416件中 71 - 80件表示
  • 古川元久

    古川元久から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策)、野田第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣(宇宙政策)を務めたほか、内閣官房副長官(菅内閣・菅第1次改造内閣)、内閣府副大臣(鳩山由紀夫内閣)、衆議院内閣委員長、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長等を歴任した。古川元久 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    2000年(平成12年)、小渕が急死し、党内実力者の青木幹雄、野中広務らの支持により幹事長だった森喜朗が総理・総裁に就任。小泉は清和政策研究会(森派)の会長に就任した。第2次森内閣組閣では安倍晋三が内閣官房副長官に、中川秀直官房長官のスキャンダル辞任後の後任に福田康夫が、それぞれ小泉の推薦を受けて就任した。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    その後、2002年(平成14年)9月に金正日が拉致実行を認めたあとで同年10月19日に当時官房副長官の安倍晋三が土井たか子・菅直人を名指しで「極めてマヌケな議員」と批判するなど、署名した国会議員は自民党や共産党から非難された。菅直人は「釈放を要望した人物の中に辛光洙がいるとは知りませんでした。そんな嘆願書に署名したのは私の不注意ですので、今は率直にお詫びしたい」 と謝罪した。公明党は、釈放要求の対象は学園浸透スパイ団事件の首謀者とされた徐勝・徐俊植兄弟で、当時の日本国内における拉致問題の認識は「北朝鮮工作員による拉致の疑い」という程度のもので、実行犯の氏名や犯行内容は全く認知されておらず、辛光洙の関与も明らかではなかったと抗弁し、また社民党も、1984年4月25日の衆議院外務委員会において、日本社会党の土井たか子議員が釈放について政府の尽力を求めたことに対し、安倍晋三の父である安倍晋太郎外務大臣(当時)が「内政干渉にわたらない範囲内で人道的配慮を韓国政府に絶えず求めていきたい」と答弁したことを指摘し、同罪であると反論した。一方、共産党は、要望書が提出される1年前の1988年(昭和63年)3月26日の参議院予算委員会において、共産党議員が辛光洙事件について質問しており、署名議員も予算委員として出席しており、当時、公明党が主張するように、署名した国会議員らがそうした事実や疑惑を知らなかったこと自体おかしな話であると批判している。また、共産党は自民党に対しては、自公連立友党の公明党議員の署名について言及しないのは二重基準として批判している。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 世耕弘成

    世耕弘成から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    学校法人近畿大学第4代理事長、自民党政務調査会長代理、自民党参議院政策審議会長、内閣官房副長官(第2次安倍内閣・第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣・第3次安倍第1次改造内閣、政務担当・参議院)等を歴任。世耕弘成 フレッシュアイペディアより)

  • 岩城光英

    岩城光英から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    法務大臣(第97代)、内閣官房副長官(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣・福田康夫改造内閣)、国土交通大臣政務官(第1次小泉第1次改造内閣)、参議院議院運営委員長(第61代)、自由民主党参議院政策審議会長、いわき市長(2期)、福島県議会議員(2期)、いわき市議会議員(2期)等を歴任した。岩城光英 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢鋭仁

    小沢鋭仁から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    2012年11月14日、民主党を離党して日本維新の会に合流する意向を表明した。11月19日には民主党に離党届を提出し、民主党は11月21日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とすることを決定した。閣僚経験のある民主党議員の維新の会への入党は、小沢が初めてである。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、小沢の離党を問題視した民主党幹事長・輿石東(参議院山梨県選挙区選出)の主導により、民主党は山梨1区に内閣官房副長官の斎藤勁を擁立。このため非自民票が分裂し、自民党新人の宮川典子に2万票超の大差で敗北。2000年の第42回衆議院議員総選挙以来、守り続けていた山梨1区で議席を失ったが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、7選した。選挙後、日本維新の会国会議員団国会対策委員長に就任。なお2013年時点で民主党の派閥「国家研」には引き続き籍を置いていた。小沢鋭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 福山哲郎

    福山哲郎から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    参議院環境委員長、参議院外交防衛委員長、参議院内閣委員会理事、民主党政策調査会長、民進党幹事長代理、外務副大臣、内閣官房副長官などを歴任。福山哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学政治経済学部

    早稲田大学政治経済学部から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    世耕弘成(参議院議員、経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣、内閣官房副長官ほか)早稲田大学政治経済学部 フレッシュアイペディアより)

  • 国家安全保障会議 (日本)

    国家安全保障会議 (日本)から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(政務、事務)、内閣危機管理監、国家安全保障局長、国家安全保障局次長((兼)内閣官房副長官補)、内閣情報官、内閣府政策統括官(防災担当、原子力防災担当)、警察庁警備局長、総務省総合通信基盤局長、消防庁次長、法務省入国管理局長、外務省総合外交政策局長、外務省北米局長、財務省大臣官房審議官、財務省関税局長、文部科学省大臣官房長、厚生労働省大臣官房審議官、農林水産省消費・安全局長、経済産業省貿易経済協力局長、資源エネルギー庁次長、国土交通省大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官、海上保安庁海上保安監、原子力規制庁次長、防衛省防衛政策局長、防衛省統合幕僚長、防衛省統合幕僚監部総括官国家安全保障会議 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 萩生田光一

    萩生田光一から見た内閣官房副長官内閣官房副長官

    内閣官房副長官(第3次安倍第1次改造内閣、第3次安倍第2次改造内閣、政務担当・衆議院)兼内閣人事局長(2代目)、文部科学大臣政務官(福田康夫改造内閣・麻生内閣)、自由民主党青年局長(第41代)、東京都議会議員(1期)、八王子市議会議員(3期)等を務めた。萩生田光一 フレッシュアイペディアより)

416件中 71 - 80件表示