399件中 61 - 70件表示
  • 航空戦術

    航空戦術から見た気象気象

    航空戦略的に空軍力の優位は偏在性、行動距離、移動速度、突破力、打撃力、運用の柔軟性などが挙げられる。特に空中という空間を活用することにより地理的な制約を受けない作戦行動が可能であることは最大の特徴でもある。航空戦術とはこの空軍力を戦術的に運用する戦術である。その作戦領域は空中であり、これは気象地象が影響している三次元の立体空間であるが、その戦術は気象、航空力学の原理、さらに航空機の性能・兵装によって規定される。航空戦術 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄塔

    鉄塔から見た気象気象

    一体型送電線やアンテナの支持(携帯電話などの基地局、放送局の送信所など)、気象の観測、灯台、消防の望楼などに用いられる。放送用の大型の鉄塔はデザインにも配慮して作られ、観光地となっている所も多い。鉄塔 フレッシュアイペディアより)

  • 囲い罠

    囲い罠から見た気象気象

    箱罠や括り罠といった基本的に一個体しか捕獲できない罠と異なり、囲い罠は一度に大量の動物を捕獲することが可能で優れた捕獲効率を示す。北海道の洞爺湖中島では囲い罠によってエゾシカを一度に100頭以上捕獲することに成功している。そうしたメリットがある一方で、囲い罠自体や誘因に用いる大量の餌が高額となりコストが高く、設置にも時間や人力を浪費し、広い場所が必要となるなどデメリットも多く指摘されている。アルパインキャプチャーを利用することで簡便性はある程度向上されるが、アルパインキャプチャーは雨風や雪に弱く気象に左右される問題がある。また、箱罠と同様に捕獲や保定によるストレスで捕獲性筋疾患を発症したりするほか、囲い罠内で動物が暴れまわり怪我をするなどして結果的にその動物が死亡する事例も報告されている。囲い罠 フレッシュアイペディアより)

  • 矢吹陸軍飛行場

    矢吹陸軍飛行場から見た気象気象

    昭和初期、航空機に対する内外の関心が高まる中、矢吹ヶ原に草を刈って整地しただけの簡易的な飛行場が建設された。福島県で初の飛行場である。地元住民の勤労奉仕により滑走路が整備され、1932年から1934年にかけて、海軍機及び陸軍機が度々飛来するようになった。当飛行場は陸軍の飛行場建設候補地となり、用地や気象の調査が繰り返し行われるようになった。1937年に日中戦争(支那事変)が勃発すると、正式に陸軍の所属となり、熊谷陸軍飛行学校矢吹分教所として操縦要員の養成が開始された。太平洋戦争(大東亜戦争)の勃発で、1943年頃から専ら特攻隊員の養成が行われるようになり、隊員はじめ軍人が多数来町、訓練を終えた隊員が多数戦場へ飛び立つようになった。終戦直前に飛行場は米軍の爆撃により破壊された。全国でもまれに見る小規模自治体の空襲被災であり、戦後、この地からは多くの不発弾が発見された。このような経緯から、現在でも地元の住民はこの地域を「飛行場」と呼ぶことがある。矢吹陸軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 理科年表

    理科年表から見た気象気象

    暦部、天文部、気象部、物理/化学部、地学部、生物部、環境部、附録により構成される。生物部は1984年度版から、環境部は2005年度版から追加された。理科年表 フレッシュアイペディアより)

  • ふわふわ科学

    ふわふわ科学から見た気象気象

    サイエンスラボに参加する望空をはじめ5人の女子学生が科学実験などを通じ、電磁石や酸化、気象など身近な科学の知識を深めていく。1巻帯のキャッチコピーは、『萌えて科学にもつよくなる! 勉強机に置いていても、きっと怒られない科学4コマ』。ふわふわ科学 フレッシュアイペディアより)

  • 治山

    治山から見た気象気象

    荒廃が進んだ火山周辺、地すべり地帯、断層が集中している地域、変成岩が分布する地域など脆弱な地質条件を持ち、慢性的に斜面崩壊が発生しやすい山腹や渓流内で事業化される。個別の事業箇所は、急傾斜や気象条件が厳しい・事業箇所への交通が不便などの制約があり、1年ごとに緑化や植栽を行い、次年度工事の足がかりとなる谷止工や土留工を造るといった工事となるため、数年(民家の裏山規模)から百年(足尾銅山被害地など)といったスケールの工事となる。民有地(都道府県・市町村有林も含む)は、補助事業で都道府県が実施するが、国有地(国有林)や規模の大きい被災地などは、直轄事業として国が実施する。治山 フレッシュアイペディアより)

  • 環境負荷

    環境負荷から見た気象気象

    環境負荷には、人的に発生するもの(廃棄物、公害、土地開発、干拓、戦争、人口増加など)があり、自然的に発生するもの(気象、地震、火山など)も環境負荷を与える一因である。環境負荷 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立気象局

    アメリカ国立気象局から見た気象気象

    日本語圏では、(NOAAの一部局としての) 気象業務部、国家気象局、また単に国立気象局と呼称されることもある。かつて米国内では、気象局 (Weather Bureau) の名で知られた。「米国民の生命や財産を保護し、国家経済の増進を図るため、合衆国領土とその周辺水域および海域における気象・水文・気候の予報や警報を提供すること」を任務とする。本部所在地はメリーランド州シルバースプリング。アメリカ国立気象局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大気研究センター

    アメリカ大気研究センターから見た気象気象

    気象学 - 短期予報。気象予報と予測可能性。気候に対する気象の効果。ハリケーンや竜巻などの激しい嵐。物理的過程。アメリカ大気研究センター フレッシュアイペディアより)

399件中 61 - 70件表示

「日本の気象」のニューストピックワード