日本の気象 ニュース&Wiki etc.

気象(きしょう)は、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「気象」のつながり調べ

  • ゲリラ豪雨

    ゲリラ豪雨から見た気象

    ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)とは、正式な気象用語ではないが、おおかた「集中豪雨」と同義で、大気の不安定により突発的で天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨を指す。従来から使用されていた「驟雨(にわか雨)」や集中豪雨、夕立といった言葉をマスメディアなどが代用した表現で、2008年には新語・流行語大賞トップ10に選出されている。局地豪雨、ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もある。(ゲリラ豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータから見た気象

    スーパーコンピュータは、高度な演算を必要とする計算処理に使用され、その計算処理には量子力学、天気予報、気象研究、計算化学(構造体、化合物、生物学上の高分子、ポリマー、結晶などの性質の計算)、物理的なシミュレーション(航空機の風洞シミュレーション、核兵器の爆発シミュレーション、核融合の研究)などがある。特に国家プロジェクトと呼ばれるものでは、完全な解決のためには非常に莫大な計算資源を要求するものもある。(スーパーコンピュータ フレッシュアイペディアより)

「気象」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本の気象」のニューストピックワード