399件中 11 - 20件表示
  • 作戦

    作戦から見た気象気象

    作戦計画の立案過程においてはまず戦略的または戦術的な状況判断と決心が行われる。その後に与えられた任務、我の保有する戦闘力、作戦地域の地形や気象、敵情などの情報を総合的に考慮して作戦見積(operational estimate)を行い、具体的な攻撃目標や陣地配置などが決められ、実施される。この一連の作戦指導の技術は作戦術(operational arts)と呼ばれる。概念的には戦闘は作戦に対する下位概念である。作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川岳

    谷川岳から見た気象気象

    気象の厳しさから標高1,500m付近が森林限界となり、その上からは笹原が広がり視界が開ける。このため、比較的低い標高(特に稜線付近)でも高山植物が観察できる。首都圏から近いこともあって多くの登山者が訪れている。谷川岳 フレッシュアイペディアより)

  • 井上栄一

    井上栄一から見た気象気象

    井上 栄一(いのうえ えいいち、1917年(大正6年)1月1日 - 1993年(平成5年)3月3日)は、日本の陸軍航空技術将校、科学記者、農林技官、気象学者、農業気象学者、微気象学者、理学博士。元農林省農業技術研究所物理統計部気象科科長、日本農業気象学会永年功労会員。井上栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 江島 (宮城県)

    江島 (宮城県)から見た気象気象

    黒潮の影響を強く受けるため、本土に比べて温暖である。雪はほとんど降らない。周囲は、陸地から離れ、海流が強く、外洋に面して水深が深く、本土側も含め人の生活圏からも遠いので水質が良く、良い漁場となっている。気象のアメダス観測を行っており、宮城県各放送局の気象情報ではおなじみの場所である(特に、宮城県随一の強風地点としてよく紹介される)。江島 (宮城県) フレッシュアイペディアより)

  • 路側放送

    路側放送から見た気象気象

    警視庁交通情報ラジオのジングルにはコッペリアのワルツの曲が使用されていた。国道・県道・市道等を問わずに設置されている。主に都市部で放送されており、放送地域周辺の渋滞情報、気象情報、交通規制情報などが放送されている。路側放送 フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染

    大気汚染から見た気象気象

    輸送は地形や気象条件により大きく左右され、通常は風により拡散(大気拡散)されて発生源から離れるに従って濃度が下がっていく。大気汚染物質は概ね流体の渦や乱流運動的な拡散運動をすることが知られており、水平方向よりも鉛直方向の風が強いほど拡散しやすい。しかし、一定の条件下では汚染物質が滞留して高濃度汚染を引き起こす。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • バイキンメカ

    バイキンメカから見た気象気象

    気象を自由に制御する能力を持っただだんだん。口から黒雲を発生させ、背中のランドセル型のエンジンには、空を飛ぶためのジェットエンジンや気象を変化させる機能を持ったパラボラアンテナが組み入れられている。腕部を伸縮させたり、回転させたりして攻撃する。ホラーマンがボタンを押すと、雷に直撃されてしまう。吹雪でサンタクロースをクリスマスの谷に釘付けにし、プレゼントを奪う作戦に使用された。赤鼻のトナカイ・チャッピーとクリームパンダにプレゼントを奪還され、さらにロールパンナのローリングハリケーンで黒雲を取り払われた挙句、アンパンマン・カレーパンマン・しょくぱんまんのトリプルパンチでバラバラにされてしまった。バイキンメカ フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省

    国土交通省から見た気象気象

    上記の国土交通省設置法第3条に示された任務を達成するため、国土計画、都市、道路、建築物、住宅、河川、港湾、官庁営繕、国土の測量、交通・観光政策、気象業務、災害対策、周辺海域の治安・安全確保など、国土・交通・社会資本整備に関する事項を管轄する。国土交通省 フレッシュアイペディアより)

  • 山

    から見た気象気象

    山の気候は平地と大きく異なる。山では気象が変化しやすく、風も強く、降水量も多い。それは地上に近いほど気温が高くなり、遠いほど寒くなる。山は起伏が激しいためその暖かい空気と寒い空気が混じりあい、雲が発生しやすいためである。また、標高が100m上昇するごとに気温は0.6度(摂氏)低くなるとされており、気温も低い。そのため、標高が高くなれば植生や生態系も異なってくる。特に海抜数千メートルの高山では気象環境は過酷であり、そのような環境に適応した特殊な植物・動物が生息している。これを高山植物・高山動物という。また、標高の高い山岳においては斜面に雨雲がぶつかるため、山麓に降雨をもたらすことが多い。この場合、山脈を越えた空気は乾燥することとなり、山の反対側にフェーン現象をもたらすことがある。また、海岸から高い山脈にさえぎられた反対側では山脈の方から吹き込む卓越風の風下となり、すでに水分のほとんどを雨として落としてしまっているため、極度に乾燥した気候となることがある。これを雨陰効果と呼び、タクラマカン砂漠やグレートベースンなどがこの要因によって砂漠となっている。逆に山岳の風上側においては乾燥地においても降雨をもたらすことはよくある。 フレッシュアイペディアより)

  • 上原光紀

    上原光紀から見た気象気象

    新潟県向けのニュース・気象情報、ラジオの「気象情報」など上原光紀 フレッシュアイペディアより)

399件中 11 - 20件表示

「日本の気象」のニューストピックワード