314件中 31 - 40件表示
  • 外来種

    外来種から見たカミツキガメ

    カミツキガメ、グリーンアノール、タイワンハブ、タイワンスジオ、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た環境省

    外来種という用語の指す内容については、国や研究分野によってその定義が微妙に異なり、世界的に統一した見解はない。日本でも「外来種」のほかに「移入種」「帰化種」といった言葉が混在して使われてきた。例えば行政においては、環境省は「移入種」を、国土交通省は「外来種」を用いてきた経緯があり、いずれも主に日本国外から移入されたものを対象としていた。また、植物学者は帰化種(とくに帰化植物)という用語を用いている。しかし、最近(2000年代から)は多くの分野で「外来種」と呼ぶのが一般的になってきている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た五大湖

    ムラサキイガイ、ミドリイガイ、イガイダマシ、コウロエンカワヒバリガイ、カサネカンザシ、タテジマフジツボなど、世界中の港を行き来する貿易船の船体に付着したり、バラスト水に混入したりして日本に導入された水生生物は、少なくとも24種にのぼる。アメリカの五大湖でも、カワホトトギスガイ(カスピ海、黒海原産)がバラスト水により侵入し、水中に存在するあらゆるものを覆い尽くすほど爆発的に大発生している。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たキョン

    戦前まで毛皮獣として日本で盛んに飼養されたヌートリア(南アメリカ原産)は、戦後、需要がなくなるとともに放され、中部地方以西の各地の河川や沼地に定着した。イネやニンジン、サツマイモなどの農作物に大きな被害を与えていることが報告されている。ほかに日本の例では、アライグマやキョン、イノブタなどの陸生哺乳類が農作物被害を引き起こしている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たハリエンジュ

    道路法面の緑化や砂防のためにシナダレスズメガヤやオニウシノケグサ、 ハリエンジュなどの多くの外来植物が日本各地で広く利用されてきた。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た文部科学省

    また、2008年度に文部科学省が示した中学校理科の学習指導要領において、初めて外来種に関する文言が盛り込まれるようになり、外来種問題が学校教育に取り上げられ始めている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たトマト

    セイヨウオオマルハナバチ(ヨーロッパ原産)は日本ではハウストマトの受粉媒介昆虫として年間3-4万コロニーが輸入された。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た狂犬病

    1905年ごろのニホンオオカミの絶滅の原因の1つとして、輸入犬からの伝染病である狂犬病や犬ジステンパーによる個体数の減少が指摘されている。(タヌキやキタキツネにも同様の伝染病の被害が出ている)外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た花粉症

    ブタクサやオオブタクサなどのキク科植物、そしてカモガヤやオオアワガエリなどのイネ科植物は花粉症を引き起こし、人間の健康に悪影響を及ぼす。とくにこれらの外来植物は雑草として市街地などの人間に身近な場所に生育している。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たシジミ

    意図的に導入された生物に付着することで気づかぬうちに導入されている外来種もいる。サキグロタマツメタ(東アジア原産)という捕食性巻貝は放流用のアサリに混入して拡散し、さらにカワヒバリガイ(中国、朝鮮半島原産)は輸入シジミに付随して導入されたのではないかと疑われている。また、アクアリウムに用いられる観賞用の水草に付着している目立たない微小な底生生物の導入も問題となっている。外来種 フレッシュアイペディアより)

314件中 31 - 40件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード