285件中 51 - 60件表示
  • 村山富市

    村山富市から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    当時、歴代在任日数最長の内閣官房副長官として官邸に重きをなしていた石原信雄は、「前例のない未曾有の災害で、かつ法制度の未整備な状態では、村山以外のだれが内閣総理大臣であっても迅速な対応は不可能であった。」と述懐、擁護している。連立内閣に対する内閣官房や官僚の忠誠心の低さも問題点として指摘された。震災後、後藤田正晴に指示された佐々淳行が、総理官邸メンバーの前で危機管理のレクチャーを行ったが、熱心に話を聴いていたのは村山ただ一人であり、それ以外の政務・事務スタッフは皆我関せずの態度を取ったため、佐々が厳しく戒めたという。また、村山が震災直後に国民に向けて記者会見を開こうとしていたが、内閣官房スタッフから止められていた、との逸話も佐々の著書で紹介されている。村山富市 フレッシュアイペディアより)

  • 松本瀧藏

    松本瀧藏から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    松本 瀧藏(まつもと たきぞう、松本 滝蔵、Takizo Frank Matsumoto、1901年3月20日 - 1958年11月2日)は、日本の政治家、教育者。衆議院議員、外務政務次官、内閣官房副長官、明治大学教授などを務めた。広島県佐伯郡廿日市町(現廿日市市)生まれ。松本瀧藏 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    その後、2002年(平成14年)9月に金正日が拉致実行を認めたあとで同年10月19日に当時官房副長官の安倍晋三が土井たか子・菅直人を名指しで「極めてマヌケな議員」と批判するなど、署名した国会議員は自民党や日本共産党から非難された。菅直人は「釈放を要望した人物の中に辛光洙がいるとは知りませんでした。 そんな嘆願書に署名したのは私の不注意ですので、今は率直にお詫びしたい」 と謝罪した。公明党は、釈放要求の対象は学園浸透スパイ団事件の首謀者とされた徐勝・徐俊植兄弟で、当時の日本国内における拉致問題の認識は「北朝鮮工作員による拉致の疑い」という程度のもので、実行犯の氏名や犯行内容は全く認知されておらず、辛光洙の関与も明らかではなかったと抗弁し、また社民党も、1984年4月25日衆院外務委員会において、日本社会党の土井たか子議員が釈放について政府の尽力を求めたことに対し、安倍晋三の父である安倍晋太郎外務大臣(当時)が「内政干渉にわたらない範囲内で人道的配慮を韓国政府に絶えず求めていきたい」と答弁したことを指摘し、同罪であると反論した。一方、共産党は、要望書が提出される1年前の1988年(昭和63年)3月26日の参議院予算委員会において、日本共産党議員が辛光洙事件について質問しており、署名議員も予算委員として出席しており、当時、公明党が主張するように、署名した国会議員らがそうした事実や疑惑を知らなかったこと自体おかしな話であると批判している。また、共産党は自民党に対しては、自公連立友党の公明党議員の署名について言及しないのは二重基準として批判している。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    鳩山 由紀夫(はとやま ゆきお、1947年(昭和22年)2月11日 - )は、日本の元政治家。学位はPh.D.(スタンフォード大学・1976年)。元衆議院議員(8期)。内閣官房副長官、新党さきがけ代表幹事(第2代)、旧民主党代表(初代)、民主党代表(第2・7代)、内閣総理大臣(第93代)、民主党最高顧問(外交担当)などを歴任した。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 古川元久

    古川元久から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策・宇宙政策)、内閣官房副長官(菅内閣・菅第1次改造内閣)、内閣府副大臣(鳩山由紀夫内閣)、衆議院内閣委員長等を歴任した。古川元久 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山内閣メールマガジン

    鳩山内閣メールマガジンから見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    原則として毎週木曜日に発行し、総編集長は内閣総理大臣:鳩山由紀夫自らが務めた。また編集長は内閣官房副長官の松野頼久が担当した。鳩山内閣メールマガジン フレッシュアイペディアより)

  • 道正邦彦

    道正邦彦から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    道正 邦彦(どうしょう くにひこ 1919年10月9日 - )は、日本の官僚。内閣官房副長官(事務担当)、労働事務次官。道正邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣情報官

    内閣情報官から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣情報調査室の長として、内閣官房長官、内閣官房副長官及び内閣危機管理監を助け、内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務(各行政機関の行う情報の収集及び分析その他の調査であつて内閣の重要政策に係るものの連絡調整に関する事務を含む)を掌理する。内閣情報官 フレッシュアイペディアより)

  • 補助機関

    補助機関から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    国の機関における補助機関は、内閣法(昭和22年法律第5号)に基づき内閣に内閣官房(内閣官房長官・内閣官房副長官・内閣危機管理監・内閣官房副長官補など)が設置されるほか、国家行政組織法(昭和23年法律第120号)に基づき各省庁に副大臣、大臣政務官、事務次官、事務官、技官などが置かれる。補助機関 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣メールマガジン

    麻生内閣メールマガジンから見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    原則として毎週木曜日に発行し、総編集長は麻生首相自らが務めた。編集長は、麻生の腹心である内閣官房副長官の松本純が担当した。麻生内閣メールマガジン フレッシュアイペディアより)

285件中 51 - 60件表示