前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
314件中 1 - 10件表示
  • 外来種

    外来種から見たカブトムシ

    ペットとして輸入されて逃げ出した外国産クワガタムシやカブトムシによる在来種の遺伝子攪乱も危惧されている(ヒラタクワガタと亜種の間柄であるオオヒラタクワガタとの交雑など)。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たヤギ

    野生種よりも繁殖力が旺盛なヤギ、カイウサギ、イエネコ、イエイヌなどの家畜やペットが、世界中の原生的な自然環境に定着して深刻な影響を与えている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たタヌキ

    1905年ごろのニホンオオカミの絶滅の原因の1つとして、輸入犬からの伝染病である狂犬病や犬ジステンパーによる個体数の減少が指摘されている。(タヌキやキタキツネにも同様の伝染病の被害が出ている)外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たアカミミガメ

    日本では1990年代にアメリカから年間100万匹ものアカミミガメの幼体がミドリガメの名称で輸入された。このアカミミガメの流通は、1960 年代頃から始まっており、大手菓子メーカーの生体景品として人気となったことが理由のひとつと考えられている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た国際自然保護連合

    国際自然保護連合(IUCN)の定義では、外来種とは「過去あるいは現在の自然分布域外に導入された種、亜種、あるいはそれ以下の分類群を指し、生存し繁殖することができるあらゆる器官、配偶子、種子、卵、無性的繁殖子を含むもの」とされる。ここで用いられている導入(introduction)という言葉は、「意図しているかどうかは関係なく人為によって直接的・間接的に自然分布域外に移動させること」と定義されており、「移入」や「侵入」といった言葉で置き換えられることもある。そして、外来種が新たな分布域で継続的に子孫を残して生き続けることを定着(establishment)という。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たオオクチバス

    ルアーフィッシングの流行により、北アメリカ原産の肉食魚ブラックバス(オオクチバスなど)が、釣り団体などによって全国の河川や湖沼に大量に放流された。移植放流がほとんどの地域で禁止された現在でも、密放流が繰り返されているといわれる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たニジマス

    ニジマス、カワマス、シナノユキマス、ブラウントラウトなどサケ・マス類は、有用な水産資源として積極的に日本の各地の河川や湖に導入されている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たグリーンアノール

    1960年代に小笠原諸島に導入されて数百万もの個体数まで拡大したグリーンアノール(北アメリカ原産)は、オガサワラシジミやオガサワラゼミなどの小笠原固有の昆虫を捕食し、昆虫群集の衰退をもたらしている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た地球温暖化

    ただし、ガラパゴス諸島で、地球温暖化の影響で近海の藻類が減少したためにウミイグアナが陸上に進出し、リクイグアナと交雑して問題視されている様に、人間の活動による環境の変化によって生物の自発的な移動が起きて問題が生じた例もある。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たアライグマ

    アライグマ(北アメリカ原産)は日本ではテレビアニメのあらいぐまラスカルの人気から全国的に飼われるようになったが、成獣の凶暴性などから飼育放棄されたり逃げ出したりして全国に定着した。外来種 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
314件中 1 - 10件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード