399件中 31 - 40件表示
  • レオン・ティスラン・ド・ボール

    レオン・ティスラン・ド・ボールから見た気象気象

    パリで生まれた。1892年から1896年の間、フランス政府の機関である国立気象管理センター(Bureau Central de Météorologie)の所長を務めた。退職後 Trappes に個人の気象観測所を作り、無人観測気球を使った高空の気象の実験を行った。高空の観測に無人気球をつかった最初の科学者となった。レオン・ティスラン・ド・ボール フレッシュアイペディアより)

  • 地上実況気象通報式

    地上実況気象通報式から見た気象気象

    地上実況気象通報式(ちじょうじっきょうきしょうつうほうしき、surface synoptic observations : SYNOP)とは、有人観測所や無人観測所からの気象観測結果の通報に使われている数値コード(WMOではFM-12と呼んでいる)である。通常は、3の倍数にあたる時間毎に通信網(有線通信・無線通信)を使って送られる。通報は、観測所の温度や気圧や視程といった一般的な気象情報を記述した数値(データが無ければスラッシュ)のグループで構成されている。地上実況気象通報式 フレッシュアイペディアより)

  • ハイ・ウォーター計画

    ハイ・ウォーター計画から見た気象気象

    アメリカが新規に開発した大型ロケット、サターンI の発射実験に付属したもので、ロケットの上段に大量の水を搭載して宇宙空間に散布し、通信や気象への影響を調べるというものであった。ハイ・ウォーター計画 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山検定

    富士山検定から見た気象気象

    自然・環境(地質、溶岩洞窟、樹海、湧水、富士五湖、植物、生物、天然記念物)、気象、歴史、文化・生活(伝説、修験道、富士講、富士山本宮浅間大社、文学、美術、重要文化財)、登山、観光・産業(交通、祭、名産品)の各分野から合計100問を出題。(3級および2級)富士山検定 フレッシュアイペディアより)

  • ドライライン

    ドライラインから見た気象気象

    ドライライン (dry line) は、気象用語のひとつで水蒸気前線の一種。乾燥線。ドライライン フレッシュアイペディアより)

  • 大気熱力学

    大気熱力学から見た気象気象

    大気熱力学(たいきねつりきがく、英語:atmospheric thermodynamics)とは、気象学(大気科学)の中でも、熱の働きが関与する気象を扱う学問である。気象熱力学ともいう。大気熱力学 フレッシュアイペディアより)

  • 海鳴り

    海鳴りから見た気象気象

    海鳴りが発生する時の気象や海況の特徴として、海岸部に比べて沖の方が荒れた天候であること、空が低い雲に覆われてどんよりとした天候であることが挙げられる。海鳴り フレッシュアイペディアより)

  • ロケットゾンデ

    ロケットゾンデから見た気象気象

    ロケットゾンデとは、上空約60kmくらいまでの大気高層の気象を観測するために、観測ロケットで飛ばされる無線機付き測定器。ロケットゾンデ フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染注意報

    大気汚染注意報から見た気象気象

    同法同条では、このような情報の発表時、ばい煙や揮発性有機化合物を排出している者(事業者、乗用車の使用者・運転者など)に排出制限などの自主的な行動をとってもらうよう協力を求められるとしている。また、気象状況などにより汚染が急激に悪化して、健康への悪影響が懸念されるときには、排出制限などの強制力のある措置を命じることができるほか、各都道府県の公安委員会に道路交通法(4条、110条2)に基づく交通規制を要請できるとしている。これに加え、各都道府県では大気汚染緊急時措置として詳細な行動を定めている。大気汚染注意報 フレッシュアイペディアより)

  • 全天候型

    全天候型から見た気象気象

    全天候型(ぜんてんこうがた、)は、様々な気象条件下での使用に対応できるように、耐水性、耐熱性、耐衝撃性などを備えていたり、昼夜を問わずに使用できるといった性質を持つ製品や原材料の総称。全天候型 フレッシュアイペディアより)

399件中 31 - 40件表示

「日本の気象」のニューストピックワード