285件中 21 - 30件表示
  • 尾辻吉兼

    尾辻吉兼から見た漁業協同組合漁業協同組合

    沖縄県八重山郡与那国町久部良に生まれる。沖縄県立沖縄水産高等学校を卒業後、与那国町漁業協同組合長を務める。尾辻吉兼 フレッシュアイペディアより)

  • たけし親方の全国ニッカポッカ選手権

    たけし親方の全国ニッカポッカ選手権から見た漁業協同組合漁業協同組合

    香川と福島の漁協チームの対抗戦。漁船に曳航されたボードに乗り、最後まで振り落とされずに残った人数を競った。たけし親方の全国ニッカポッカ選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 沖島 (愛知県)

    沖島 (愛知県)から見た漁業協同組合漁業協同組合

    ニホンザルが放し飼いにされて観光地「猿ヶ島」となった1956年(昭和31年)から名鉄海上観光船の定期船が就航していたが、1997年(平成9年)に閉鎖されて以降は定期船はなく、潮干狩りシーズン中に漁協による船が就航する。沖島 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 出し平ダム

    出し平ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    出し平ダムが貯水を開始して6年目にあたる平成3年12月、第1回排砂放流が行われた。本格的な排砂ゲートを装備したダムとしては出し平ダムが初めてであり、運用ノウハウが無かったために生物の活動が少なくなる冬に排砂するのが良いと考えたようである。しかし排砂放流を行ってみると、6年間湖底に積もった土砂は中に含まれている落ち葉や木片などの有機物が湖底の嫌気性環境で腐敗変質していたためヘドロ様の土砂が排出されることになった。そして冬は渇水期のために薄める河川水も乏しい状態でヘドロが海まで流れて長時間滞留し、漁業被害を起こしたと見られる。そのため関西電力株式会社と地元漁業協同組合との間で公害訴訟が起きた(なお、現在は富山地裁から公害の原因の究明の嘱託を受けた公害等調整委員会において審理が進められている)。一審の富山地裁は、関西電力に対し原告に約2,700万円を支払うよう命じた。原告と関電の双方が控訴していたが、2011年4月5日に名古屋高裁で、原告・被告双方の間で和解が成立した。出し平ダム フレッシュアイペディアより)

  • 高瀬堰

    高瀬堰から見た漁業協同組合漁業協同組合

    建設されていた頃は利根川河口堰(利根川)の漁業への影響が指摘されていた時期でもあり、長良川河口堰(長良川)建設への反対運動が繰り広げられていた。太田川は天然アユが遡上する河川であったが、高瀬堰完成以後その数は減少を続けていた。ただしアユの減少は複合的な要因が大きく、旧来からある全ての堰による遡上阻害、広島湾埋立てによる浅水域の減少、下水道普及の遅れによる水質汚濁の進行(1994年(平成6年)頃までは高瀬堰地点において環境基準を大きく上回る大腸菌群が連年検出されている)といった要因も大きく、一概に高瀬堰が原因とは云えなかった。だが、高瀬堰の完成による遡上阻害要因の増加、更に可部発電所から放流される水がアユの生育に不適な水温の低い水であり、冷水病によるアユのへい死が要因である事も事実である。アユ減少を食い止める為太田川漁業協同組合は琵琶湖産の養殖アユを毎年放流して、漁獲量の増加を図ろうとした。これはある程度の成果を挙げたが、今度はアユの産卵時期が太田川では例年10月頃であったのが1ヶ月ほど早まる状況となり、こうした生育サイクルの変動も天然アユ減少の一因となっていた。高瀬堰 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢ダム

    滝沢ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    水没する住民は6つの対策団体を作りダム建設に強硬に反対、秩父漁業協同組合も漁業権を巡って頑強に反対した。1977年(昭和52年)には水源地域対策特別措置法の対象ダムとなり水没地域への国庫補助等も定められたが、1988年(昭和63年)に主要5住民団体との補償交渉が妥結するまでは11年を要した。更に秩父漁協との漁業権補償の妥結及び最後まで交渉が持たれていた「滝沢ダム建設同盟会」との補償交渉妥結は1992年(平成4年)まで続き、計画発表から補償交渉妥結まで実に23年を費やしている。滝沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 上郷ダム

    上郷ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    ダム湖は山形県内の釣りスポットとしても有名であり、最上川第一漁業協同組合が漁業権を保有している。コイ、フナ、ヘラブナ、ヤマメなどが釣れるが特にヤマメは大物が釣れると言う。一方ダムによってサクラマスの遡上が阻害されるという指摘があり、これに対処する為河川管理者である建設省(現・国土交通省)は1994年(平成6年)に「魚がのぼりやすい川づくり推進モデル事業」を策定した。最上川は東北地方の一級水系で初めて指定され、流域における生態系に配慮した河川整備を実施した。この中で上郷ダムについては老朽化した魚道の整備が求められ、東北電力によって整備された。この結果、少数ではあるものの上郷ダムより上流にサクラマスが遡上した事が確認されている。上郷ダム フレッシュアイペディアより)

  • 馬瀬川第二ダム

    馬瀬川第二ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    馬瀬川第二ダムが計画されていたころ、飛騨川流域ではダム事業に対する不信が根強い状況であった。その原因は朝日ダムおよび高根第一ダムからの濁水放流で飛騨川が長期間濁った状態になってしまったことであり、漁業権を有する益田川漁業協同組合がこれに激しく反発。これに流域町村長・町村議会、観光協会などが加わって計画発表年の1966年には飛騨川公害対策協議会が設置され、「濁水問題が解消されない限り、新規の電源開発計画には一切合意しない」と表明した。馬瀬川第二ダム フレッシュアイペディアより)

  • 筑後大堰

    筑後大堰から見た漁業協同組合漁業協同組合

    独立行政法人水資源機構(施工当時は水資源開発公団)が管理する可動堰で、筑後川の治水及び福岡県福岡地方や筑後地方、佐賀県に水を供給する利水目的を有し、筑後川水系水資源開発基本計画によって建設されているため堰ではあるが多目的ダムの扱いを受ける。福岡市の水がめの一つ。建設時にはダムと環境の問題を巡って漁業協同組合とのあつれきが激しく、現在でも有明海のノリ養殖の不漁の一因とされることがある。その一方で日本住血吸虫症の撲滅といった環境改善にも役割を果たしているとの指摘もある。筑後大堰 フレッシュアイペディアより)

  • 農林中央金庫法

    農林中央金庫法から見た漁業協同組合漁業協同組合

    農林中央金庫法(のうりんちゅうおうきんこほう)は、農林中央金庫が、農業協同組合、森林組合、漁業協同組合その他の農林水産業者の協同組織を基盤とする金融機関としてこれらの協同組織のために金融の円滑を図ることにより、農林水産業の発展に寄与し、もって国民経済の発展に資することを目的として制定された法律である。農林中央金庫法は1924年(大正13年)に制定されたが、2001年(平成13年)に全面改正されている。農林中央金庫法 フレッシュアイペディアより)

285件中 21 - 30件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード