日本の政府高官の発言 ニュース&Wiki etc.

内閣官房副長官(ないかくかんぼうふくちょうかん、Deputy Chief Cabinet Secretary)は、内閣官房長官を補佐する特別職の国家公務員。1998年7月より定員は3人(内閣法規定)。 (出典:Wikipedia)

「日本の政府高官の発言」Q&A

  • Q&A

    日本国憲法はアメリカ人が書いた憲法であることを知っていましたか? 貴方はそれを知って…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年9月18日 05:38

  • Q&A

    安倍のワシントンポスト報道否定は大嘘=平気で嘘をつく安倍総理を支持できますか?恥ずか…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月22日 13:39

  • Q&A

    なぜ、芦部以下の法匪「憲法学者」は、マッカーサー三原則に基づいて、アメリカ占領軍の命…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年8月19日 19:49

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「内閣官房副長官」のつながり調べ

  • 与謝野馨

    与謝野馨から見た内閣官房副長官

    1994年、自民党が政権復帰した村山内閣(自社さ連立政権)で文部大臣として初入閣。1996年、自民党単独内閣となった第2次橋本内閣では、梶山内閣官房長官の下で内閣官房副長官(政務)に就任。通例なら長官とともに総理総裁派閥から起用されるポストだが、梶山の篤い信頼のもとで、他派閥ながら橋本政権を中枢で支えた。 1998年、橋本内閣の次の小渕内閣で通産大臣に就任。通産大臣でありながら、所管外(法務省管轄)の通信傍受法成立に力を注ぎ、『噂の眞相』などに「盗聴法成立の黒幕」と批判された。(与謝野馨 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木俊一 (東京都知事)

    鈴木俊一 (東京都知事)から見た内閣官房副長官

    東京都知事(第9・10・11・12代)、東京都副知事、内閣官房副長官(第2次岸内閣)等を歴任した。(鈴木俊一 (東京都知事) フレッシュアイペディアより)

「内閣官房副長官」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ