285件中 31 - 40件表示
  • 浦終い

    浦終いから見た漁業協同組合漁業協同組合

    2008年2月19日、海上自衛隊のイージス艦あたごが千葉県の野島崎沖で漁船と衝突(イージス艦衝突事故)、乗組員の親子2人が行方不明となった。海上自衛隊、海上保安庁および地元の漁協による懸命な捜索にもかかわらず親子は発見できず、2月25日をもって漁協での捜索を打ち切り、浦終いとして読経や海への献花などの儀式が執り行われた。浦終い フレッシュアイペディアより)

  • 磯の口明け

    磯の口明けから見た漁業協同組合漁業協同組合

    千葉県においては千葉県海面漁業調整規則(第36条)で水産生物に対して採捕禁止期間が設けられており、アワビは9月16日?翌年の3月31日まで、トコブシは8月16日?翌年の3月31日まで、サザエは6月1日?6月30日まで、テングサは11月1日?翌年の3月31日まで、イセエビは6月1日?7月31日まで、タイラギは6月1日?10月31日までとなっているほか、ワカメやヒジキなどは漁業協同組合が自主的に期間を定めて、各地先の水産資源の育成状況や、捕獲作業に適した潮時から口明けを決定している。磯の口明け フレッシュアイペディアより)

  • 網元

    網元から見た漁業協同組合漁業協同組合

    だが、戦後になると漁業に対しても労働法制が利用され、漁業権にも近代的な改革が行われた。更に技術革新によって魚群探知機や安価な合成繊維製魚網が登場すると、網元制の前提となる集団での漁業自体が行われなくなった。このため、網元は長年の特権を喪失し、漁業協同組合などに取って代わられて姿を消すことになった。網元 フレッシュアイペディアより)

  • 上大須ダム

    上大須ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    飛騨川はほぼ開発し尽くされており、比較的包蔵水力が開発されていない揖斐川流域と、ほとんど手付かずに近い長良川流域が対象となり、この中で根尾川源流部と板取川源流部が新規電源開発計画地点として着目された。こうして奥美濃発電所計画が立案された。川浦ダム(かおれダム、長良川右支板取川右支西ヶ洞谷川)を上池、上大須ダムを下池とする揚水発電計画である。事業は1976年(昭和51年)より実施計画調査に入ったが、川浦ダムに関しては当時下流の板取ダム計画に対する反対運動が尾を引いており、補償交渉などは遅々として進まず、上大須ダムについても漁業協同組合との漁業権交渉が長引いた。奥美濃発電所は1994年(平成6年)7月に1号機・2号機の運用を開始。1995年(平成7年)3月には3号機・4号機が、同年11月には5号機・6号機が完成している。上大須ダム フレッシュアイペディアより)

  • 花山ダム

    花山ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    ダムによって出来た花山湖は、現在では栗原市のレジャースポットとして多くの市民が訪れる。湖ではヘラブナ、イワナ、ヤマメ、ハヤ、ニジマス、サクラマス、カジカといった魚類の宝庫であり、ウナギも釣ることが出来る。冬季にはワカサギ釣りも楽しめる。湖は宮城県花山漁業協同組合が漁業権を所有しており、一日券1,000円~1,500円、年間券4,000円で釣ることが可能である。ただしイワナ・ヤマメ・ニジマス・サクラマスは全長15cm以下の幼魚については、漁業資源保護の観点から持ち帰ることが禁止されている。湖面利用については制限航行速度が2ノット(時速3.7km)に制限されているため、モーターボートなどのエンジン付き船舶の乗り入れが禁止されているが、それ以外は乗り入れ可能であるためカヌーやウィンドサーフィンを楽しむ光景もよく見られる。花山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 最上小国川ダム

    最上小国川ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    だが、最上小国川ダムは2006年(平成18年)現在において未だ着工の目処が立っていない。その最大の要因はダム建設に対する最上小国川漁業協同組合を中心とした反対運動である。最上小国川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 水窪ダム (山形県)

    水窪ダム (山形県)から見た漁業協同組合漁業協同組合

    ダム湖は「豊饒の湖」(ほうじょうのみずうみ)と命名された。米沢盆地が実り豊かな地域になるようにとの思いを込めて命名されている。湖は釣りのスポットとしても知られ、コイ・ヘラブナ・ブラックバスが釣れるが特に有名なのはワカサギ釣りである。冬季になると豊饒の湖は年によって異なるが結氷するため、ワカサギの穴釣りも可能となる。近隣からは多くの釣り客が訪れ、米沢市の冬の風物詩にもなっている。漁業権を持つ県南漁業協同組合に入漁料1,000円を支払えば釣りを行うことができる。漁協では水産資源保護を目的として定期的にワカサギの卵を放流し、生息数維持を図っている。水窪ダム (山形県) フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田ダム

    鶴田ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    ダムは川内川の中流部、大口盆地と川内川下流をつなぐ峡谷部に計画された。ダムサイト(建設地点)は狭い谷であり、その上流部は比較的広い谷となっており十分な貯水容量が確保できるのでダムを建設するには理想的な地点であった。当初の計画では高さ83.0メートル、総貯水容量が6,200万トンの計画であったが、その後の治水計画の改訂や水力発電事業の目的追加によって高さ117.5メートル、総貯水容量が1億2,300万トンの巨大ダム計画に変貌した。当時、日本で計画されていた多目的ダムとしては屈指の規模で、西日本においては最大の多目的ダム建設事業であった。だが、これに伴って鶴田村をはじめ薩摩町、大口市の1市2町村で90戸の民家と公共施設30棟、あわせて120世帯が水没の対象となり、強い反対運動が起こった。補償交渉には約二年を費やし、1961年(昭和36年)までには漁業協同組合の漁業権補償などとともに妥結した。その後本体工事が行われ1964年(昭和39年)11月10日には本体が完成、ダム湖に貯水が開始され1965年(昭和40年)に完成した。計画発表から15年を費やしている。鶴田ダム フレッシュアイペディアより)

  • 小切手法

    小切手法から見た漁業協同組合漁業協同組合

    信用事業を行う漁業協同組合、および漁業協同組合連合会小切手法 フレッシュアイペディアより)

  • 高根第一ダム

    高根第一ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    一方漁業補償については、流域が益田川上流漁業協同組合の管理下にあり、ダム建設に伴う漁業権喪失に対しての補償金と養殖施設の建設を柱とした補償を行うことで1968年(昭和43年)9月に総額4,670万円で比較的円滑に妥結した。ところが、小坂ダムより下流の漁業権を有する益田川漁業協同組合との漁業補償交渉は難航を極めた。1965年(昭和40年)の集中豪雨で飛騨川上流域の沢が大規模ながけ崩れを起こし、それにより発生した泥水が朝日ダムに流入。朝日ダムがその泥水を放流することで以来数年にわたる朝日ダム濁水問題が発生。原因が高根第一ダムの工事も関係するとする益田川漁協は濁水の根本的解決を図らない限りダム建設に応じられないと主張し、解決しなければ実力行使を以って高根第一ダムの工事を中断させる動きを見せた。事態を憂慮した岐阜県当局の仲裁もあり、最終的には1968年9月に濁水への迷惑料も合算し総額1億2,000万円で妥結、1972年(昭和47年)に恒久的濁水防止対策を図ることで岐阜県と協定を締結。濁水問題は解決を見ている。高根第一ダム フレッシュアイペディアより)

285件中 31 - 40件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード