348件中 11 - 20件表示
  • 大気汚染

    大気汚染から見た気象気象

    輸送は地形や気象条件により大きく左右され、通常は風により拡散(大気拡散)されて発生源から離れるに従って濃度が下がっていく。大気汚染物質は概ね流体の渦や乱流運動的な拡散運動をすることが知られており、水平方向よりも鉛直方向の風が強いほど拡散しやすい。しかし、一定の条件下では汚染物質が滞留して高濃度汚染を引き起こす。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 船

    から見た気象気象

    航空機・鉄道と比べ気象による影響を比較的受けない フレッシュアイペディアより)

  • 石鎚山脈

    石鎚山脈から見た気象気象

    中国山地よりも標高が高いため、冬季には中国地方を乗り越えて来たシベリア気団による季節風が吹きつけ、気象は若干、日本海側との類似性を示す。そのため道前平野から新居浜平野が比較的温暖であっても、石鎚山脈の山々は雪を抱き、冷え込んだ朝には霧氷現象も見られる。石鎚山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 南藤蔓綿録

    南藤蔓綿録から見た気象気象

    著者は人吉藩の剣術師範であった梅山無一軒(実名:西源六郎昌盛)で、成立年は文化年間である。相良家に於ける政治、社会、文化のみならず、経済や交通、気象、災害、風俗、寺社及び仏像の縁起等にまで言及して記されている。文久2年(1862年)に藩内で起こった大火「寅助火事」により相良家の家記が消失した事を受け、同年 『探源記』、『嗣誠独集覧』などと共に、無一軒の孫である梅山昌寿により藩へと献上された。南藤蔓綿録 フレッシュアイペディアより)

  • 航空地方気象台

    航空地方気象台から見た気象気象

    航空地方気象台(こうくうちほうきしょうだい)とは、気象台の一種で、航空機の安全を図るために警報や飛行場予報を発表したり、空港の気象観測を行ったりしている。空港内に設置されている。航空地方気象台 フレッシュアイペディアより)

  • モジブ・ラティフ

    モジブ・ラティフから見た気象気象

    モジブ・ラティフ(Mojib Latif、1954年9月29日 - )はドイツ生まれのパキスタン系の気象学者、海洋学者である。過去の海洋気象を調査し、海流の動きには周期があることを発見したことなどで知られる。モジブ・ラティフ フレッシュアイペディアより)

  • ヘイズ (気象)

    ヘイズ (気象)から見た気象気象

    ヘイズ (haze) とは、現代の気象用語としては煙霧を意味する英語だが、伝統的には広く、靄、塵煙霧など、微粒子により視界が悪くなる大気現象全般を含む。原因は微細な水滴のほか、黄砂、工業などの煤煙、スモッグ、山火事・焼畑などがある。ヘイズ (気象) フレッシュアイペディアより)

  • 第11大栄丸

    第11大栄丸から見た気象気象

    第11大栄丸は、2009年4月14日の早朝、僚船と共に生月島の舘浦漁港を出航したが、九州南部を低気圧が通過中という気象条件下、平戸島西方沖の東シナ海で転覆。午前8時過ぎ頃に沈没した。乗組員は付近を航行していた僚船の第8大栄丸に8名が救助されるものの、行方不明者は漁労長、船長を含め12名を数えた。転覆の原因は、三角波やブローチングによるものではないかとの推測がなされている。第11大栄丸 フレッシュアイペディアより)

  • 無線局

    無線局から見た気象気象

    気象援助局 - ラジオゾンデ、気象用ラジオロボットなど、水象を含む気象上の観測及び調査のための無線通信業務を行う無線局無線局 フレッシュアイペディアより)

  • 気象研究所

    気象研究所から見た気象気象

    気象研究所(きしょうけんきゅうしょ)は気象庁の施設等機関である。気象・水象・地象に関する研究を行っている。気象研究所 フレッシュアイペディアより)

348件中 11 - 20件表示

「日本の気象」のニューストピックワード