399件中 41 - 50件表示
  • マーズ・ポーラー・ランダー

    マーズ・ポーラー・ランダーから見た気象気象

    MPLは火星の軌道上から投下されて地面に突き刺さるディープ・スペース2号と呼ばれる小型探査機も搭載していた。これらの2つの探査機は、火星の気象、気候と、大気中の水と二酸化炭素の量を観測することにより、火星の揮発性物質 (:en:volatile) の蓄積、振舞い、大気内での役割を調べ、長期的で間欠的な気候の変化の痕跡について調査するはずだった。しかし、火星の大気へと突入する前に交信不能となり、MPL本体とともに失われた。マーズ・ポーラー・ランダー フレッシュアイペディアより)

  • 萌えて覚えるシリーズ

    萌えて覚えるシリーズから見た気象気象

    日本気象萌協会編著、森田正光監修。表紙画は夢路キリコ。気象のしくみ編・予報と観測技術編・天気図の見方編・気象と物理学編の4部により構成される。巻末には気象予報士の活動の内容のほか国際記号一覧を収録。萌えて覚えるシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大分地方気象台

    大分地方気象台から見た気象気象

    福岡管区気象台の管轄下で、大分県の陸上及び沿岸海域における以下の気象業務を行っている。大分地方気象台 フレッシュアイペディアより)

  • 対流圏界面

    対流圏界面から見た気象気象

    対流圏は地球の大気層の中で最も下にあり、気象現象の起こる層である。地表から始まり、高さの範囲は平均して両極では6km、赤道では17kmほどである。成層圏は赤道ではだいたい17kmの高度から始まり、50kmほどまでである。オゾン層の存在する場所でもある。赤道の上空で最も高く、南極や北極の上空で最も低い。(近年の観測では赤道近傍において南北に高度が増加するU字型の構造をとることが明らかとなっている。)このため、大気圏で最も冷たい層は、赤道上空の約17kmの場所である。対流圏界面には、赤道対流圏界面と極対流圏界面の2つのタイプがある。対流圏界面 フレッシュアイペディアより)

  • 路線

    路線から見た気象気象

    陸上交通では、道路や鉄道など実体がある施設の上を運行する。航空や海運では、何もない空中や水面を運航するため、同じ「路線」であっても、気象状態などにより、実際に通過する線は同じとは限らない。路線 フレッシュアイペディアより)

  • 環境改変技術

    環境改変技術から見た気象気象

    自然界の諸現象を故意に変更する技術。例えば地震や津波を人工的に起したり台風やハリケーンの方向を変える、また、人為的に気象を操作する技術(気象制御)。環境改変技術 フレッシュアイペディアより)

  • 順応

    順応から見た気象気象

    気温の変動、水や食料の入手状況、その他のストレスを生き延びられるようにする過程である。季節的な気象(climate)と関係していることが多い。順応 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞兆

    瑞兆から見た気象気象

    瑞兆(ずいちょう)は、良い事が起こる前兆。吉兆。吉事の前兆を示唆するとされる気象、品物、事象など。逆は凶兆。瑞兆 フレッシュアイペディアより)

  • アラトス

    アラトスから見た気象気象

    代表作は、『現象』で、これは、エウドクソスの星座と気象に関する著書を、韻文の詩に書き改めたものと考えられている。『現象』は、現代に通じる星座に関するまとまった記述としては最も古いものである。アラトスは天文学には詳しくなかったので、記述には明らかな誤認も含んでいるが、天文学史的には重要な書物である。アラトス フレッシュアイペディアより)

  • 第11大栄丸

    第11大栄丸から見た気象気象

    第11大栄丸は、2009年4月14日の早朝、僚船と共に生月島の舘浦漁港を出航したが、九州南部を低気圧が通過中という気象条件下、平戸島西方沖の東シナ海で転覆。午前8時過ぎ頃に沈没した。乗組員は付近を航行していた僚船の第8大栄丸に8名が救助されるものの、行方不明者は漁労長、船長を含め12名を数えた。転覆の原因は、三角波やブローチングによるものではないかとの推測がなされている。第11大栄丸 フレッシュアイペディアより)

399件中 41 - 50件表示

「日本の気象」のニューストピックワード