314件中 11 - 20件表示
  • 外来種

    外来種から見たペット

    外来種の定義を考慮すると、ペットや家畜、園芸植物などのほとんどの生物は広義の外来種であり、常に多種多様な外来種が世界中に導入されている。しかし、導入される外来種がすべて定着するわけではなく、実際に野外へ定着して分布を拡大させる生物(いわゆる侵略的外来種)の割合は10種に1種ともいわれている。したがって、多くの外来種は導入されても野生化することができず、野生化したとしても数世代の短い期間で消滅してしまう。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たレッドリスト

    京都府の賀茂川において、食用として持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオが野生化し、日本固有種である在来のオオサンショウウオとの交雑が問題になっている。ただし、チュウゴクオオサンショウウオも、IUCNのレッドリスト(Ver.3.1)において「Critically Endangered(絶滅寸前)」とされており、ワシントン条約で付属書?にも掲載されているため、外来種として単純に処理できないことが問題を複雑にしている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たチャールズ・エルトン

    人類は15世紀中期の大航海時代以降、世界を自由に行き来するようになり、その過程で多種多様な生物を移動させてきた。こうした人間活動によって新たに分布を拡大させた生物に対して、イギリスの生態学者チャールズ・エルトン(Charles S. Elton)は1958年に著書『The Ecology of Invasions by Animals and Plants(侵略の生態学)』のなかで学問のテーマとして外来種問題を大きく取り上げた。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た家畜伝染病予防法

    家畜伝染病予防法:畜産業に関係する疫病の検疫外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たアカゲザル

    伊豆大島・和歌山県・青森県で野生化が確認されているタイワンザルや、房総半島に定着しているアカゲザルは、日本固有のニホンザルと交雑が可能であり、実際に雑種が生まれている。これが全国に広がれば、純粋なニホンザルは消滅してしまうことも考えられる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たイエネコ

    野生種よりも繁殖力が旺盛なヤギ、カイウサギ、イエネコ、イエイヌなどの家畜やペットが、世界中の原生的な自然環境に定着して深刻な影響を与えている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たラムサール条約

    2002年:ラムサール条約締結国会議で、侵入種の脅威に対する決議が行われる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たヤンバルクイナ

    沖縄島や奄美大島に定着したジャワマングース(南西アジア原産)は、ヤンバルクイナやアマミノクロウサギなど希少な小動物の多い両島の生態系に深刻な被害を与えている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たクワガタムシ

    ペットとして輸入されて逃げ出した外国産クワガタムシやカブトムシによる在来種の遺伝子攪乱も危惧されている(ヒラタクワガタと亜種の間柄であるオオヒラタクワガタとの交雑など)。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たセアカゴケグモ

    資材や物資に混入して導入されたものと推測される外来種も多く、日本ではセアカゴケグモ(オーストラリア原産)やハイイロゴケグモ(オーストラリア、中央・南アメリカ原産)などの事例が挙げられる。1964年に沖縄の嘉手納基地周辺で確認されたシロアゴガエル(インドから東南アジア原産)はアメリカ軍の物資に紛れて導入されたと考えられる。外来種 フレッシュアイペディアより)

314件中 11 - 20件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード