345件中 71 - 80件表示
  • 馬瀬川第二ダム

    馬瀬川第二ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    馬瀬川第二ダムが計画されていたころ、飛騨川流域ではダム事業に対する不信が根強い状況であった。その原因は朝日ダムおよび高根第一ダムからの濁水放流で飛騨川が長期間濁った状態になってしまったことであり、漁業権を有する益田川漁業協同組合がこれに激しく反発。これに流域町村長・町村議会、観光協会などが加わって計画発表年の1966年には飛騨川公害対策協議会が設置され、「濁水問題が解消されない限り、新規の電源開発計画には一切合意しない」と表明した。馬瀬川第二ダム フレッシュアイペディアより)

  • 平塚漁港

    平塚漁港から見た漁業協同組合漁業協同組合

    2016年4月1日 - 平塚市漁業協同組合が命名権を取得、同組合のPRキャラクターから命名された「ひらつかタマ三郎漁港」の名称となる。契約期間は5年間。平塚漁港 フレッシュアイペディアより)

  • 債権回収会社

    債権回収会社から見た漁業協同組合漁業協同組合

    ヘ 水産業協同組合法11条1項4号の事業を行う漁業協同組合及び同法87条1項4号の事業を行う漁業協同組合連合会債権回収会社 フレッシュアイペディアより)

  • 債権回収会社

    債権回収会社から見た漁業協同組合連合会漁業協同組合

    ヘ 水産業協同組合法11条1項4号の事業を行う漁業協同組合及び同法87条1項4号の事業を行う漁業協同組合連合会債権回収会社 フレッシュアイペディアより)

  • 大前繁雄

    大前繁雄から見た漁業協同組合漁業協同組合

    2008年3月8日、イージス艦衝突事故をめぐって、神戸市内で開かれた自由民主党兵庫県連の会合で、「双方に過失があったはずで、公正な立場から原因究明にあたるべきだ」とし、漁船側に「重大な過失があるが、そのことには一言も触れられていない」と発言した。また、事故の再発防止を訴える中で「ライフジャケットをつけていれば浮いてくるはずで、大規模な捜索活動はいらなかった。(地元漁業協同組合関係者が捜索の際に)これみよがしにライフジャケットを身につけていた」とも話したという。大前繁雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝ダム

    大滝ダムから見た漁業協同組合漁業協同組合

    この時期は全国で激しいダム建設反対運動が巻き起こっていた。福島県では田子倉ダム(只見川)で「田子倉ダム補償事件」に代表される補償金額を巡る激しい攻防、九州では松原ダム(筑後川)・下筌ダム(津江川)建設を巡る日本のダムの歴史に残る反対運動・蜂の巣城紛争が起こり、「九地建代執行水中乱闘事件」のような流血沙汰に発展していた。そして大滝ダムでも地権者団体との交渉が持たれたが、完全な平行線を辿っていた。更に1967年(昭和42年)5月11日には大迫ダム予定地左岸で地滑りが発生し、安全性の観点からもダム建設は不適当として住民は反対の意思をより固くした。その上紀の川の漁業権を持つ吉野漁業協同組合・川上村漁業協同組合も猛然とダム建設に反対し、補償交渉は決裂に等しい状況に陥る。大滝ダム フレッシュアイペディアより)

  • 川棚川

    川棚川から見た漁業協同組合漁業協同組合

    流域はほぼ全域に亘って約1,000haの水田が作られ、県内有数の穀倉地帯となっている。川の水は農業以外に上水道用、波佐見焼の陶磁器工業用などにも利用され、地域住民の生活を潤す。また、内水面漁業協同組合も組織されている。川棚川 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の日本の女性史

    1975年の日本の女性史から見た漁業協同組合漁業協同組合

    5月18日 対馬でむつ阻止集会、漁協婦人会など多数参加1975年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後大堰

    筑後大堰から見た漁業協同組合漁業協同組合

    独立行政法人水資源機構(施工当時は水資源開発公団)が管理する可動堰で、筑後川の治水及び福岡県福岡地方や筑後地方、佐賀県に水を供給する利水目的を有し、筑後川水系水資源開発基本計画によって建設されているため堰ではあるが多目的ダムの扱いを受ける。建設時にはダムと環境の問題を巡って漁業協同組合とのあつれきが激しく、現在でも有明海のノリ養殖の不漁の一因とされることがある。その一方で日本住血吸虫症の撲滅といった環境改善にも役割を果たしているとの指摘もある。筑後大堰 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩町越賀

    志摩町越賀から見た漁業協同組合漁業協同組合

    越賀では、海女によるサザエ・アワビ、漁師によるエビ刺し網漁、アジ・サバ定置網漁といった沿岸漁業が盛んである。2009年(平成21年)の陸揚量は135.6t、陸揚金額は128百万円である。越賀漁業協同組合は、平成に入ってから活発化した三重県内各地の漁業協同組合の合併に加わらず、単独経営を続けてきたが、2010年(平成22年)3月31日をもって解散した。志摩町越賀 フレッシュアイペディアより)

345件中 71 - 80件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード