28件中 11 - 20件表示
  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た燃料

    その事業内容は多岐にわたり、操業指導を行う指導事業、漁民の生産物を販売する販売事業、漁民が操業に必要な燃料や漁具・養殖えさや生活に必要な食品などを供給する購買事業、銀行業としての信用事業(いわゆる、JFマリンバンク)、保険業としての共済事業などが、通常行われている事業である。信用事業を行う漁協は、小切手法により銀行と同視されている。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た全国共済水産業協同組合連合会

    全国共済水産業協同組合連合会(JF共水連) - 共済事業漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た共済

    その事業内容は多岐にわたり、操業指導を行う指導事業、漁民の生産物を販売する販売事業、漁民が操業に必要な燃料や漁具・養殖えさや生活に必要な食品などを供給する購買事業、銀行業としての信用事業(いわゆる、JFマリンバンク)、保険業としての共済事業などが、通常行われている事業である。信用事業を行う漁協は、小切手法により銀行と同視されている。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た行政庁

    漁法は江戸時代に開発された。その共同管理を権利として受け継いだのが組合管理漁業権である。これは、形こそ行政庁から漁協が免許されるものだが、漁業権の公使規則は漁民の合意により作成される。漁業行使権の配分には漁協の職員すら立ち入らない。また、漁民の個別事情が考慮される。このように、漁場管理はボトムアップで行われる。漁民が好き勝手に操業すると漁場はすぐ荒れる。だからこそ関連制度も事業実態も漁民に協調性を要求する。この仕組みを維持しようとする考え方は、統廃合や漁業自由化とは結びつきにくい性質を持っていた。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た監査

    全国漁業協同組合連合会(JF全漁連) - 単位漁協(JF)の指導、監査、広報活動、経済事業(販売、購買)漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た小切手法

    その事業内容は多岐にわたり、操業指導を行う指導事業、漁民の生産物を販売する販売事業、漁民が操業に必要な燃料や漁具・養殖えさや生活に必要な食品などを供給する購買事業、銀行業としての信用事業(いわゆる、JFマリンバンク)、保険業としての共済事業などが、通常行われている事業である。信用事業を行う漁協は、小切手法により銀行と同視されている。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た漁業権

    現在の漁協は、明治期からあった「漁業組合」から引き継がれている。漁業組合は、明治期に国家へ漁業を編入させるため創設された制度であったが、漁業権の管理などを担うという実際的な役割を果たしてきた。今日の漁業協同組合は、1948年に水産業協同組合法が成立したのが始まりである。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た養殖業

    漁場管理とは、地元の漁業を総合的に管理する行為である。高度経済成長期の後に開発された養殖業を除いて、漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た法学部

    2007年7月に行われた参議院議員選挙で、自民党比例代表の丸一芳訓候補(1951年 - 、前兵庫県漁連会長、元警察官、国士舘大学法学部卒)を擁立、組織的に支援したが、落選した。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業協同組合

    漁業協同組合から見た信用事業

    その事業内容は多岐にわたり、操業指導を行う指導事業、漁民の生産物を販売する販売事業、漁民が操業に必要な燃料や漁具・養殖えさや生活に必要な食品などを供給する購買事業、銀行業としての信用事業(いわゆる、JFマリンバンク)、保険業としての共済事業などが、通常行われている事業である。信用事業を行う漁協は、小切手法により銀行と同視されている。漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード