前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
416件中 1 - 10件表示
  • 上野公成

    上野公成から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    参議院議員、通商産業政務次官、内閣官房副長官などを歴任した。上野公成 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    第170回国会において2008年(平成20年)9月24日に内閣総理大臣指名選挙が行われた。前任の福田康夫就任時と同じくねじれ国会のあおりを受け、前回同様に衆参で首班指名が異なり、衆議院は自由民主党総裁の麻生を指名し、参議院は民主党代表の小沢一郎を指名した。両院協議会でも成案を得るに至らず、衆議院の優越により衆議院で指名された麻生太郎を国会の指名として衆議院議長が奏上した。指名当日に宮中における内閣総理大臣の親任式、ならびに国務大臣及び内閣官房副長官の認証官任命式を経て正式に成立した。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田和博

    杉田和博から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    杉田 和博(すぎた かずひろ、1941年4月22日 - )は、日本の警察官僚。内閣官房副長官兼内閣人事局長。神奈川県警察本部長や内閣危機管理監なども歴任した。杉田和博 フレッシュアイペディアより)

  • 自治事務次官

    自治事務次官から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    自治省は全国の地方自治体の監督省であったことから、退任後に都道府県知事選挙に立候補をする者も多く、当選して都道府県知事になる事例もある。また、旧内務省であることから、退任後に内閣官房副長官(事務)に就任する者もいる。自治事務次官 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木俊一 (東京都知事)

    鈴木俊一 (東京都知事)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    第9 - 12代東京都知事、東京都副知事、第2次岸内閣内閣官房副長官、自治事務次官等を歴任した。鈴木俊一 (東京都知事) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎正昭

    山崎正昭から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    福井県大野市議会議員(1期)、福井県議会議員(4期)、福井県議会議長(第73代)、参議院議院運営委員長、参議院武力攻撃事態への対処に関する特別委員長、内閣官房副長官、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、自由民主党参議院幹事長、参議院副議長(第29代)、参議院議長(第30代)などを歴任した。山崎正昭 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻池祥肇

    鴻池祥肇から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    社団法人日本青年会議所会頭、衆議院議員(2期)、防災担当大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、内閣官房副長官(麻生内閣)などを歴任。鴻池祥肇 フレッシュアイペディアより)

  • 芝博一

    芝博一から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    社団法人鈴鹿青年会議所理事長(第18代)、参議院内閣委員長、三重県議会議員(3期)、内閣総理大臣補佐官(菅第2次改造内閣)、内閣官房副長官(野田第3次改造内閣)等を歴任。芝博一 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    かつては北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官、内閣官房副長官などを歴任。地方や弱者を軽視する新自由主義経済政策を強く批判し、ニューディール政策的な公共事業発注により地方経済を回す政策を重視する。又、北海道の自立、アイヌ民族の権利の確立、雇用の確保、北方領土問題の解決等を訴えている。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 事務次官

    事務次官から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    任命は各大臣が行うが、内閣による事前承認が必要とされる。また1997年以降、各府省の局長以上の幹部人事については、政府全体の立場から官邸による統率を行うため、閣議に先だって内閣官房長官と内閣官房副長官3名の4人によって構成される閣議人事検討会議による了承を経ることになっている。事務次官 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
416件中 1 - 10件表示