380件中 11 - 20件表示
  • 気象

    気象から見た異常気象

    観測データにおいて平年値とは、数十年間のデータを平均して算出される過去の気象の傾向を示す値である。極値とは、観測開始から継続して観測を行ってきた上で最も平均から外れた値である。平年値は気候を知る上で重要であり、極値はその観測地点の気象がどの程度の範囲で変動するかを知る上で重要なものである。なお、観測値が約30年に1度かそれより少ない頻度でしか発生しないような気象を異常気象といい、気象災害の目安とする。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た気象観測船

    気象観測とは気温などの気象要素や気象現象の発生の様子を記録することであり、現在は天気予報のために世界的に構築された観測網によって定期的にデータが収集されている。気象観測は地上だけではなく、海上のやブイ、航空機でも行われる。またラジオゾンデなどの観測気球により地表から上空までの気象の変化も観測されるほか、気象レーダーや気象衛星により広域的に観測されるものもある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た冬至

    となる。緯度が高い地点ほど太陽の高度が低く、届く太陽光は少ない。また同じ地点では夏至に最も太陽の高度が高く、冬至に最も低い。春分や秋分の赤道は太陽高度が90度であるため、約1366W/m2になる。なお地上の場合、大気や雲による吸収を経て地上に到達するため、これよりも小さい値となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たモンスーン

    モンスーン(monsoon)(季節風) - 一般に、季節により風向が変わる風を指す。季節性の降雨を指す場合もある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た夏至

    となる。緯度が高い地点ほど太陽の高度が低く、届く太陽光は少ない。また同じ地点では夏至に最も太陽の高度が高く、冬至に最も低い。春分や秋分の赤道は太陽高度が90度であるため、約1366W/m2になる。なお地上の場合、大気や雲による吸収を経て地上に到達するため、これよりも小さい値となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た梅雨

    ある季節にのみ生じるような気象を特に季節現象という。日本では梅雨、秋雨などがある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た春一番

    このほか、特徴のある風をその地域独自の名称で呼ぶ地方風というものがある。日本では春一番、木枯らし、おろしなどがある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たサクラ

    初雪や真夏日などは、季節の変化を見る目安となることから季節現象として観測されている。また、日本ではの開花やセミの初鳴きなど、季節性のある生物の営みを見る生物季節観測も行われている。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た太平洋十年規模振動

    太平洋十年規模振動(PDO) - 太平洋各地で約20年周期で相関する気圧変化傾向により、周辺地域に天候変化が及ぶもの。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た地図

    天気図はいくつかの気象要素を地図上に表現したもの。19世紀後半に近代気象学が始まってからしばらくは手作業により記入された地上実況天気図がほとんどだったが、予報には不可欠な資料であった。数値予報が始まってからは数値予報の演算により多くの種類の予想天気図や高層天気図が作成されるようになった。現代の天気予報においては、一般的に目にする地上実況天気図だけでは予報の正確性に欠くので、高層天気図や予想天気図を活用して予報を行うのがふつうである。気象 フレッシュアイペディアより)

380件中 11 - 20件表示

「日本の気象」のニューストピックワード