380件中 91 - 100件表示
  • 気象

    気象から見た視程

    視程 - 大気の見通しの程度。降水や霧、砂嵐、吹雪などによって低下する。航空の分野では重要視される。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た積雲

    雲形 - 雲の形状。積雲や層雲などの基本的な十種雲形のほか、副種や変種がある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た航空機

    気象観測とは気温などの気象要素や気象現象の発生の様子を記録することであり、現在は天気予報のために世界的に構築された観測網によって定期的にデータが収集されている。気象観測は地上だけではなく、海上の船やブイ、航空機でも行われる。またラジオゾンデなどの観測気球により地表から上空までの気象の変化も観測されるほか、気象レーダーや気象衛星により広域的に観測されるものもある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た風塵

    風塵 - 風によってちりや砂が吹き上げられるもの。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た超高層雷放電

    超高層雷放電 - 成層圏以上の層で起こる放電・発光現象。対流圏の雷と対になって起こる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た水蒸気

    地球には、表面の7割を占める海洋のほか、氷河、湖、川、地中、植物や動物の体内など様々な場所に、水が豊富に存在する。水は地球大気で起こりうる環境下で液体(水)、気体(水蒸気)、固体(氷)の3態で存在しうるうえ、常温でも大気に対して揮発性が高く、状態変化を起こしやすい。状態変化は周囲の物質との間で転移熱(潜熱)の放出や吸収を伴う。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た日本気象協会

    日本気象協会監修『気象がわかる絵事典』PHP研究所、2007年 ISBN 978-4-569-68643-1気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たニューオーリンズ

    気象が人類の歴史に大きな影響を及ぼした例もある。1281年の弘安の役において神風と呼ばれる嵐が元軍の撤退に拍車をかけたことは日本では広く知られている。グリーンランドでバイキングの植民地が全滅した小氷期、冷害や大雨により発生した天明の大飢饉、高潮と大雨によってニューオーリンズが水没したハリケーン・カトリーナなど、異常気象と呼ばれるような災害も歴史上で多く発生している。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た朝焼け

    人間活動において、気象は生活に深く関わってきた。農耕においては雨の多い少ないが作物の出来に影響し、狩猟や漁では風向きを知ることが収獲の良し悪しや自身の安全に関わる。このような理由から、例えば「朝焼けがあれば雨が降る」といった経験に基づく伝承、現在でいう観天望気を通じて天気を「読む」ことが行われた。一方、雨乞いなどの信仰とも結びついた行為も行われてきた。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た体感温度

    また、気象要素を他の分野に応用したものとして、体感温度や不快指数、湿球黒球温度(WBGT)などの快適性指標や、火災の起きやすさを示す実効湿度などがある。気象 フレッシュアイペディアより)

380件中 91 - 100件表示

「日本の気象」のニューストピックワード