416件中 61 - 70件表示
  • 閣議人事検討会議

    閣議人事検討会議から見た官房副長官内閣官房副長官

    閣議人事検討会議(かくぎじんじけんとうかいぎ)は、各省庁の局長以上の幹部人事について事前に審査するため、内閣官房長官と3官房副長官が参加する会議。閣議人事検討会議 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本

    2003年の日本から見た官房副長官内閣官房副長官

    安倍晋三官房副長官が北朝鮮の工作船を視察。2003年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • キャリア (国家公務員)

    キャリア (国家公務員)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    一般的に、その職務の重要性と権限から各省の事務次官を越えたキャリア官僚の頂点とされるのが内閣官房の内閣官房副長官(事務担当)である。同職は副大臣級で特別職の認証官であり、閣議への陪席も認められ、事務次官等会議を主催している。旧内務省系官庁の事務次官・長官経験者が就任するのが慣例となっている。官僚が就任する他の副大臣級の役職としては、認証官の公正取引委員会委員長と宮内庁長官、慣例的に閣議への陪席が認められている内閣法制局長官があり、いずれも特別職である。キャリア (国家公務員) フレッシュアイペディアより)

  • 副大臣

    副大臣から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    また、内閣府及び各省の政策等に関し相互の調整に資するため、副大臣会議が設置されている。副大臣会議は、内閣官房長官の下で、内閣官房副長官(政務)及び全副大臣により組織され、内閣官房長官が主宰し、内閣官房副長官(政務)が議長を務める。副大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 合同情報会議

    合同情報会議から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    各情報関係機関の連携のため内閣情報会議の下に設置された、内閣官房副長官(事務)が主宰する関係省庁局長級の会議。隔週で開催される。内閣情報会議は組織の長が集う会議であるが、合同情報会議はインテリジェンス部門の実務トップが集い、現状と課題を話し合う会議である点が特徴である。合同情報会議 フレッシュアイペディアより)

  • 松野頼久

    松野頼久から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    衆議院議員(6期)、内閣官房副長官、日本維新の会国会議員団代表、維新の党代表代行兼国会議員団会長、維新の党幹事長、維新の党代表、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長、民進党国会対策委員長を歴任。父は衆議院議員、防衛庁長官、農林大臣、労働大臣、総理府総務長官を歴任した松野頼三。祖父は参議院議長、鉄道大臣、衆議院議員を歴任した松野鶴平。次女・松野未佳は2016年ミス日本コンテストグランプリ受賞者である。松野頼久 フレッシュアイペディアより)

  • 下村博文

    下村博文から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    群馬県高崎市(旧:倉渕村)出身。文部科学大臣(第18代・第19代)、内閣官房副長官、文部科学大臣政務官、法務大臣政務官などを歴任。下村博文 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣書記官長

    内閣書記官長から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣書記官長(ないかくしょきかんちょう)は戦前の日本において内閣の補助職員として置かれた官職。名目上は戦後の内閣官房長官の前身であるが、実際の機能は事務担当の内閣官房副長官に継承された。内閣書記官長は戦前の官僚機構のトップであり、歴代書記官長の大半を内務省出身者が占めていた。俗称「翰長」(かんちょう)。内閣書記官長 フレッシュアイペディアより)

  • 松本純

    松本純から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    国家公安委員会委員長(第92代)、消費者及び食品安全担当大臣、防災担当大臣、総務大臣政務官(第2次小泉改造内閣・第3次小泉内閣)、内閣官房副長官(麻生内閣)、衆議院厚生労働委員長等を歴任。松本純 フレッシュアイペディアより)

  • 大西一史

    大西一史から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    1994年 - 衆議院議員園田博之秘書(当時内閣官房副長官)として総理官邸などで勤務。大西一史 フレッシュアイペディアより)

416件中 61 - 70件表示