前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
399件中 1 - 10件表示
  • 三宅誠

    三宅誠から見た気象気象

    スポーツと気象の相関に着目したコンテンツビジネスを展開し、TVスポーツ中継では気象データを解析したライブ素材の提供をはじめ、スポーツ競技と気象を分析するデータサイエンスを展開し、特に今まで観測することができなかったスポーツ選手付近の空間を流体解析により「リアルタイムの風」として可視化することを実現した。三宅誠 フレッシュアイペディアより)

  • 塵旋風

    塵旋風から見た気象現象気象

    塵旋風(じんせんぷう)とは、地表付近の大気が渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風(せんぷう、つむじかぜ)や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビル(Dust devil)と呼ばれる。竜巻と誤認されることがあるが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。塵旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 船

    から見た気象気象

    灯台放送とも呼ばれる。灯台などの航路標識事務所が気象・海象情報を送信している。 フレッシュアイペディアより)

  • 気象観測

    気象観測から見た気象気象

    気象観測(きしょうかんそく、)は、気象現象の観測を行うこと全般を指す語。気象学の研究において基礎となる手法であり、人類史の中では、古代の自然現象観測から始まり、現在では地球内外のあらゆる場所で行われている。気象観測 フレッシュアイペディアより)

  • 国家海洋局

    国家海洋局から見た気象気象

    1956年、国務院に科学規劃委員会(現在の科学技術部)が新設され、沿岸・海洋管理を担当する部所として同委員会の内部部局に海洋組(海洋グループ)が組織された。海洋組は、物理・深海遠洋・水文気象・化学・生物・地質地形・観測機器の7個の専門小組(専門小グループ)から構成されていた。国家海洋局 フレッシュアイペディアより)

  • 気候モデル

    気候モデルから見た気象気象

    気候モデルは、過去の気象観測結果に基づいて、物理法則にしたがって将来の気象現象や気候要素を再現する。気候変動を予測することによって人類への悪影響を軽減することが最終的な目的となるので、できるだけ精度を高めなければいけないとされる。しかし、精密な気象観測結果が得られるのは過去90年間程度であり、ある程度の限界がある。また、文献や地質学的調査をもとにした過去の気象を参考にすることもできるが、あまり高い精度は期待できない。気候モデル フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見た気象気象

    大気化学(たいきかがく、英語:atmospheric chemistry)とは、大気中の化学物質の挙動や気象現象との関連を扱う学問分野である。関係の深い分野には物理学、気象学、コンピューターモデリング、海洋学、地質学、火山学などがある。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • 風雨

    風雨から見た気象気象

    風雨(ふうう)とは、風と雨とを指す語。雨風(あめかぜ)とおよそ同義であるが、日本の気象用語としても使われる前者、使われない後者という違いはある。また後者は、「雨まじりの風」という、風を主体とした意味で用いられることもある。風雨 フレッシュアイペディアより)

  • 天文現象

    天文現象から見た気象気象

    これらは観天望気の対象であったが後に気象とは区別されて天体観測が専らとなり、特に惑星の運行は洋の西と東を問わず天文学者により詳細に調べられた。望遠鏡の発明により太陽や月以外も明確に天体として認識されるようになると、物理学の一分野として発展を遂げ(→天体物理学)、以降の天文学は恒星を含む宇宙の諸現象を研究する自然科学の分野となった。一方の卜占からは学問的な裏付けが排除されたが、信仰や迷信の一部として現代でも広く残る。天文現象 フレッシュアイペディアより)

  • 今出東二

    今出東二から見た気象気象

    子どもでも簡単に屋根へ上がれる構造の実家で過ごした幼少期に、屋根から空や雲の様子を見ることを通じて、気象に興味を持つ。中学3年生の時には、「授業で学んだ天気図を本格的に描きたい」という思いから、通っていた中学校で気象クラブを創設。夏季休暇中に学校へ泊まり込むほど、気象の観測や天気図の作成に勤しんだ。今出東二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
399件中 1 - 10件表示

「日本の気象」のニューストピックワード