285件中 71 - 80件表示
  • 破裂

    破裂から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官。厚生族議員。かつて、視察名目でウィーンを訪れた際に、出向していた佐久間の世話になり、以後何かと助力する。破裂 フレッシュアイペディアより)

  • 大西一史

    大西一史から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    1994年 - 衆議院議員園田博之秘書(当時内閣官房副長官)として総理官邸などで勤務。大西一史 フレッシュアイペディアより)

  • 草野一郎平

    草野一郎平から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    1963年7月30日、第2次池田内閣内閣官房副長官草野一郎平 フレッシュアイペディアより)

  • 久次米健太郎

    久次米健太郎から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    1968年、第8回参議院議員通常選挙に徳島県選挙区に立候補をして当選。三木派に所属し、三木武夫の家老城代と呼ばれた。1974年の第10回参議院議員通常選挙では田中角栄首相は1人区の徳島県選挙区で内閣官房副長官であった後藤田正晴を自民党公認候補とし、現職の久次米は非公認となってしまう。久次米非公認により、三木派と田中派との田中との間は完全に険悪化してしまい、徳島県選挙区は田中派と三木派の「三角代理戦争」と呼ばれた。結果は、久次米19万6210票で後藤田15万3388票を破って当選した。このことは三木と田中の不和を招き、三木の副総理辞任につながり、さらに福田赳夫と三木の田中内閣倒閣に向けての連携へとつながった。また、その後の徳島での保守分裂(阿波戦争)にもつながった。久次米健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 郡祐一

    郡祐一から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    茨城県大洗町出身。東京帝国大学法学部卒業後内務省入りし、内閣官房副長官を経て、1950年の第2回参議院議員通常選挙に自由党公認で茨城県選挙区から立候補し当選(以後当選6回)。自治庁長官(第1次岸信介内閣)・郵政大臣(第1次佐藤栄作内閣)・法務大臣(第1次田中角栄内閣)・自由民主党参議院会長・党紀委員長などを歴任した。郡祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 政務

    政務から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    政務とは、政治における業務のこと。主に、中央省庁再編前の政務次官や、現在の大臣政務官や内閣官房副長官政務担当といった日本の官職名として用いられ、この場合には暗に、官僚が行う「事務」との対照の意味がある。政務 フレッシュアイペディアより)

  • 都市と農山漁村の共生・対流に関するプロジェクトチーム

    都市と農山漁村の共生・対流に関するプロジェクトチームから見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官と農林水産副大臣が主査を務める。都市と農山漁村の共生・対流に関するプロジェクトチーム フレッシュアイペディアより)

  • 参議院枠

    参議院枠から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    現在は「閣僚17人中2人・副大臣22人中4人・政務官26人中8人」というのが一般的な基準とされている。ただし、情勢によって増減することがある。また、かつて内閣官房副長官は定員2名のうち政務担当(政治家が就任する)は1名だった時代は衆議院議員が就任したが、1998年7月以降は定員が3名に増員されて以降、政務担当2名のうちの1名が参議院議員に割り当てられるようになった。参議院枠 フレッシュアイペディアより)

  • 江口見登留

    江口見登留から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    大分県出身。三高、京都帝国大学法学部卒業後、内務省入省。内務官僚を経て内閣官房副長官、警視総監等を歴任。正四位勲一等瑞宝章。江口見登留 フレッシュアイペディアより)

  • 田中栄一

    田中栄一から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    また、戦後の警察改革で創設された自治体警察制度には擁護の姿勢を貫き、警察庁への一本化を図ろうとする警察法改正に反対した。1954年、警察法改正が強行採決されたのを受け総監を辞任。1月2日の二重橋事件(16人死亡)の当日に、管轄地を離れ箱根に行っていたと国会で批判されていた。その後内閣官房副長官を務めた後(1955年-1957年)、1958年第28回衆議院議員総選挙に旧東京1区から自由民主党公認で立候補し当選、以後6回連続当選を果たした。石井派に所属し、通産政務次官、外務政務次官を歴任、また日本武道館理事長も努めた。田中栄一 フレッシュアイペディアより)

285件中 71 - 80件表示