日本の漁業 ニュース&Wiki etc.

漁業(ぎょぎょう、英語:fishery)とは、海面(海)および内水面(河川、湖沼)において、魚介類・クジラ等の水産物を漁を行うことによって収穫する職業、あるいは業種。水産加工業などとともに水産業の一種である。また、この漁業で漁撈活動に専業として携わる者のことを漁師という。 (出典:Wikipedia)

「日本の漁業」Q&A

  • Q&A

    4月から大学生になるものです。 学部上、たくさんのお金が必要なので 奨学金の他に、日…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年1月14日 11:28

  • Q&A

    中断している日韓漁業協定を廃止する事に賛成の方はいますか??? 現状、日本側は韓国の…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年1月11日 13:37

  • Q&A

    日本は島国なので、昔から漁業が盛んできた、大陸からの外国人の私が思いますが、江戸時代…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月9日 20:54

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「漁業協同組合」のつながり調べ

  • IBC岩手放送

    IBC岩手放送から見た漁業協同組合

    宮古市:宮古漁協ビル屋上 ※HD(東日本大震災後、機材更新)(IBC岩手放送 フレッシュアイペディアより)

  • 紋別港

    紋別港から見た漁業協同組合

    1930年(昭和5年)に紋別港が竣工すると、漁業基地としての施設が整備された事で利用する船舶が増加し、1949年(昭和24年)にはオコック汽船底曳網漁業協同組合が設立され、沖合漁業へ本格的に転換していった。これにより、1948年(昭和23年)には船と取扱貨物は5,800隻、68,000トンだったのが、1954年(昭和29年)にはそれぞれ16,000隻、105,000トンに増加した。さらに1955年(昭和30年)に北洋漁業が再開されてからは、中継基地としてカムチャツカ独航船(仲積船)が紋別港に寄港した。これに対応するための港湾の改良・拡大を目指し、船入澗や北防波堤の増設および新港、防波堤、島堤の建設などが行なわれ、1967年(昭和42年)に完成した。これにより大型貨物船の入港も可能となり、1975年(昭和50年)には重要港湾に指定されている。さらに1978年(昭和53年)に出入国管理令に基づく指定と検疫港の指定、1980年(昭和55年)には関税法の開港指定を受けた。(紋別港 フレッシュアイペディアより)

「漁業協同組合」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本の漁業」のニューストピックワード