399件中 71 - 80件表示
  • ドロップゾンデ

    ドロップゾンデから見た気象気象

    ドロップゾンデ(ドイツ語 dropsonde)とは、上空の対流圏の気象を観測するために、飛行機から投下する無線機付き測定器のこと。ドロップゾンデ フレッシュアイペディアより)

  • 海岸侵食

    海岸侵食から見た気象気象

    海岸侵食は、気象の変化による波向きや風向きの変化、温暖化に伴う海面上昇、コンクリートの材料としての海浜及び河川における砂利採取などが指摘されている。最も大きな原因としては、河川にダム等の構造物が多く建設されたことにより、河川から海岸へ流れ込む土砂の絶対量の減少が挙げられる。海岸侵食 フレッシュアイペディアより)

  • General Educational Development

    General Educational Developmentから見た気象気象

    科学の設問の多くは図、グラフ、チャート、略図を用いたものである。光合成、気象および気候、地質学、磁性、エネルギー、細胞分裂に関する設問が出題される。General Educational Development フレッシュアイペディアより)

  • 大気拡散

    大気拡散から見た気象気象

    拡散幅σ 、 σ は気象条件によって左右される。大気拡散 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎地方気象台

    長崎地方気象台から見た気象気象

    福岡管区気象台の管轄下で長崎県の地上気象観測等の業務を行っている。なお、長崎海洋気象台だった頃は気象庁直轄であったが、地上気象についてはその当時から福岡の管轄下にあった。長崎地方気象台 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の気象・地象・天象

    2011年の気象・地象・天象から見た気象気象

    2011年の気象・地象・天象(2011ねんのきしょう・ちしょう・てんしょう)では、2011年(平成23年)の気象・地象・天象に関する出来事について記述する。2011年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 石鎚山脈

    石鎚山脈から見た気象気象

    中国山地よりも標高が高いため、冬季には中国地方を乗り越えて来たシベリア気団による季節風が吹きつけ、気象は若干、日本海側との類似性を示す。そのため道前平野から新居浜平野が比較的温暖であっても、石鎚山脈の山々は雪を抱き、冷え込んだ朝には霧氷現象も見られる。石鎚山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 風土

    風土から見た気象気象

    風土(ふうど、古くは「ふど」)は、主にある土地の気候・気象・地形・地質・景色(景観)などの総称という概念で使われる用語である。英語ではclimateなどが当てられるが、climateも日本語で言う「気候」という意味だけでなく、「風土」や「地方」という意味ももつ。climateの語源は古代ギリシア語で「傾き」という意味で太陽光の傾きが場所によって異なることから、気候という意味が生まれた。また気候が変わると土地柄なども変化することから、「風土」という概念も生まれた。しかし、『風土』という概念を考える場合、単なる自然現象の他に人間存在や歴史的・文化的な背景も考慮しなければならない事も多い。風土 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦亜弥のオールナイトニッポン

    松浦亜弥のオールナイトニッポンから見た気象気象

    オープニングトークでは深夜の時間帯の放送であるにも関わらず、ニッポン放送のある東京の気温、湿度等の気象の状況を伝えるのが一時期より恒例になっていた。それは、たまたま梅雨の時期に松浦がオープニングトークで言った「湿度が厳しい」旨の発言がきっかけ。松浦亜弥のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • レドーム

    レドームから見た気象気象

    地上施設のレドームは、おもに風雨降雪などの気象からアンテナを保護する目的で建設設置される。電波のうち比較的高い周波数を用いるレーダーでは波長が数センチメートルからミリメートル以下に及ぶものがあり、風などによるアンテナの微動幅が波長に近いと測定結果に大きな影響を与える。レーダーサイトや気象レーダーなどの施設で見られ、日本人には気象レーダーであった富士山レーダーの映像や写真が馴染み深い。レドーム フレッシュアイペディアより)

399件中 71 - 80件表示

「日本の気象」のニューストピックワード