345件中 51 - 60件表示
  • 1977年の日本の女性史

    1977年の日本の女性史から見た漁業協同組合漁業協同組合

    5月27日 福岡地方裁判所小倉支部、女子の漁協加入承認を命ずる。1977年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 上大須ダム

    上大須ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    飛騨川はほぼ開発し尽くされており、比較的包蔵水力が開発されていない揖斐川流域と、ほとんど手付かずに近い長良川流域が対象となり、この中で根尾川源流部と板取川源流部が新規電源開発計画地点として着目された。こうして奥美濃発電所計画が立案された。川浦ダム(かおれダム、長良川右支板取川右支西ヶ洞谷川)を上池、上大須ダムを下池とする揚水発電計画である。事業は1976年(昭和51年)より実施計画調査に入ったが、川浦ダムに関しては当時下流の板取ダム計画に対する反対運動が尾を引いており、補償交渉などは遅々として進まず、上大須ダムについても漁業協同組合との漁業権交渉が長引いた。奥美濃発電所は1994年(平成6年)7月に1号機・2号機の運用を開始。1995年(平成7年)3月には3号機・4号機が、同年11月には5号機・6号機が完成している。上大須ダム フレッシュアイペディアより)

  • 長井ダム

    長井ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    事業移管以降建設省による実施計画調査と補償交渉が進められ、1986年(昭和61年)には用地測量のための一筆調査実施が水没者団体と合意したのを皮切りに、1990年(平成2年)8月に水没者との補償交渉が妥結。さらに1997年(平成9年)には最後まで難航していた漁業協同組合との漁業権補償が妥結し、全ての補償交渉が成立した。これを受けてダム工事のための付け替え道路整備や、河道の付け替えを行う転流工が施工された後、2000年(平成12年)より本体工事に着手した。長井ダム フレッシュアイペディアより)

  • 浦終い

    浦終いから見た漁業協同組合漁業協同組合

    2008年2月19日、海上自衛隊のイージス艦あたごが千葉県の野島崎沖で漁船と衝突(イージス艦衝突事故)、乗組員の親子2人が行方不明となった。海上自衛隊、海上保安庁および地元の漁協による懸命な捜索にもかかわらず親子は発見できず、2月25日をもって漁協での捜索を打ち切り、浦終いとして読経や海への献花などの儀式が執り行われた。浦終い フレッシュアイペディアより)

  • 千綿川

    千綿川から見た漁業協同組合漁業協同組合

    また、川では内水面漁業協同組合が組織されていて、ウナギ・アユ・フナ・ハヤ・モクズガニが漁獲される。ただしモクズガニは禁漁中である。千綿川 フレッシュアイペディアより)

  • 水窪ダム (山形県)

    水窪ダム (山形県)から見た漁業協同組合漁業協同組合

    ダム湖は「豊饒の湖」(ほうじょうのみずうみ)と命名された。米沢盆地が実り豊かな地域になるようにとの思いを込めて命名されている。湖は釣りのスポットとしても知られ、コイ・ヘラブナ・ブラックバスが釣れるが特に有名なのはワカサギ釣りである。冬季になると豊饒の湖は年によって異なるが結氷するため、ワカサギの穴釣りも可能となる。近隣からは多くの釣り客が訪れ、米沢市の冬の風物詩にもなっている。漁業権を持つ県南漁業協同組合に入漁料1,000円を支払えば釣りを行うことができる。漁協では水産資源保護を目的として定期的にワカサギの卵を放流し、生息数維持を図っている。水窪ダム (山形県) フレッシュアイペディアより)

  • 名のり・注連縄切り・火祭り

    名のり・注連縄切り・火祭りから見た漁業協同組合漁業協同組合

    回り終えたところでグループ毎に漁協、または船頭の自宅、親戚などにて、貰ったお餅などを分配する。船頭一同はこの後再度漁協に集まり、「注連縄切り」行事を行う。名のり・注連縄切り・火祭り フレッシュアイペディアより)

  • かすみかに感謝祭

    かすみかに感謝祭から見た漁業協同組合漁業協同組合

    かすみかに感謝祭(かすみかにかんしゃさい)は、但馬漁業協同組合が主催し、兵庫県香美町の柴山漁港で例年3月上旬に開催される祭り。かすみかに感謝祭 フレッシュアイペディアより)

  • 志佐川

    志佐川から見た漁業協同組合漁業協同組合

    流域のほぼ全域が水田に利用されており、集落が各所に散在する。また、内水面漁業協同組合があり、アユ・コイ・ウナギ・モクズガニなどが漁獲される。ただし下流域では一部禁漁区間が設定されている。お盆には下流域で精霊流しも行われる。志佐川 フレッシュアイペディアより)

  • 幌内ダム

    幌内ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    幌内ダムの人造湖はニジマスが釣れるポイントとしても知られており、体長50〜60センチメートルの大物が釣ることもある。ただしダム直下は遡上するサケ・マス保護のため漁業協同組合の保護水面に指定されているために禁漁となっているので注意。湖岸にはエゾマツ・トドマツの原生林が生い茂り、秋には紅葉が辺り一面を染め上げる名所にもなっている。幌内ダム フレッシュアイペディアより)

345件中 51 - 60件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード