380件中 51 - 60件表示
  • 気象

    気象から見た流氷

    流氷 - 海氷(sea ice)が離れた沿岸へ流れ着くもの。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た光化学スモッグ

    スモッグ(smog) - 煤煙の混じった霧(ロンドン型スモッグ)、または排気ガスが変質した煙霧(光化学スモッグ、ロサンゼルス型スモッグ)。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た黄砂

    黄砂 - 東アジアにおいて、中国大陸の砂嵐によって生じたちりや砂の微粒子が飛来する現象。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た生活

    雨が岩石を浸食したり、風化を促進するなど、気象が自然の地形にもたらす効果は、地殻変動や海洋による効果と並んで大きなものである。V字谷は河川の浸食、カールやU字谷は氷河の浸食による典型的な谷である。河成平野は主に河川による堆積作用によってできた平野である。また大量の雨は、土砂崩れ、地滑り、土石流などの土砂災害や洪水も引き起こす。一方で、鍾乳洞や滝、石灰岩の浸食によるカルスト地形など、美しい景観に寄与する面もある。雨は様々な経路を経て、地下水から井戸により汲みあげたり、河川から取水し水道網を経たりして、生活や産業活動にも使われる重要な役割を持つ。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たPHP研究所

    日本気象協会監修『気象がわかる絵事典』PHP研究所、2007年 ISBN 978-4-569-68643-1気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たウェザーマップ

    ウェザーマップ 「天気予報用語集」気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    気象(きしょう)とは、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れるなどの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た降水

    さらに、水は雨や雪などの降水現象をもたらし、地上の天気にも関与している。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た

    地表の気圧は標準大気圧1 気圧(= 1013.25 hPa)の前後数十hPaの範囲内にある。高度が上がるに従い気圧は低くなり、また気温も低くなる。ただし、気温が低下するのは赤道付近では約16kmまで、中緯度では約11kmまで、北極・南極付近では約8kmまでである。これ以上の高度に行くと気温は一定か逆に上昇する。この気温低下の止まるところを対流圏と成層圏の境界、対流圏界面といい、ほとんどの気象現象はこの対流圏内で起こる。地上に雨を降らせるは対流圏内に存在する。もくもくと湧き上がる背の高い積乱雲も、対流圏界面を突き抜けることはない。一方、成層圏や中間圏にも強い風が吹いているほか、真珠母雲や夜光雲が発生するが、対流圏に影響を与えることはほとんどない。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た中間圏

    地球の大気は地表から高度数百km程度までで、地表から順に対流圏、成層圏、中間圏、熱圏と命名され、これらの層内には地球の重力に捉えられた気体が存在している。地表から熱圏と中間圏の境界である高度約80kmまでは、大気の組成は窒素78%・酸素21%・その他微量成分1%で一定であり、それ以上の高度では高度が上がるに従い分子量の大きな重い成分から減少する。高度約80kmまで成分が一定なのは、この範囲で空気の混合が起こっているためである。そのため、気象現象が起こる範囲はこの高度約80kmまでまでと考えることが多い。気象 フレッシュアイペディアより)

380件中 51 - 60件表示

「日本の気象」のニューストピックワード