285件中 31 - 40件表示
  • 松本純

    松本純から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(麻生内閣)、総務大臣政務官(第2次小泉改造内閣・第3次小泉内閣)、横浜市会議員(3期)等を歴任した。松本純 フレッシュアイペディアより)

  • 園田博之

    園田博之から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    園田 博之(そのだ ひろゆき、1942年2月19日 - )は、日本の政治家。日本維新の会所属の衆議院議員(8期)、日本維新の会国会議員団幹事長代理。内閣官房副長官(村山内閣)、衆議院法務委員長、自由民主党幹事長代理・政務調査会長代理、新党さきがけ幹事長・総務会長・代表幹事等を歴任した。園田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 池田行彦

    池田行彦から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    衆議院議員(10期)、総務庁長官(第7代)、防衛庁長官(第50代)、外務大臣(第124、125代)、内閣官房副長官(鈴木善幸内閣)、自由民主党政務調査会長(第42代)、自由民主党総務会長(第40代)等を歴任した。池田行彦 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    自民党内では佐藤派、後に田中派に所属。師とあおいだ佐藤栄作と、佐藤派五奉行の1人で早大雄弁会の先輩でもある橋本登美三郎の寵愛をうける。1964年(昭和39年)11月に佐藤内閣が誕生すると、内閣官房長官に就任した橋本の推薦で内閣官房副長官となり、次代をになうニューリーダーとして次第に頭角をあらわす。竹下登 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷立

    塩谷立から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    文部科学大臣(第11代)、内閣官房副長官(福田康夫改造内閣)、自由民主党総務会長(第50代)等を歴任した。塩谷立 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    世耕 弘成(せこう ひろしげ、1962年11月9日 - )は、日本の政治家。参議院議員(3期)。内閣官房副長官(第2次安倍内閣、政務担当・参議院)。学校法人近畿大学第4代理事長(前職)。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 北村直人

    北村直人から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    農林水産副大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、内閣官房副長官(羽田内閣)、北海道開発政務次官(宮澤改造内閣)、衆議院農林水産委員長、衆議院議員(6期)等を歴任した。北村直人 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀節

    志賀節から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    志賀 節(しが せつ、1933年2月3日 - )は、日本の政治家。環境庁長官(第23代)、内閣官房副長官(第1次海部内閣)、衆議院議員(8期)等を務めた。志賀節 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    閣内人事では、東日本大震災を受け、節電啓発等担当大臣を新設して村田蓮舫行政刷新担当大臣を担当大臣に任命した。また、枝野官房長官が福島第一原子力発電所事故への対応に追われ、被災者支援が手薄になっていたため、前内閣官房長官の仙谷由人を内閣官房副長官に任命して被災者支援を担当させた。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • キャリア (国家公務員)

    キャリア (国家公務員)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    一般的に、省庁間を越えたキャリアの頂点とされるのが内閣官房の内閣官房副長官(事務担当)である。同職は副大臣級の認証官であり、閣議への陪席も認められている。旧内務省系官庁の事務次官・長官経験者が就任するのが慣例となっている(ただし、2006年9月に発足した安倍内閣においては、大蔵官僚であり元国土事務次官の的場順三・大和総研顧問がこれに就任している)。キャリア (国家公務員) フレッシュアイペディアより)

285件中 31 - 40件表示