585件中 81 - 90件表示
  • ホッスモ

    ホッスモから見た外来種外来種

    アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北アフリカなど広く分布する他、北アメリカには外来種として生育している。日本でも全国各地に分布している。ホッスモ フレッシュアイペディアより)

  • シナハマグリ

    シナハマグリから見た外来種外来種

    シナハマグリ(支那蛤、Meretrix petechialis)は、マルスダレガイ上科マルスダレガイ科ハマグリ属に分類される二枚貝の一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定要注意外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。シナハマグリ フレッシュアイペディアより)

  • シベリアヒナゲシ

    シベリアヒナゲシから見た移入種外来種

    シノニムとされた種の一つチシマヒナゲシ P. miyabeanum は千島列島の中部から南部にかけて分布しており、仮に同種とみなすと北方領土にも本種が自然分布している可能性がある(チシマヒナゲシの英名は上記にあるように Japanese poppy である)。ただし日本では本種とチシマヒナゲシは別種であるとの説が主流である。利尻島の利尻岳にも黄花のリシリヒナゲシに混じり、白花のチシマヒナゲシが見られるが、こちらについては自然分布ではなく移入種の可能性が強いとされている。シベリアヒナゲシ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の両生類

    日本の両生類から見た外来種外来種

    【外】・・・外来種(国外外来種のみ扱う)日本の両生類 フレッシュアイペディアより)

  • キミノヒマラヤキイチゴ

    キミノヒマラヤキイチゴから見た外来種外来種

    世界中で食用・観賞用に栽培されており、熱帯アフリカやハワイでは外来種として定着している。キミノヒマラヤキイチゴ フレッシュアイペディアより)

  • ウツギ属

    ウツギ属から見た外来種外来種

    東アジアからヒマラヤに多く分布し、世界に約60種ある。日本では次の12種が知られるほか、品種、雑種、外来種がある。ウツギ属 フレッシュアイペディアより)

  • 済州の火山島と溶岩洞窟群

    済州の火山島と溶岩洞窟群から見た外来種外来種

    漢拏山の植物相はユニークである。1565種の維管束植物が見られるが、これはひとつの山で見られる維管束植物の数としては最多の部類に属し、そのうち33種が固有種である。また、韓国の他のほとんどの山岳と異なり、漢拏山は亜熱帯、温帯、寒帯の植物が、3つの異なるゾーンで垂直に分布している。この島から見れば外来種に当たる韓国本土に自生していた植物200種も持ち込まれたが、それらの半分ほどは絶滅に瀕している。氷河期に韓国から伝わり、漢拏山山頂付近に生えている寒帯植物はその例である。亜熱帯性の森林や島の低地帯で生育する植物にも、絶滅が危惧されているものがある。済州の火山島と溶岩洞窟群 フレッシュアイペディアより)

  • ヤシオオオサゾウムシ

    ヤシオオオサゾウムシから見た外来種外来種

    東南アジアとオセアニアの熱帯域に分布する大型のゾウムシで、ヤシ類を枯死に至らしめる害虫として知られる。20世紀末頃からは西日本、中東、ヨーロッパ各国まで分布を広げ、外来種としても警戒されている。ヤシオオオサゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • カタバミ属

    カタバミ属から見た帰化種外来種

    日本でカタバミ科はカタバミ属のみ分布する。日本産の種は帰化種が多い。カタバミ属 フレッシュアイペディアより)

  • スズメノヒエ

    スズメノヒエから見た帰化種外来種

    スズメノヒエ属は世界の熱帯から暖帯を中心に約200種を含むおおきな属である。日本には四種ほどの原産種があるほか、いくつかの帰化種がある。姿もかなり多様であるので、日本産の代表的なものを、いくつかに分けて説明する。スズメノヒエ フレッシュアイペディアより)

585件中 81 - 90件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード