模様があるので区別できる。食用。セイヨウタマゴタケ フレッシュアイペディアより)

  • ナンヨウアブラギリ属

    ナンヨウアブラギリ属から見た野生化外来種

    ナンヨウアブラギリ属(学名Jatropha)はトウダイグサ科の植物の属。学名からヤトロファ(ジャトロファ)属とも呼ばれる。中央アメリカ・西インド諸島周辺を原産地とする木本または多肉植物、約170種からなる。世界の熱帯で観賞用などに栽培され野生化しているものもあるが、毒性がある。ナンヨウアブラギリ属 フレッシュアイペディアより)

  • ホッスモ

    ホッスモから見た外来種外来種

    アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北アフリカなど広く分布する他、北アメリカには外来種として生育している。日本でも全国各地に分布している。ホッスモ フレッシュアイペディアより)

  • ムランジェ山

    ムランジェ山から見た外来種外来種

    近年、ムランジェ山森林保護区の周囲の土地環境は、近年の人口の増加によって脅かされており、農地の開墾や薪の採集を目的とした森の伐採や、外来種であるメキシカンパインやヒマラヤンラズベリーの侵食といった問題が生じている。ムランジェ山 フレッシュアイペディアより)

  • モクセイソウ科

    モクセイソウ科から見た野生化外来種

    ヨーロッパ、西アジア、アフリカ北部・南部、北米西部の温帯・亜熱帯に分布し、園芸用に栽培されるものもある。日本には本来自生しないが、モクセイソウ(Reseda odorata)、ホザキモクセイソウ(R. luteola)などが栽培され、野生化したものもみられる。モクセイソウ科 フレッシュアイペディアより)

  • ヤツデグワ

    ヤツデグワから見た外来種外来種

    西アフリカ、仏領ポリネシア、ニューカレドニアに外来種として定着している。ヤツデグワ フレッシュアイペディアより)

721件中 81 - 90件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード