285件中 91 - 100件表示
  • 豊田収

    豊田収から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    父は教育者の豊田太蔵。国土交通官僚の竹歳誠(国土交通事務次官や内閣官房副長官など歴任)は豊田の妹の孫にあたる。豊田収 フレッシュアイペディアより)

  • 富山高等学校 (旧制)

    富山高等学校 (旧制)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    翁久次郎 - 内閣官房副長官(事務担当)、厚生事務次官富山高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 政府参考人

    政府参考人から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    国会審議における議員から政府に対する質疑は、内閣総理大臣、国務大臣と、これを補佐するための内閣官房副長官、副大臣及び大臣政務官に対して行うものとした。また、内閣は、内閣総理大臣、国務大臣を補佐するため、両議院の議長の承認を得た政府特別補佐人(人事院総裁、内閣法制局長官、公正取引委員会委員長及び公害等調整委員会委員長)を出席させて、答弁することもできるとした。政府参考人 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の政治

    1998年の政治から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    7月1日 - 内閣法の一部改正により、内閣官房副長官の定数が2人(政務担当、事務担当が各1人)から3人(政務担当2人、事務担当1人)に増員となる。(実際に3人が任命されたのは同月31日から)1998年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田内閣

    羽田内閣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(政務)- 北村直人(新生党)羽田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次岸内閣 (改造)

    第1次岸内閣 (改造)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(政務) - 田中龍夫(1957年7月12日 - )第1次岸内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 第1次海部内閣

    第1次海部内閣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官 - 志賀節 / 藤本孝雄(1989年8月25日- )第1次海部内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次佐藤内閣

    第2次佐藤内閣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(政務) - 木村俊夫(- 1967年6月21日)/亀岡高夫(1967年6月22日 -)第2次佐藤内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次池田内閣

    第2次池田内閣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(政務) - 保岡武久(1960年12月9日?)第2次池田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の政治

    1975年の政治から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    海部俊樹内閣官房副長官、スト権ストをめぐる討論の中で注目されるようになる。1975年の政治 フレッシュアイペディアより)

285件中 91 - 100件表示