416件中 91 - 100件表示
  • 福田内閣メールマガジン

    福田内閣メールマガジンから見た官房副長官内閣官房副長官

    総編集長は福田総理自身であった。編集長は大野松茂内閣官房副長官が、第1次安倍改造内閣時代から引き続き担当した。福田内閣メールマガジン フレッシュアイペディアより)

  • 第170回国会

    第170回国会から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    両院で首班指名選挙が行われ、議決不一致による両院協議会を経て、自由民主党総裁の麻生太郎が第92代内閣総理大臣に選出。同日夜、皇居での内閣総理大臣の親任式、並びに、国務大臣及び内閣官房副長官の認証官任命式を経て麻生内閣が正式に発足。第170回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 政府参考人

    政府参考人から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    国会審議における議員から政府に対する質疑は、内閣総理大臣、国務大臣と、これを補佐するための内閣官房副長官、副大臣及び大臣政務官に対して行うものとした。また、内閣は、内閣総理大臣、国務大臣を補佐するため、両議院の議長の承認を得た政府特別補佐人(人事院総裁、内閣法制局長官、公正取引委員会委員長、原子力規制委員会委員長及び公害等調整委員会委員長)を出席させて、答弁することもできるとした。政府参考人 フレッシュアイペディアより)

  • 政府特別補佐人

    政府特別補佐人から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    また、委員会は、議長を経由して内閣総理大臣その他の国務大臣並びに内閣官房副長官、副大臣及び大臣政務官並びに政府特別補佐人の出席を求めることができることになっている。政府特別補佐人 フレッシュアイペディアより)

  • 補助機関

    補助機関から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    国の機関における補助機関は、内閣法(昭和22年法律第5号)に基づき内閣に内閣官房(内閣官房長官・内閣官房副長官・内閣危機管理監・内閣官房副長官補など)が設置されるほか、国家行政組織法(昭和23年法律第120号)に基づき各省庁に副大臣、大臣政務官、事務次官、事務官、技官などが置かれる。補助機関 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    竹下内閣時代に、小沢一郎内閣官房副長官と出会い、その後も小沢と歩調を合わせた猪突猛進の言動で、大宮敏充のデンスケにちなんで、通称、「デンさん」ないし「デンスケ」などと呼ばれた。第2次海部内閣改造内閣時代の1991年1月24日に決定された湾岸戦争への90億ドルの資金供出には、小沢自民党幹事長と共に、石油税と法人税の一時的増税で賄ったのに始まり、主計局長在任中の宮沢内閣時代に、小沢、牧野徹建設事務次官(のちに小泉内閣で内閣総理大臣補佐官)らと練り上げた「国際貢献税」構想を打ち出し、その後の非自民の連立細川内閣時代においても、連立政権のエンジン役を務めた小沢と共に「国民福祉税」構想をぶち上げた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松本俊一

    松本俊一から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    1958年、第2次岸内閣で内閣官房副長官に就任。続く第2次岸内閣改造内閣でも官房副長官を務めたが、1963年の総選挙で落選し、外務省顧問に就任する。1965年、ベトナム戦争の調査団として現地を視察するも帰国後、「アメリカ軍の北爆の効果は限定的で、逆に南ベトナム解放民族戦線への支持が南ベトナム国内に広がっており、アメリカ軍の敗北は避けられない」とする報告書を出して物議を醸したが、後にこの見通しが正しかった事が証明された。1967年勲一等瑞宝章受章。松本俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野隆守

    牧野隆守から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    宇野内閣で内閣官房副長官、第2次小渕改造内閣・第1次森内閣で労働大臣を歴任。その後自民党行政改革本部長を務めるが、かねてからの体調不良のため、2003年に政界から勇退した。座右の銘は「随処在主」与えられたポスト、現在ある立場でベストを尽くすことの意。牧野隆守 フレッシュアイペディアより)

  • 服部安司

    服部安司から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    奈良県出身。中央商科短期大学卒業。1958年の衆議院議員総選挙に旧奈良全県区から自民党公認で出馬し初当選、以後衆議院当選7回を数えた(当選同期に竹下登・安倍晋太郎・金丸信・斎藤邦吉・倉成正など)。党内では宏池会(池田勇人→前尾繁三郎→大平正芳→鈴木善幸→宮澤喜一派)に所属し、第2次池田内閣第1次改造内閣の内閣官房副長官などを歴任後、1977年福田改造内閣の郵政大臣として初入閣。服部安司 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラ・ダラー

    ウルトラ・ダラーから見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    外交・安全保障分野担当の内閣官房副長官。総理大臣官邸で外交・安全保障分野を担当している。外務官僚で、かつては条約局(現・国際法局)などに属していた経験がある。離婚歴があり(バツイチ)、息子が1人居る。ウルトラ・ダラー フレッシュアイペディアより)

416件中 91 - 100件表示