285件中 11 - 20件表示
  • 阿波戦争

    阿波戦争から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    きっかけは1974年の第10回参議院議員通常選挙。分裂選挙の舞台となった1人区の徳島県選挙区には現職の久次米健太郎がいたが、田中角栄首相は現職を優先するという不文律に反し内閣官房副長官であった後藤田正晴を自民党公認候補とし、現職の久次米に公認を出さなかった。徳島選挙区は三木派を率いる大物政治家三木武夫の地元で、久次米は「三木武夫の城代家老」と呼ばれていた三木側近の一人であったことから、三木は田中の決定に猛反発し、派閥をあげて党公認候補後藤田の対立候補である久次米の選挙戦を支援し保守陣営が分裂する選挙戦となった。この選挙以後長きにわたって徳島では自民党が分裂状態に陥った。阿波戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 水平豊彦

    水平豊彦から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    水平 豊彦(みずひら とよひこ、1932年1月3日 - 1986年6月18日)は、日本の政治家。元内閣官房副長官水平豊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 閣議人事検討会議

    閣議人事検討会議から見た官房副長官内閣官房副長官

    閣議人事検討会議(かくぎじんじけんとうかいぎ)は、各省庁の局長以上の幹部人事について事前に審査するため、内閣官房長官と3官房副長官が参加する会議。閣議人事検討会議 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺嘉蔵

    渡辺嘉蔵から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    自由民主党・社会党連立政権下で、第1次橋本龍太郎内閣の内閣官房副長官を務め、ビル・クリントンアメリカ合衆国大統領とのサンタモニカに於ける協議に立ち会う。その後、1996年の民主党結党に関しては組織固めに関して中心的な役割を果たし、岐阜県においても民主党岐阜県連結党に大きく手腕を発揮し、初代民主党岐阜県連合会代表にも就任するなど、その存在感を国政の場にて大きく示した。渡辺嘉蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 総理府

    総理府から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    総理府の長は内閣総理大臣であり、内閣法にいう主任の大臣であるが、実際に所管事項の事務を監督するのは内閣官房長官およびそれを補佐する内閣官房副長官とされた。総理府 フレッシュアイペディアより)

  • 石原信雄

    石原信雄から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    石原 信雄(いしはら のぶお、1926年11月24日 - )は日本の官僚。元内閣官房副長官(在任1987年 - 1995年)。勲一等。長男は同じく東京大学法学部を卒業し、大蔵省に入省した石原一雄。石原信雄 フレッシュアイペディアより)

  • 副大臣

    副大臣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    また、内閣府及び各省の政策等に関し相互の調整に資するため、副大臣会議が設置されている。副大臣会議は、内閣官房長官の下で、内閣官房副長官(政務)及び全副大臣により組織され、内閣官房長官が主宰し、内閣官房副長官(政務)が議長を務める。副大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 的場順三

    的場順三から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    的場 順三(まとば じゅんぞう、1934年9月15日 - )は、日本の元大蔵官僚。滋賀県出身。2006年9月から2007年9月まで安倍内閣の内閣官房副長官(事務担当)を務めた。的場順三 フレッシュアイペディアより)

  • 長浜博行

    長浜博行から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    厚生労働副大臣(鳩山由紀夫内閣、菅内閣)、内閣官房副長官(野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、環境大臣(第18代)、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)、原発事故の収束及び再発防止担当大臣、衆議院議員(4期)等を歴任した。長浜博行 フレッシュアイペディアより)

  • 二橋正弘

    二橋正弘から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    二橋 正弘(ふたはし まさひろ、1941年12月27日 - )は、日本の官僚。前内閣官房副長官(事務担当)。元自治事務次官。二橋正弘 フレッシュアイペディアより)

285件中 11 - 20件表示