前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
348件中 1 - 10件表示
  • 塵旋風

    塵旋風から見た気象現象気象

    塵旋風(じんせんぷう)とは、地表付近の大気が渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風(せんぷう、つむじかぜ)や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビルと呼ばれる。竜巻と似ていることから誤認されることも多いが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。塵旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 気候モデル

    気候モデルから見た気象気象

    気候モデルは、過去の気象観測結果に基づいて、物理法則にしたがって将来の気象現象や気候要素を再現する。気候変動を予測することによって人類への悪影響を軽減することが最終的な目的となるので、できるだけ精度を高めなければいけないとされる。しかし、精密な気象観測結果が得られるのは過去90年間程度であり、ある程度の限界がある。また、文献や地質学的調査をもとにした過去の気象を参考にすることもできるが、あまり高い精度は期待できない。気候モデル フレッシュアイペディアより)

  • 江島 (宮城県)

    江島 (宮城県)から見た気象気象

    黒潮の影響を強く受けるため、本土に比べて温暖である。雪はほとんど降らない。周囲は、陸地から離れ、海流が強く、外洋に面して水深が深く、本土側も含め人の生活圏からも遠いので水質が良く、良い漁場となっている。気象のアメダス観測を行っており、宮城県各放送局の気象情報ではおなじみの場所である(特に、宮城県随一の強風地点としてよく紹介される)。江島 (宮城県) フレッシュアイペディアより)

  • 気象観測

    気象観測から見た気象気象

    気象観測(きしょうかんそく、)は、気象現象の観測を行うこと全般を指す語。気象学の研究において基礎となる手法であり、人類史の中では、古代の自然現象観測から始まり、現在では地球内外のあらゆる場所で行われている。気象観測 フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見た気象気象

    大気化学(たいきかがく、英語:atmospheric chemistry)とは、大気中の化学物質の挙動や気象現象との関連を扱う学問分野である。関係の深い分野には物理学、気象学、コンピューターモデリング、海洋学、地質学、火山学などがある。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • 気象学

    気象学から見た気象気象

    気象学(きしょうがく、meteorology)は、地球の大気で起こる諸現象(気象)や個々の流体現象を研究する学問。自然科学あるいは地球科学の一分野。気象学 フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見た気象気象

    気象を自由に制御する能力を持っただだんだん。口から黒雲を発生させ、背中のランドセル型のエンジンには、空を飛ぶジェット噴射や気象を変化させるメカが組み入れられている。腕部を伸縮させたり、回転させたりして攻撃する。ホラーマンがボタンを押すと、雷に直撃されてしまう。吹雪でサンタクロースをクリスマスの谷に釘付けにし、プレゼントを奪う作戦に使用された。赤鼻のトナカイ・チャッピーとクリームパンダにプレゼントを奪還され、さらにロールパンナのローリングハリケーンで黒雲を取り払われた挙句、アンパンマン・カレーパンマン・しょくぱんまんのトリプルパンチでバラバラにされてしまった。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

  • 山

    から見た気象気象

    山の気候は平地と大きく異なる。山では気象が変化しやすく、風も強く、降水量も多い。それは地上に近いほど気温が高くなり、遠いほど寒くなる。山は起伏が激しいためその暖かい空気と寒い空気が混じりあい、雲が発生しやすいためである。また、標高が100m上昇するごとに気温は0.6度(摂氏)低くなるとされており、気温も低い。そのため、標高が高くなれば植生や生態系も異なってくる。特に海抜数千メートルの高山では気象環境は過酷であり、そのような環境に適応した特殊な植物・動物が生息している。これを高山植物・高山動物という。 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省

    国土交通省から見た気象気象

    上記の国土交通省設置法第3条に示された任務を達成するため、国土計画、都市、道路、建築物、住宅、河川、港湾、官庁営繕、国土の測量、交通・観光政策、気象業務、防災対策、周辺海域の治安・安全確保など、国土・交通・社会資本整備に関する事項を管轄する。国土交通省 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川岳

    谷川岳から見た気象気象

    谷川岳の気象の厳しさから標高1,500m付近が森林限界となりその上では笹原が広がり視界が開ける。そのなかで(特に稜線近くでは)、比較的低い標高でも高山植物が観察でき、首都圏から近いこともあって多くの登山者が訪れている。中には気軽に訪れる者も少なくなく、急激な気象の変化による遭難が後を絶たない。谷川岳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
348件中 1 - 10件表示

「日本の気象」のニューストピックワード