399件中 81 - 90件表示
  • 水路部 (日本海軍)

    水路部 (日本海軍)から見た気象気象

    水路部(すいろぶ)は、旧日本海軍の組織の一つで、海軍省の外局。海図製作・海洋測量・海象気象天体観測を所掌した。現在、その業務は海上保安庁海洋情報部が担当している。水路部 (日本海軍) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の気象・地象・天象

    2005年の気象・地象・天象から見た気象気象

    2005年の気象・地象・水象・天象に関する出来事。2005年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の気象・地象・天象

    2010年の気象・地象・天象から見た気象気象

    2010年の気象・地象・天象では、2010年(平成22年)の気象・地象・水象・天象に関する出来事について記述する。2010年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象台

    気象台から見た気象気象

    気象台(きしょうだい)とは、気象の観測、天気予報や気象警報の作成と発表などを業務とする施設・機関である。気象台 フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・クライメイト・オービター

    マーズ・クライメイト・オービターから見た気象気象

    これらの2つの探査機は、火星の、気象、気候と、大気中の水と二酸化炭素の量を観測することにより、火星の揮発性物質(:en:volatile)の蓄積、振舞い、大気内での役割を調べ、長期的で間欠的な気候の変化の痕跡について調査するはずだった。マーズ・クライメイト・オービター フレッシュアイペディアより)

  • 高高度飛行船

    高高度飛行船から見た気象気象

    高高度飛行船 (こうこうどひこうせん、high-altitude airship:HAA)は、アメリカ国防総省ミサイル防衛局がロッキード・マーチンを下請けに建造した弾道ミサイル防衛システム(BMDS:Ballistic Missile Defense System)の一環である。無人の軽航空機(飛行船)であるHAAは滞空域としてジェット気流より高い位置をとり、地表面に対してほぼ静止して中継や気象観測を行う。2011年に初の飛行実験を行った。高高度飛行船 フレッシュアイペディアより)

  • フォボス・グルント

    フォボス・グルントから見た気象気象

    フィンランド気象研究所はMetNetランダー (MNL) と呼ばれる火星着陸機をフォボス・グルントに搭載する予定であったがこれは中止された(Mars MetNetミッションは2014年に延期)。MNLは膨張式の耐熱シールド兼エアブレーキを装備した小型探査機で、将来的に数十機の観測ネットワークを火星上に構築し、気象・気候現象を観測する構想が示されている。フォボス・グルント フレッシュアイペディアより)

  • 交通政策審議会

    交通政策審議会から見た気象気象

    審議会の中に、8つの分科会(交通体系、技術、観光、陸上交通、海事、港湾、航空、気象)を置く。さらに、分科会ごとに部会を置くことが出来る。交通政策審議会 フレッシュアイペディアより)

  • ニンバス (人工衛星)

    ニンバス (人工衛星)から見た気象気象

    人工衛星ニンバス(The Nimbus satellites)は、気象の観測に用いられたアメリカ合衆国の第二世代の地球観測衛星である。ニンバスシリーズは安定的な地球観測のプラットフォームとして設計され、大気科学分野のデータを観測・収集するための先進的な観測装置の試験をその目的としていた。これまでにニンバス7号までの人工衛星が北極と南極の上空を結ぶ極軌道である太陽同期軌道上に打ち上げられている。シリーズの最初であるニンバス1号は1964年8月28日に打ち上げられた。人工衛星ニンバスには、様々な領域の研究のための多様な観測装置が搭載された。英語の「Nimbus」には「雨雲」「光雲(神が身に纏う明るい雲)」という意味があり、その語源はラテン語の「雲(nimbus)」である。ニンバス (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • 砲兵情報班

    砲兵情報班から見た気象気象

    気象班は、砲兵の砲撃に必要とされる気象の観測を行う。砲兵情報班 フレッシュアイペディアより)

399件中 81 - 90件表示

「日本の気象」のニューストピックワード