348件中 91 - 100件表示
  • スコールライン

    スコールラインから見た気象気象

    スコールライン (squall line) とは、気象用語のひとつで、寒冷前線に先駆けてやってくる、激しい気象現象をもたらす小規模な前線。日本では不安定線(ふあんていせん)とも呼ばれる。スコールライン フレッシュアイペディアより)

  • ハイ・ウォーター計画

    ハイ・ウォーター計画から見た気象気象

    アメリカが新規に開発した大型ロケット、サターンI の発射実験に付属したもので、ロケットの上段に大量の水を搭載して宇宙空間に散布し、通信や気象への影響を調べるというものであった。ハイ・ウォーター計画 フレッシュアイペディアより)

  • 浮体式洋上風力発電

    浮体式洋上風力発電から見た気象気象

    平成23?24年度 気象・海象調査、安全性調査、環境影響評価浮体式洋上風力発電 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大気研究センター

    アメリカ大気研究センターから見た気象気象

    気象学 - 短期予報。気象予報と予測可能性。気候に対する気象の効果。ハリケーンや竜巻などの激しい嵐。物理的過程。アメリカ大気研究センター フレッシュアイペディアより)

  • ウラジミール・ペーター・ケッペン

    ウラジミール・ペーター・ケッペンから見た気象気象

    実験物理学の進歩と電信の発明とは、気象の同時観測を可能にしており、ケッペンの生まれたころには世界各地に気象観測網がしかれていた。1870年代ころには、集積された観測データの活用が可能となっており、気候学も天気予報などを目的とする気象学から分化し、発達する前提条件が整えられつつあったのである。ウラジミール・ペーター・ケッペン フレッシュアイペディアより)

  • 移動平均

    移動平均から見た気象気象

    移動平均は、時系列データ(より一般的には時系列に限らず系列データ)を平滑化する手法である。金融(特にテクニカル分析)分野をはじめ、気象、水象などの計測分野で使われる。有限インパルス応答に対するローパスフィルタ(デジタルフィルタ)の一種であり、分野によっては移動積分とも呼ばれる。移動平均 フレッシュアイペディアより)

  • 大気拡散

    大気拡散から見た気象気象

    拡散幅σ 、 σ は気象条件によって左右される。大気拡散 フレッシュアイペディアより)

  • 萌えて覚えるシリーズ

    萌えて覚えるシリーズから見た気象気象

    日本気象萌協会編著、森田正光監修。表紙画は夢路キリコ。気象のしくみ編・予報と観測技術編・天気図の見方編・気象と物理学編の4部により構成される。巻末には気象予報士の活動の内容のほか国際記号一覧を収録。萌えて覚えるシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 雨温図

    雨温図から見た気象気象

    雨温図(うおんず、)とは、気象分野で用いられるある地域の降水量と気温をあらわすグラフ。降水量と気温のみを元に地域を分類するケッペンの気候区分でよく用いられる図法であり、主にある地域での月別平均降水量を棒グラフで表した表示と、月別平均気温を折れ線グラフで表した表示を重ね合わせる。気候=気温+降水量+(風)雨温図 フレッシュアイペディアより)

  • 気象制御

    気象制御から見た気象気象

    気象制御(きしょうせいぎょ、英語:weather control、weather modification)とは気象を人工的に操作したり制御したりすることである。気象改変、気象調節、気象コントロール、天候制御とも言う。気象制御 フレッシュアイペディアより)

348件中 91 - 100件表示

「日本の気象」のニューストピックワード