日本の政府高官の発言 ニュース&Wiki etc.

内閣官房副長官(ないかくかんぼうふくちょうかん、Deputy Chief Cabinet Secretary)は、内閣官房長官を補佐する特別職の国家公務員。1998年7月より定員は3人(内閣法規定)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「内閣官房副長官」のつながり調べ

  • 木村俊夫

    木村俊夫から見た内閣官房副長官

    目立たない存在であったが佐藤政権が発足すると、1966年(昭和41年)から1971年(昭和46年)にかけて内閣官房の柱として沖縄返還交渉に取り組み、一躍注目されるようになった。1966年(昭和41年)内閣官房副長官、1967年(昭和42年)に病気のため退任した福永健司の後を継いで内閣官房長官に登用されるも、翌年の1968年(昭和43年)に佐藤の要請を受け、保利茂に官房長官を譲り木村は再び副長官に戻った。この間沖縄の「核抜き本土並み返還」の実現に尽力した。(木村俊夫 フレッシュアイペディアより)

  • 同族経営

    同族経営から見た内閣官房副長官

    学校法人近畿大学 - 世耕一族が理事長を務めていた。ただし、世耕弘成が内閣官房副長官就任に伴い理事長を退任、2013年に清水由洋が世耕家の外から初めて理事長に就任した。(同族経営 フレッシュアイペディアより)

「内閣官房副長官」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ