316件中 31 - 40件表示
  • 外来種

    外来種から見た園芸

    園芸植物のほとんどは野外に定着することはまれだが、なかにはハルジオン、 オオハンゴンソウ、オオキンケイギク、ルピナス、ランタナ、フランスギクといった適応力の高い植物が、ときには国立公園などの原生的な自然環境にまで広がっている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たニホンザル

    伊豆大島・和歌山県・青森県で野生化が確認されているタイワンザルや、房総半島に定着しているアカゲザルは、日本固有のニホンザルと交雑が可能であり、実際に雑種が生まれている。これが全国に広がれば、純粋なニホンザルは消滅してしまうことも考えられる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たアサリ

    意図的に導入された生物に付着することで気づかぬうちに導入されている外来種もいる。サキグロタマツメタ(東アジア原産)という捕食性巻貝は放流用のアサリに混入して拡散し、さらにカワヒバリガイ(中国、朝鮮半島原産)は輸入シジミに付随して導入されたのではないかと疑われている。また、アクアリウムに用いられる観賞用の水草に付着している目立たない微小な底生生物の導入も問題となっている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たライオン

    タンザニアのセレンゲティ国立公園では、公園周辺に暮らす3万頭ものノイヌが持ち込んだ犬ジステンパーによってライオンの25%が死亡した。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たアユ

    国内外来種:鯉(各地)、アユ(各地)、オヤニラミ(東京都など)、ギギ(各地)、ゲンゴロウブナ(ヘラブナ)(各地)、ヒメマス(各地)、ワカサギ(各地)など外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たボタンウキクサ

    ボタンウキクサ、オオカナダモ、コカナダモ、オオフサモ、ナガエツルノゲイトウ、ミズヒマワリなどの水生植物は、大増殖して水面を覆いつくすことで在来植物の生育を妨げ、一斉に枯死した場合は水質を悪化させる。なかでもホテイアオイ(熱帯アメリカ原産)は一面に咲く光景はとても美しいが、ほかの外来水生植物と同様に世界的な問題となっており、「最悪の水生害草」と呼ばれる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た世界自然保護基金

    1980年:世界自然保護基金(WWF)・国際自然保護連合(IUCN)・国連環境計画(UNEP)が発表した「世界環境保全戦略」のなかで外来種の侵入について触れる。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たホタル

    開発によって激減したホタルを呼び戻そうという活動が日本各地で行われているが、その中で地域のホタルの遺伝的多様性を考慮していない無差別なホタルの放虫がなされる事態が多発している。長野県辰野町松尾峡の場合、町役場が観光用に移入した他県産ゲンジボタルを養殖し、外来ゲンジボタルが在来ゲンジボタルの個体数減少を引き起こしている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たユーロ

    各国の国内法によって外来種対策が義務化されているが、域内自由経済圏であるユーロの出現にともない外来種の管理が難しくなっているという側面もある。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見た家畜伝染病予防法

    家畜伝染病予防法:畜産業に関係する疫病の検疫外来種 フレッシュアイペディアより)

316件中 31 - 40件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード