60件中 31 - 40件表示
  • 漁業

    漁業から見た

    鎌倉時代には漁を専門とする漁村があらわれ、魚・海草・・貝などを年貢として納めるようになった。室町時代にはさらに漁業の専門化がすすみ、沖合漁業がおこなわれるようになり、市の発達や交通網の整備、貨幣の流通など商業全般の発達に漁業も組み込まれていった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た水産資源

    漁業の存続自体は自然環境の再生産に負うところが大きく、旧来の伝統的な漁具・漁法による漁撈活動では生産性は低かったものの、水産資源の再生産の限度を下回るものであった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た魚網

    江戸時代には遠洋漁業がおこなわれ、また、上方で発達した地曳網による大規模な漁法が全国に広まるなど、漁場が広がった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た水産業

    漁業(ぎょぎょう、英:Fishery)とは、海面(海)および内水面(河川・湖沼)において、魚介類・クジラ等の水産物を漁を行うことによって収穫する職業、あるいは業種。水産加工業などとともに水産業の一種である。また、この漁業で漁撈活動に専業として携わる者のことを漁師という。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た沿岸漁業

    さらに1985年のプラザ合意以降、円高が進んだために水産物の輸入が増加した。1980年代半ば以降、遠洋漁業・沖合漁業・沿岸漁業などの海面漁業は漁獲量の下落傾向が続き、2000年には水産物の輸入量が生産量を上回った。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た養殖業

    生物資源の枯渇の問題や安定供給上の要請から、放流(栽培漁業)、養殖が盛んに行われており、放流魚の生態研究、養殖される魚種の開発などには各自治体や大学などの研究機関も積極的に関与し、「とる漁業」から「育てる漁業」への転換をはかる努力が続けられている。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た漁法

    漁業の存続自体は自然環境の再生産に負うところが大きく、旧来の伝統的な漁具・漁法による漁撈活動では生産性は低かったものの、水産資源の再生産の限度を下回るものであった。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た牧畜

    沿海部における日本漁業の歴史はたいへん古く、農業や牧畜が未発達だった縄文時代以前から、日本人の祖先たちは漁や採集によって魚介類を収獲していたと考えられる。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た縄文時代

    沿海部における日本漁業の歴史はたいへん古く、農業や牧畜が未発達だった縄文時代以前から、日本人の祖先たちは漁や採集によって魚介類を収獲していたと考えられる。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た漁港

    水揚げ量と水揚げ高という用語は、それぞれ、前者が重さ、後者が金額をあらわしている。そのため、水揚げ量の多い漁港と水揚げ高の多い漁港が一致しないことはよくある。漁業 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「日本の漁業」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画