348件中 61 - 70件表示
  • 共勝丸

    共勝丸から見た気象気象

    運航はあくまでも貨物優先であり、気象条件によっては到着まで大幅な遅延が発生する場合もある。主機関の出力は約2,000psと沿岸航海の貨物船に較べ高いが、黒潮の影響を受けるため通常運航でもスピードが11ノット前後(おがさわら丸は22.5ノット)であるほか、おがさわら丸が直線的な航路をとるのに対し伊豆諸島の島づたいに航行するため時間がかかる。東京 - 父島間の通常の所要時間は46時間程度(東京10時ごろ出港 → 翌々日8 - 10時ごろ父島二見港入港)であるが、気象条件によっては大幅に遅延することもある。共勝丸 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮博覧会

    朝鮮博覧会から見た気象気象

    各時代の朝鮮の美術工芸品の展示。帝展の名作や鮮展第1回から7回の入選作品の展示。古墳、名勝、天然記念物保護に関する展示や気象観測、考古学の展示もされていた朝鮮博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア水文気象環境監視局

    ロシア水文気象環境監視局から見た気象気象

    ロシア連邦水文気象環境監視局 (ろしあれんぽうすいもんきしょうかんきょうかんしきょく、、) は、気象・水文・環境に関するロシア連邦政府の行政機関で、ロシア天然資源・環境省の下位機関の一つ。1849年創立の中央物理天文台 () を起源とする。ロシア水文気象環境監視局 フレッシュアイペディアより)

  • 国立清水海上技術短期大学校

    国立清水海上技術短期大学校から見た気象気象

    「海洋気象」 -気象や海象の知識。国立清水海上技術短期大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 気候変動

    気候変動から見た気象気象

    気象はカオスで力学的に非線形ということが知られている。気候(平均的な気象)はこのようなシステムなため、明らかにすることは難しい。過去40万年に限っては、地球軌道の様々な要素変化に対応して氷床コアの記録に大きく揺れ動く周期が見られるように、非カオス的な現象を示す。しかし、短期的に大きく変化する現象はカオスとして表現されるのがふさわしい。そのような変化は現在の気候状態では起こっていないように見える。気候変動 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空貨物機失踪事件

    全日空貨物機失踪事件から見た気象気象

    当時の航空機にはコックピットボイスレコーダーなどの記録機器が搭載されていなかったため、事故原因は不明であった。しかし事故当日は気象状態が悪く、事故機も予定では東京から大阪へ飛行し、折り返し午前3時ごろに大阪を離陸するはずであったが、激しい雷雨のため離陸が遅れていた。全日空貨物機失踪事件 フレッシュアイペディアより)

  • 放電索

    放電索から見た気象気象

    気象条件によっては放電索を備えていても機体表面の電位差を持つ部分にコロナ放電が発生する。操縦席風防などにも発生し、青白い光(セントエルモの火)として観察される。放電索 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2011年 7月

    訃報 2011年 7月から見た気象気象

    7月18日 - 宮沢清治、日本の気象解説者、元神戸海洋気象台長(* 1923年)訃報 2011年 7月 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・アバークロンビー (気象学者)

    ラルフ・アバークロンビー (気象学者)から見た気象気象

    ロンドン貴族の長男として生まれ、1860年に陸軍へ入隊したが、虚弱体質であったため、1866年に退役した。その後、療養を兼ねた世界航海中に波や気象の観測をはじめ、気象学者としての道を歩んだ。1887年に低気圧、高気圧など7つの等圧線の基本型を提唱し、スウェーデンの気象学者ヒルデブランド・ヒルデブランドソンと共に国際雲級図の基礎を築いた。1897年、旅行先のシドニーで死去。ラルフ・アバークロンビー (気象学者) フレッシュアイペディアより)

  • 晴れ

    晴れから見た気象気象

    晴れ(はれ、英語:)は、大気がある天体における気象状態の一つであり、基本的に、雲が少ないか全く無い空の状態を指す。日本語としての最狭義では地球でのそれのみを指す。晴れ フレッシュアイペディアより)

348件中 61 - 70件表示

「日本の気象」のニューストピックワード