285件中 11 - 20件表示
  • 灰塚ダム

    灰塚ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    最後まで交渉が難航した江の川漁業協同組合と田総川漁業協同組合による漁業権補償は1999年(平成11年)妥結し2001年(平成13年)より本体工事が開始され、試験湛水を経て2006年(平成18年)11月18日に全事業が竣工。計画発表から41年に及ぶダム事業の長い歴史は完結した。竣工式には地権者240名も参加している。灰塚ダム フレッシュアイペディアより)

  • マリンピアくろい

    マリンピアくろいから見た漁業協同組合漁業協同組合

    1977年に、黒井漁業協同組合と組合員の共同出資により「株式会社黒井漁協自然海浜センター」を設立し、これを運営母体に、海浜に面したホテル、スポーツ施設、レストラン、遊園地などを備えたリゾート型総合レジャー施設として開業した。漁協を母体にしたレジャー施設は珍しく、開業にあたり県信漁連は約33億円、黒井漁協は約41億円を融資した。マリンピアくろい フレッシュアイペディアより)

  • 水ヶ瀞ダム

    水ヶ瀞ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    国道112号・道の駅にしかわから寒河江川を上流に向かって進むと、水ヶ瀞ダムを過ぎて寒河江ダムへと至る。水ヶ瀞ダムから寒河江ダムまでの間には、漁業権を持つ最上第二漁業協同組合によって寒河江川本道寺特別釣り場「本道寺釣り道場」が運営されている。ここでは入漁料と引き替えにヤマメやニジマス、イワナなどを釣ることができる。ただ、6月から11月までの間は、寒河江ダムからのフラッシュ放流が週一回実施される。放流量は小規模ながらも急激に増水するので、サイレンが鳴った時は速やかに退避しなければならない。このほか基本的なことになるが台風や集中豪雨の際は増水しているおそれが大きいので、川には近寄らないことである。水ヶ瀞ダム フレッシュアイペディアより)

  • 西海町 (愛媛県)

    西海町 (愛媛県)から見た漁業協同組合漁業協同組合

    主力産業は水産業。古くは、鰹・鮪漁、あるいは沿岸での一本釣り漁で生計を立てていたが、養殖技術が導入され、養殖に移っていった。湾内では魚類の養殖が盛んで、ハマチ、鯛等の養殖が行われている。養殖筏の並ぶ光景は、既に漁村景観の一部ともなりなじんでいる。西海の養殖業は、企業的な体質があり、漁業協同組合への依存は少ないのが特徴である。西海町 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • 建物コレクション

    建物コレクションから見た漁業協同組合漁業協同組合

    漁港A - 水揚げ場と漁協の事務所のセット。建物コレクション フレッシュアイペディアより)

  • 朝日ダム

    朝日ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    朝日ダム建設・管理において漁業問題は避けて通れない問題であった。建設の際には飛騨川の漁業権を持つ益田川漁業協同組合が頑強に反対した。結局1,288万円(当時)の漁業補償費とマス養殖施設費を補償することで妥結を見た。朝日ダム フレッシュアイペディアより)

  • 名のり・注連縄切り・火祭り

    名のり・注連縄切り・火祭りから見た漁業協同組合漁業協同組合

    回り終えたところでグループ毎に漁協、または船頭の自宅、親戚などにて、貰ったお餅などを分配する。船頭一同はこの後再度漁協に集まり、「注連縄切り」行事を行う。名のり・注連縄切り・火祭り フレッシュアイペディアより)

  • 人工魚礁

    人工魚礁から見た漁業協同組合漁業協同組合

    人工漁礁は地元の漁業協同組合の計画により設置されることもある。この場合は、設置した組合に加盟している漁師のみに漁礁が開放され、他の一般人が立ち入ることは禁止されている。しかし、海上では柵などを設けてエリアを区切ることができないため、しばしば密漁が行われることがある。人工魚礁 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅一本松展望園

    道の駅一本松展望園から見た漁業協同組合漁業協同組合

    レストラン(地元漁協や農協などが出店する売店や、レストランなどがある。)道の駅一本松展望園 フレッシュアイペディアより)

  • 郡川

    郡川から見た漁業協同組合漁業協同組合

    上流から中流まで国道444号、黒木地区では長崎県道252号が並走する。流域は源流部を除いて田畑が多く作られている。長崎県内では数少ない内水面漁業協同組合が組織されている川でもあり、アユ、コイ、フナ、ウナギなどが漁獲される。ただしダム建設や河川改修により漁獲量は激減した。郡川 フレッシュアイペディアより)

285件中 11 - 20件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード