380件中 81 - 90件表示
  • 気象

    気象から見た状態

    気象(きしょう)とは、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た低気圧

    大気中の他の多くの気体は運動する大気の中で顕熱のみを運ぶが、水は顕熱と潜熱の両方を運ぶため、熱の移動の面からも水は重要な役割を担っていて、天気を予測する際には重要な因子となる。例えば、低気圧の多くは雲の発生により放出される凝結熱(潜熱)による加熱が発達要因の1つとなる。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た気象学

    気象とその仕組みを研究する学問を気象学、短期間の大気の総合的な状態(天気や天候)を予測することを天気予報または気象予報という。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た現象

    気象(きしょう)とは、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た大気

    気象(きしょう)とは、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た地上天気図

    天気 - 地上から見た大気の状態。ある時点における雲の量、降水の種類や強さ、霧や砂嵐の状況などを総合したもの。快晴、晴れ、くもりや雨など。天気予報に供する国際的な報告で使用する国際気象通報式では96種類、日本の気象庁が独自に記録する天気では15種類、日本式天気図では21種類ある。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た時間

    気象(きしょう)とは、気温・気圧の変化などの、大気の状態のこと。また、その結果現れる雨などの現象のこと。広い意味においては大気の中で生じる様々な現象全般を指し、例えば小さなつむじ風から地球規模のジェット気流まで、大小さまざまな大きさや出現時間の現象を含む。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た微粒子

    光冠(corona) - 水滴や微粒子により太陽や月の周りに円形の光の輪が見えるもの。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た気候

    気候(climate) - 1年を周期として毎年繰り返す、大気の総合的な状態を指す。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た窒素

    地球の大気は地表から高度数百km程度までで、地表から順に対流圏、成層圏、中間圏、熱圏と命名され、これらの層内には地球の重力に捉えられた気体が存在している。地表から熱圏と中間圏の境界である高度約80kmまでは、大気の組成は窒素78%・酸素21%・その他微量成分1%で一定であり、それ以上の高度では高度が上がるに従い分子量の大きな重い成分から減少する。高度約80kmまで成分が一定なのは、この範囲で空気の混合が起こっているためである。そのため、気象現象が起こる範囲はこの高度約80kmまでまでと考えることが多い。気象 フレッシュアイペディアより)

380件中 81 - 90件表示

「日本の気象」のニューストピックワード