46件中 11 - 20件表示
  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た竹下登

    政務担当の副長官は当選回数が少なく首相派閥から首相に近い側近政治家が任命されることが多い。閣僚経験者が就任する例もあるなど、かつての政務次官・副大臣に比べ重要なポストとみなされる。当職経験後に重要な役職を歴任することも多く、若手政治家の登竜門ポストとされている(のちに首相になった官房副長官は2011年現在で竹下登、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三、鳩山由紀夫の5人)。2011年には、大蔵大臣・財務大臣を歴任したベテラン政治家である藤井裕久、官房長官経験者である仙谷由人が就任するなど、官邸の機能強化の観点から異例の起用が相次いだ。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た事務次官

    内閣官房副長官は、内閣官房長官の職務を助け、命を受けて内閣官房の事務をつかさどり、及びあらかじめ内閣官房長官の定めるところにより内閣官房長官不在の場合その職務を代行する(内閣法14条第3項)。任命対象の資格要件や副長官相互間の職務分担は法令上は明確には規定されていないが、政務担当として衆議院議員と参議院議員から1人ずつの計2人が、事務担当として事務次官経験者等のキャリア官僚から1人が、それぞれ任命されるのが慣例となっている。認証官であり、副大臣と同等の待遇(中央省庁改編前は政務次官待遇)を受ける。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た中央省庁再編

    事務担当の副長官は、中央省庁再編以前は旧内務省系官庁のうち警察庁、旧自治省、旧厚生省の事務次官等経験者から任命されるのが慣例となっており、省庁再編後も概ね踏襲されてきた。一方で第1次安倍内閣では的場順三(旧大蔵省出身で国土事務次官経験者)が、野田内閣では竹歳誠(旧建設省出身で国土交通事務次官経験者)が、第2次安倍内閣では杉田和博(警察庁出身だが、警察庁警備局長経験者)が就任するなど近年では慣例にとらわれない起用もなされている。各省間の調整を主な職務としており、次官連絡会議(旧事務次官等会議)を運営している。そのため、事務担当副長官は官僚機構の頂点とみなされている。内閣を超えて長期間在任する例も多く、例えば石原信雄は自民党政権、非自民連立政権、自社さ政権にまたがって在任した。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た内閣府

    2001年(平成13年)1月6日 - 内閣法の一部改正により、いわゆる認証官になり、その任免は天皇から認証される。中央省庁再編に伴い、総理府に引き続き内閣府(大臣庁等を除く)の総括整理の補佐を担当する。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た内閣法

    内閣官房副長官(ないかくかんぼうふくちょうかん、Deputy Chief Cabinet Secretary)は、内閣官房長官を補佐する特別職の国家公務員。1998年7月より定員は3人(内閣法規定)。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た認証官

    内閣官房副長官は、内閣官房長官の職務を助け、命を受けて内閣官房の事務をつかさどり、及びあらかじめ内閣官房長官の定めるところにより内閣官房長官不在の場合その職務を代行する(内閣法14条第3項)。任命対象の資格要件や副長官相互間の職務分担は法令上は明確には規定されていないが、政務担当として衆議院議員と参議院議員から1人ずつの計2人が、事務担当として事務次官経験者等のキャリア官僚から1人が、それぞれ任命されるのが慣例となっている。認証官であり、副大臣と同等の待遇(中央省庁改編前は政務次官待遇)を受ける。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た内閣官房長官

    内閣官房副長官(ないかくかんぼうふくちょうかん、Deputy Chief Cabinet Secretary)は、内閣官房長官を補佐する特別職の国家公務員。1998年7月より定員は3人(内閣法規定)。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た第1次安倍内閣

    事務担当の副長官は、中央省庁再編以前は旧内務省系官庁のうち警察庁、旧自治省、旧厚生省の事務次官等経験者から任命されるのが慣例となっており、省庁再編後も概ね踏襲されてきた。一方で第1次安倍内閣では的場順三(旧大蔵省出身で国土事務次官経験者)が、野田内閣では竹歳誠(旧建設省出身で国土交通事務次官経験者)が、第2次安倍内閣では杉田和博(警察庁出身だが、警察庁警備局長経験者)が就任するなど近年では慣例にとらわれない起用もなされている。各省間の調整を主な職務としており、次官連絡会議(旧事務次官等会議)を運営している。そのため、事務担当副長官は官僚機構の頂点とみなされている。内閣を超えて長期間在任する例も多く、例えば石原信雄は自民党政権、非自民連立政権、自社さ政権にまたがって在任した。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た衆議院議員

    内閣官房副長官は、内閣官房長官の職務を助け、命を受けて内閣官房の事務をつかさどり、及びあらかじめ内閣官房長官の定めるところにより内閣官房長官不在の場合その職務を代行する(内閣法14条第3項)。任命対象の資格要件や副長官相互間の職務分担は法令上は明確には規定されていないが、政務担当として衆議院議員と参議院議員から1人ずつの計2人が、事務担当として事務次官経験者等のキャリア官僚から1人が、それぞれ任命されるのが慣例となっている。認証官であり、副大臣と同等の待遇(中央省庁改編前は政務次官待遇)を受ける。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た財務大臣

    政務担当の副長官は当選回数が少なく首相派閥から首相に近い側近政治家が任命されることが多い。閣僚経験者が就任する例もあるなど、かつての政務次官・副大臣に比べ重要なポストとみなされる。当職経験後に重要な役職を歴任することも多く、若手政治家の登竜門ポストとされている(のちに首相になった官房副長官は2011年現在で竹下登、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三、鳩山由紀夫の5人)。2011年には、大蔵大臣・財務大臣を歴任したベテラン政治家である藤井裕久、官房長官経験者である仙谷由人が就任するなど、官邸の機能強化の観点から異例の起用が相次いだ。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示