399件中 21 - 30件表示
  • 南藤蔓綿録

    南藤蔓綿録から見た気象気象

    著者は人吉藩の剣術師範であった梅山無一軒(実名:西源六郎昌盛)で、成立年は文化年間である。相良家に於ける政治、社会、文化のみならず、経済や交通、気象、災害、風俗、寺社及び仏像の縁起等にまで言及して記されている。文久2年(1862年)に藩内で起こった大火「寅助火事」により相良家の家記が消失した事を受け、同年 『探源記』、『嗣誠独集覧』などと共に、無一軒の孫である梅山昌寿により藩へと献上された。南藤蔓綿録 フレッシュアイペディアより)

  • 天気管

    天気管から見た気象気象

    天気管(てんきかん、StormGlass)とは、ガラス管に封入された液体に発生する結晶を観察し、天候の変化を予測する気象観測機器のことである。天気管 フレッシュアイペディアより)

  • 気象業務

    気象業務から見た気象気象

     気象、地象、地動及び水象の観測並びにその成果の収集及び発表気象業務 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙花火

    宇宙花火から見た気象気象

    高度300kmまでの中性・電離大気観測と気象・海洋現象の多波長撮影宇宙花火 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・アバークロンビー (気象学者)

    ラルフ・アバークロンビー (気象学者)から見た気象気象

    ロンドン貴族の長男として生まれ、1860年に陸軍へ入隊したが、虚弱体質であったため、1866年に退役した。その後、療養を兼ねた世界航海中に波や気象の観測をはじめ、気象学者としての道を歩んだ。1887年に低気圧、高気圧など7つの等圧線の基本型を提唱し、スウェーデンの気象学者ヒルデブランド・ヒルデブランドソンと共に国際雲級図の基礎を築いた。1897年、旅行先のシドニーで死去。ラルフ・アバークロンビー (気象学者) フレッシュアイペディアより)

  • 水象

    水象から見た気象気象

    水象(すいしょう)とは、気象又は地震に密接に関連する陸水及び海洋の諸現象をいう。水象 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘技術

    戦闘技術から見た気象気象

    射撃術は射撃、特に個人が拳銃・自動小銃・軽機関銃などの小火器を用いて行う射撃を効率的に統制する技術である。武器や戦場ごとに異なる気象・地形・距離・弾丸の初速・旋動などを考慮して照準を統制する技術が含まれる。戦闘技術 フレッシュアイペディアより)

  • 全球地球観測システム

    全球地球観測システムから見た気象気象

    気象:気象情報、予報及び警報の向上全球地球観測システム フレッシュアイペディアより)

  • バルチック海運指数

    バルチック海運指数から見た気象気象

    指数の変動要因としては海上荷動き量の他に、主要港湾における船腹の沖待ち増加を受けた滞船、荷役のためのインフラ能力の過不足、ハリケーンやモンスーンなど気象の影響などが挙げられる。バルチック海運指数 フレッシュアイペディアより)

  • 大気科学

    大気科学から見た気象気象

    大気科学(たいきかがく、英語:atmospheric sciences)とは、大気自体の組成や成り立ちおよび、大気に起こる現象やその仕組みを研究する学問である。地球科学の諸分野のうち、気象や気候などの大気現象を扱う気象学や気候学をまとめて指す用語として用いられる。大気科学 フレッシュアイペディアより)

399件中 21 - 30件表示

「日本の気象」のニューストピックワード