316件中 21 - 30件表示
  • 外来種

    外来種から見た環境省

    外来種という用語の指す内容については、国や研究分野によってその定義が微妙に異なり、世界的に統一した見解はない。日本でも外来種のほかに移入種・帰化種といった言葉が混在して使われてきた。例えば行政においては、環境省は「移入種」を、国土交通省は「外来種」を用いてきた経緯があり、いずれも主に日本国外から移入されたものを対象としていた。植物学者は帰化種(とくに帰化植物)という用語を用いている。2000年代からは多くの分野で外来種と呼ぶのが一般的になってきている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た文部科学省

    また、2008年度に文部科学省が示した中学校理科の学習指導要領において、初めて外来種に関する文言が盛り込まれるようになり、外来種問題が学校教育に取り上げられ始めている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たトマト

    セイヨウオオマルハナバチ(ヨーロッパ原産)は日本ではハウストマトの受粉媒介昆虫として年間3-4万コロニーが輸入された。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た狂犬病

    1905年ごろのニホンオオカミの絶滅の原因の1つとして、輸入犬からの伝染病である狂犬病や犬ジステンパーによる個体数の減少が指摘されている。(タヌキやキタキツネにも同様の伝染病の被害が出ている)外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た花粉症

    ブタクサやオオブタクサなどのキク科植物、そしてカモガヤやオオアワガエリなどのイネ科植物は花粉症を引き起こし、人間の健康に悪影響を及ぼす。とくにこれらの外来植物は雑草として市街地などの人間に身近な場所に生育している。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たネズミ

    ジャワマングース(アラビアから東南アジア原産)は、ハワイや西インド諸島ではネズミ駆除を目的に、沖縄本島や奄美大島では猛毒をもつハブの駆除を目的として導入されたが、効果を上げるどころか生態系や農業に悪影響を与えてしまい失敗に終わった。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たススキ

    ススキ(南北アメリカ)外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た嘉手納基地

    資材や物資に混入して導入されたものと推測される外来種も多く、日本ではセアカゴケグモ(オーストラリア原産)やハイイロゴケグモ(オーストラリア、中央・南アメリカ原産)などの事例が挙げられる。1964年に沖縄の嘉手納基地周辺で確認されたシロアゴガエル(インドから東南アジア原産)はアメリカ軍の物資に紛れて導入されたと考えられる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たマイマイガ

    マイマイガ(北アメリカ)外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たアオウオ

    第二次世界大戦中の日本では、食糧増産のために中国から四大家魚(ソウギョ ・ハクレン・コクレン・アオウオ)を利根川水系に導入した。しかし戦後、これら4種は食糧問題の解決には十分資さないまま、ソウギョを水域の除草目的に転用することとなった。ソウギョの過剰な放流で、在来の水生植物群落をほぼ壊滅的な状態に追い込んだケースも見られた。富栄養化した水域ではソウギョによる水草除去が一段落した後、植物プランクトンが大量発生し、水草が繁茂していたとき以上に環境が悪化して問題となった。外来種 フレッシュアイペディアより)

316件中 21 - 30件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード