前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
380件中 1 - 10件表示
  • 気象

    気象から見た天気予報

    気象とその仕組みを研究する学問を気象学、短期間の大気の総合的な状態(天気や天候)を予測することを天気予報または気象予報という。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た天気

    気象とその仕組みを研究する学問を気象学、短期間の大気の総合的な状態(天気や天候)を予測することを天気予報または気象予報という。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た海洋

    地球上に起こる気象は、太陽の活動により地球に供給されるエネルギー(放射エネルギー)に由来している。太陽が発している放射エネルギーを太陽放射といい、ほぼ全量が電磁波であり、そのうち47%が波長0.4 - 0.7μmの可視光線(人間の目に見える光)、46%が波長0.7 - 100μmの赤外線、7%が波長0.4μm以下の紫外線である。なお、生物に有害な波長0.2μm以下の紫外線のほとんどは散乱されたり大気上層(オゾン層)の成分により吸収されたりして、地表にほとんど到達しない。地球に入ってくる太陽放射を100とすると、30は反射によりすぐに宇宙に放出され、残りの70が地球の大気や地面、海洋などに吸収されて熱となる(地球のエネルギー収支も参照)。この熱が、気象の原動力となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    さらに、水は雨やなどの降水現象をもたらし、地上の天気にも関与している。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た気温

    気象(きしょう)とは、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たいであ

    バイオウェザーサービス 「お天気豆知識」気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    天気 - 地上から見た大気の状態。ある時点における雲の量、降水の種類や強さ、や砂嵐の状況などを総合したもの。快晴、晴れ、くもりや雨など。天気予報に供する国際的な報告で使用する国際気象通報式では96種類、日本の気象庁が独自に記録する天気では15種類、日本式天気図では21種類ある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    地球には、表面の7割を占める海洋のほか、氷河、湖、川、地中、植物や動物の体内など様々な場所に、水が豊富に存在する。水は地球大気で起こりうる環境下で液体(水)、気体(水蒸気)、固体()の3態で存在しうるうえ、常温でも大気に対して揮発性が高く、状態変化を起こしやすい。状態変化は周囲の物質との間で転移熱(潜熱)の放出や吸収を伴う。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    地球には、表面の7割を占める海洋のほか、氷河、湖、川、地中、植物や動物の体内など様々な場所に、が豊富に存在する。水は地球大気で起こりうる環境下で液体(水)、気体(水蒸気)、固体(氷)の3態で存在しうるうえ、常温でも大気に対して揮発性が高く、状態変化を起こしやすい。状態変化は周囲の物質との間で転移熱(潜熱)の放出や吸収を伴う。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た数値予報

    天気予報では、気象観測のデータをさまざまな形で活用する。観測値から、大気の現在の状態を補完して出力することができるほか、将来の変化を予測して出力する。現在の天気予報は予報対象により異なるがプリミティブ方程式というものを用いて、コンピューターにより実際の大気を再現したモデル上で物理値を演算する数値予報が主流となっている。気象 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
380件中 1 - 10件表示

「日本の気象」のニューストピックワード