376件中 21 - 30件表示
  • 気象

    気象から見た温帯低気圧

    前線 - 性質の異なる空気の境界に生じる、気温差の大きい部分。温帯低気圧の発生と密接に関わっている。湿度差によって生じる乾燥線というものもある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た土星

    土星の衛星であるタイタンは窒素とメタンの大気からなり、メタンの雨らしきものが降っていることがカッシーニの探査から分かっている。また、金星は二酸化硫黄の雲から硫酸の雨が降り、上空では秒速100mもの風が吹いていることが分かっている。火星の極地では大規模な二酸化炭素の昇華によって時速400kmもの風が吹いていることも分かっている。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たエネルギー

    地球上に起こる気象は、太陽の活動により地球に供給されるエネルギー(放射エネルギー)に由来している。太陽が発している放射エネルギーを太陽放射といい、ほぼ全量が電磁波であり、そのうち47%が波長0.4 - 0.7μmの可視光線(人間の目に見える光)、46%が波長0.7 - 100μmの赤外線、7%が波長0.4μm以下の紫外線である。なお、生物に有害な波長0.2μm以下の紫外線のほとんどは散乱されたり大気上層(オゾン層)の成分により吸収されたりして、地表にほとんど到達しない。地球に入ってくる太陽放射を100とすると、30は反射によりすぐに宇宙に放出され、残りの70が地球の大気や地面、海洋などに吸収されて熱となる(地球のエネルギー収支も参照)。この熱が、気象の原動力となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た金星

    土星の衛星であるタイタンは窒素とメタンの大気からなり、メタンの雨らしきものが降っていることがカッシーニの探査から分かっている。また、金星は二酸化硫黄の雲から硫酸の雨が降り、上空では秒速100mもの風が吹いていることが分かっている。火星の極地では大規模な二酸化炭素の昇華によって時速400kmもの風が吹いていることも分かっている。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た火星

    土星の衛星であるタイタンは窒素とメタンの大気からなり、メタンの雨らしきものが降っていることがカッシーニの探査から分かっている。また、金星は二酸化硫黄の雲から硫酸の雨が降り、上空では秒速100mもの風が吹いていることが分かっている。火星の極地では大規模な二酸化炭素の昇華によって時速400kmもの風が吹いていることも分かっている。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た風向

    風向 - 風の(一般的には水平方向の)向き。学術的には鉛直方向の風向(上向き・下向き)を表現するほか、発散や収束という概念を用いて表現することがある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た地球温暖化

    地球温暖化 - 人為的な温室効果ガスが主な原因と推定されている、19世紀後半からの平均気温上昇を指す。世界各地の天候の変化との関連が研究されている。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た気象観測船

    気象観測とは気温などの気象要素や気象現象の発生の様子を記録することであり、現在は天気予報のために世界的に構築された観測網によって定期的にデータが収集されている。気象観測は地上だけではなく、海上のやブイ、航空機でも行われる。またラジオゾンデなどの観測気球により地表から上空までの気象の変化も観測されるほか、気象レーダーや気象衛星により広域的に観測されるものもある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た冬至

    となる。緯度が高い地点ほど太陽の高度が低く、届く太陽光は少ない。また同じ地点では夏至に最も太陽の高度が高く、冬至に最も低い。春分や秋分の赤道は太陽高度が90度であるため、約1366W/m2になる。なお地上の場合、大気や雲による吸収を経て地上に到達するため、これよりも小さい値となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た夏至

    となる。緯度が高い地点ほど太陽の高度が低く、届く太陽光は少ない。また同じ地点では夏至に最も太陽の高度が高く、冬至に最も低い。春分や秋分の赤道は太陽高度が90度であるため、約1366W/m2になる。なお地上の場合、大気や雲による吸収を経て地上に到達するため、これよりも小さい値となる。気象 フレッシュアイペディアより)

376件中 21 - 30件表示

「日本の気象」のニューストピックワード