380件中 21 - 30件表示
  • 気象

    気象から見た動物

    地球には、表面の7割を占める海洋のほか、氷河、湖、川、地中、植物や動物の体内など様々な場所に、水が豊富に存在する。水は地球大気で起こりうる環境下で液体(水)、気体(水蒸気)、固体(氷)の3態で存在しうるうえ、常温でも大気に対して揮発性が高く、状態変化を起こしやすい。状態変化は周囲の物質との間で転移熱(潜熱)の放出や吸収を伴う。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た太陽

    地球上に起こる気象は、太陽の活動により地球に供給されるエネルギー(放射エネルギー)に由来している。太陽が発している放射エネルギーを太陽放射といい、ほぼ全量が電磁波であり、そのうち47%が波長0.4 - 0.7μmの可視光線(人間の目に見える光)、46%が波長0.7 - 100μmの赤外線、7%が波長0.4μm以下の紫外線である。なお、生物に有害な波長0.2μm以下の紫外線のほとんどは散乱されたり大気上層(オゾン層)の成分により吸収されたりして、地表にほとんど到達しない。地球に入ってくる太陽放射を100とすると、30は反射によりすぐに宇宙に放出され、残りの70が地球の大気や地面、海洋などに吸収されて熱となる(地球のエネルギー収支も参照)。この熱が、気象の原動力となる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    雨が岩石を浸食したり、風化を促進するなど、気象が自然の地形にもたらす効果は、地殻変動や海洋による効果と並んで大きなものである。V字谷は河川の浸食、カールやU字谷は氷河の浸食による典型的な谷である。河成平野は主に河川による堆積作用によってできた平野である。また大量の雨は、土砂崩れ、地滑り、土石流などの土砂災害や洪水も引き起こす。一方で、鍾乳洞や、石灰岩の浸食によるカルスト地形など、美しい景観に寄与する面もある。雨は様々な経路を経て、地下水から井戸により汲みあげたり、河川から取水し水道網を経たりして、生活や産業活動にも使われる重要な役割を持つ。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た霧氷

    霧氷(rime) - 地面や物体に氷の結晶が層状に付着するもの。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た竜巻

    竜巻(tornado) - 発達した積乱雲のもとで強い上昇気流を伴う気流の渦巻き。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た真夏日

    初雪や真夏日などは、季節の変化を見る目安となることから季節現象として観測されている。また、日本では桜の開花やセミの初鳴きなど、季節性のある生物の営みを見る生物季節観測も行われている。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た地霧

    地霧 - 目の高さ以下の低高度のみに広がる霧。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た木枯らし

    このほか、特徴のある風をその地域独自の名称で呼ぶ地方風というものがある。日本では春一番、木枯らし、おろしなどがある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た水道

    雨が岩石を浸食したり、風化を促進するなど、気象が自然の地形にもたらす効果は、地殻変動や海洋による効果と並んで大きなものである。V字谷は河川の浸食、カールやU字谷は氷河の浸食による典型的な谷である。河成平野は主に河川による堆積作用によってできた平野である。また大量の雨は、土砂崩れ、地滑り、土石流などの土砂災害や洪水も引き起こす。一方で、鍾乳洞や滝、石灰岩の浸食によるカルスト地形など、美しい景観に寄与する面もある。雨は様々な経路を経て、地下水から井戸により汲みあげたり、河川から取水し水道網を経たりして、生活や産業活動にも使われる重要な役割を持つ。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たダイポールモード現象

    ダイポールモード現象(IOD) - インド洋熱帯域の東部と西部で相関する海水温が以上となり、周辺地域に天候変化が及ぶもの。気象 フレッシュアイペディアより)

380件中 21 - 30件表示

「日本の気象」のニューストピックワード