399件中 51 - 60件表示
  • 体感温度

    体感温度から見た気象気象

    ただし体感温度は、以下で示す湿度・風速・日照量といった気象・環境条件の他に、服装・代謝量・年齢・性別・健康状態等、人体条件の影響も受けるため、その感覚は千差万別である。また、しばしば簡潔な算出式が使われるため、誤差なく表せる範囲にも限界がある。これらの理由で、目的や適用範囲に違いのある多くの指標がある(たとえば、高温のストレスを表すための指標であるヒートインデックスを、低温のストレスを判断するために用いることはできない)。体感温度 フレッシュアイペディアより)

  • リンドバーグ (漫画)

    リンドバーグ (漫画)から見た気象気象

    飛行以外に天文、気象、歴史についても研究していた。リンドバーグ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • アンリ=ルイ・デュアメル・デュ・モンソー

    アンリ=ルイ・デュアメル・デュ・モンソーから見た気象気象

    ピティヴィエ(Pithiviers)で貴族の家に生まれた。植物学に興味があったが、父親の希望で法律を学んだ。広い屋敷を持ち、その庭を実験農場にして、園芸学や農学、森林学の実験を行ない、多くの論文を発表した。1728年にフランス科学アカデミーの委託を受けて、ガティネのサフラン栽培の病害の原因を調査し、土壌中でサフランに寄生する菌類、リゾクトニア(Rhizoctonia)にあることを発見した。その後も、穀類の病理学を研究し、ビュフォンと協力し、樹木の生長についても研究した。1736年には、当時異なる物質だとは考えられていなかったカリウムとナトリウムの差異を示す論文を発表している。1740年から農業生産に影響する気象の問題を研究した。アンリ=ルイ・デュアメル・デュ・モンソー フレッシュアイペディアより)

  • エルヴィン・クニッピング

    エルヴィン・クニッピングから見た気象気象

    1876年、逓信局で日本の船員を教育することになったが、船舶から収集した気象報告や、地方測候所、灯台にある気象の資料を基に調査をし、暴風を知らせる暴風警報を促進する建白書を明治政府に提出した。1881年に内務省のお雇い外国人となり、1882年に東京気象台に入社。1883年5月26日には日本で初めての暴風警報を発令し、同年6月1日に日本で初めての天気予報を行った。エルヴィン・クニッピング フレッシュアイペディアより)

  • 関西航空地方気象台

    関西航空地方気象台から見た気象気象

    所在地は大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1番地。主に関西空港を利用する航空機の安全のために、空港やその周辺の気象を予測して飛行場予報などを発表したり、関西進入管制区をカバーする空域の悪天予想図を発表したりしている。関西空港だけでなく、後述の出張所の所在する空港の一部に対しても飛行場予報などを発表している。また、国内外の気象台が発表する予想天気図 などの気象資料を収集し、関西空港から出発する航空機に提供している。関西航空地方気象台 フレッシュアイペディアより)

  • エマグラム

    エマグラムから見た気象気象

    エマグラム()は、気象に用いられる断熱図(熱力学ダイアグラム)の1つであり、横軸に気温を常数目盛で、縦軸に気圧を対数目盛でとったグラフ上に、ある地点の上空の気圧と気温および露点の関係をプロットしたものである。ある地点の上空における大気の安定度を評価するために用いられる。エマグラム フレッシュアイペディアより)

  • 語彙

    語彙から見た気象気象

    一般に、「目」「手」「足」などの身体語、「父」「母」「娘」などの親族語、食べ物、動物、気象などに関する身近な名詞、ごく基本的な動詞や形容詞、数詞などが基礎語彙として扱われる。語彙 フレッシュアイペディアより)

  • メイストーム

    メイストームから見た気象現象気象

    メイストームとは、日本においてその名の通り4月後半から5月にかけて、主に温帯低気圧の急速な発達により大風が吹く気象現象のこと。ただしこの語は和製英語である。メイストーム フレッシュアイペディアより)

  • 津村書店

    津村書店から見た気象気象

    津村書店(つむらしょてん)は、気象資料を専門的に扱う日本の書店。店主は津村幸雄。津村書店 フレッシュアイペディアより)

  • 海戦術

    海戦術から見た気象気象

    海象・気象 - 海象とは海洋の状況であり、気象とは大気の状況である。艦隊の運動に大きく影響する。海戦術 フレッシュアイペディアより)

399件中 51 - 60件表示

「日本の気象」のニューストピックワード